就活で失敗して引きこもりニート?在宅ワークという手がありますよ!

就活で失敗してしまって引きこもりニートになるケースって結構多いんですよね。

特に高学歴の学生で就活に失敗すると引きこもりになりやすい。

 

当記事ではなぜ就活で失敗して引きこもりニートになるのか、そしてその場合どういった対処法を取ればいいのか?について解説していきます。

ぜひ参考にしていただいて、脱引きこもりニートを目指しましょう。

 

就活で失敗して引きこもりニートになってしまう原因

まずは就活で失敗して引きこもりニートになる原因について説明していきます。

一番多い引きこもりニートになる原因は希望の企業に入ることができなかったということでしょう。

 

せっかくいい大学を出たにも関わらず、希望の企業に入ることができなかった。

その時の精神的なダメージは計り知れません。

 

企業のランクを落とせば就職できるとしても、せっかくいい大学を出たのに…。

という気持ちが働いてしまいなかなかランクを落とせず、結果として内定をもらえず引きこもりニートになる場合がほとんど。

 

上記のような理由で引きこもりニートになってしまう人は多く、特に高学歴な人ほど希望の企業のハードルが高く、うまく行かなかった時は落ち込んでしまうものです。

 

しかし上記のことに気づけるのは引きこもりニートになってからがほとんど。

就活に失敗してから、あのとき別の選択肢をとっていたなら…と考えても時すでに遅しです。

 

ではどうすればいいのか?

次章ではその点について解説していきます。

 

就活で失敗して引きこもりニートになった場合に取るべき対処法

引きこもりニートになってしまった場合の対処法はいくつかあります。

 

1つは再び就活をするという手。

しかし就活は一度引きこもりニートになると難しいことがほとんどです。

社会復帰には段階を踏むことを僕はおすすめしたいです。

 

そこでおすすめなのは下記3つの選択肢。

  1. アルバイト
  2. 派遣
  3. 在宅ワーク

1つずつ説明していきましょう。

 

アルバイト

まずはアルバイトについてです。

社会復帰に一番簡単な方法を聞かれた時、アルバイトが一番楽だと僕は思います。

 

というのも職歴やニート期間に関係なく採用される可能性が高いから。

もちろん給料は少ないですが、社会復帰の足がかりになることは間違いありません。

一度引きこもりニートからフリーターになってから、お金と精神的余裕を手に入れてから正社員の道を目指すでも悪くないでしょう。

 

アルバイトについては下記の記事を参考にしてみてください。

引きこもりニートが安心して働けるオススメアルバイト6選!働きやすい職場でコミュ障でもOK!

2018.06.16

 

派遣

次は派遣です。

アルバイトよりも難度は高くなりますが、その分給料は良くなります。

 

アルバイトよりも正社員に近い立場での労働ですので、社会復帰をすぐにしたいとお考えの場合はアルバイトよりも派遣をおすすめします。

引きこもりが派遣ってできるの?ひきこもりでも出来る派遣先をご紹介!

2018.07.18

 

在宅ワーク

3つ目におすすめするのは在宅ワークです。

在宅ワークとは文字通り家にいながらできる仕事。

 

在宅ワークなら引きこもりニートの「ニート」の部分だけを改善するだけでOKなので、ハードルが低いんですよね。

しかも家にいながらお金を稼ぐのってすごくメリットが多い。

 

例えば通勤する必要がないため、満員電車に揺られることもありません。

また働く時間を縛られることも少ないため、昼まで寝たり、逆に早起きして昼までに仕事を終わらせたりすることもできます。

とにかく自由が多いのが在宅ワークなのです。

 

個人的には在宅ワークを一押しします。

というのも僕自身が在宅ワークをしているから。

 

さて在宅ワークがおすすめという話をしましたが、在宅ワークにも色々あります。

そこでおすすめの在宅ワークについて次章で深掘りしていきましょう。

 

就活で失敗した引きこもりニートにおすすめの在宅ワークとは

僕がおすすめする在宅ワークは2つあります。

それは「Webライター」と「ブロガー」です。

 

Webライター

まずはWebライターについて。

WebライターはWebサイトのコンテンツ(文章)を書く仕事です。

一般的には一文字○円で仕事をします。

 

やることは企業から依頼を受け、テーマをもらいますので、テーマにそった文章を書いていきます。

場合によってはググったり、取材をしたりして情報を集めることも。

いわゆるフリーライターですね。

 

Webライターのメリットは文章を書くだけでお金を稼げるという点です。

他に必要なスキルは特にありません。

もちろん何か専門分野があれば収益は増えますので、投資や不動産、金融に詳しいのでしたら稼げるライターになることが可能です。

 

とにかくとっつきやすい在宅ワークの代表がWebライターということ。

Webライターについての詳細は下記記事をご覧ください。

Webライターとは?!引きこもりニートはみんなWebライターを目指そう!

2019.04.01

 

ブロガー

次に紹介するのはブロガーです。

ブロガーはWebライターの上位互換のような仕事です。

 

ブログ(Web上の記録)を書いて広告収益を得るというビジネスモデル。

やることはWebライターとほとんど一緒ですが、ブロガーは書く文章のテーマを自分で考えなければなりません。

そのため、SEOと呼ばれる知識やマーケティング、セールスの知識とテクニックが必要になってきます。

 

Webライターに比べて稼ぐのが難しい職業ということ。

 

しかしメリットもあります。

それは稼げるようになるとWebライターよりはるかに稼げる点。

 

Webライターはせいぜい月収数十万円が限界ですが、ブロガーは数百万円〜一千万円以上を稼ぐことも可能です。

その可能性を捨てるのは勿体無いと思いませんか?

 

さらにメリットとして、ブロガーは「副業でもできる」という点が挙げられます。

おすすめはメインの収入源をWebライターにして、副業としてブログを運営すること。

 

ブログは一年以上運営していればある程度まとまった収益を狙うことが可能ですので、だんだんWebライターの仕事を減らしブログに注力していく。つまり本業を少しずつブログに持っていくという流れがおすすめです。

 

そうすれば仕事量を変えずに、少しずつ収入の多い方向へシフトすることが可能です。

ブログの始め方はこちらの記事をご覧ください。

アフィリエイトブログの構築法のまとめ!ワードプレスでブログを始めよう!

2019.03.29

 

どうでしょうか。在宅ワークは夢がありませんか?

 

就活で失敗して落ち込んでいたあなただからこそ、この記事にたどり着くことができたわけです。

もし就活がうまくいって人生に悩みなどないと思っていたら在宅ワークの存在に気づくこともなかったでしょう。

 

人生、うまく行かない時もありますが、そんな状態だからこそ気づけることもあります。

ぜひ在宅ワークを検討してみてくださいね!

 

就活で失敗しても諦めないで!できることからコツコツ始めよう!

以上、就活で失敗して引きこもりニートになった場合の対処法について解説してきました。

 

結論をおさらいすると

  1. アルバイト
  2. 派遣
  3. 在宅ワーク

上記3つの選択肢があります。

 

アルバイトについての詳細は下記

引きこもりニートが安心して働けるオススメアルバイト6選!働きやすい職場でコミュ障でもOK!

2018.06.16

 

派遣については下記

引きこもりが派遣ってできるの?ひきこもりでも出来る派遣先をご紹介!

2018.07.18

 

在宅ワークについては下記の記事を参考にどうぞ。

Webライターとは?!引きこもりニートはみんなWebライターを目指そう!

2019.04.01

アフィリエイトブログの構築法のまとめ!ワードプレスでブログを始めよう!

2019.03.29

 

個人的におすすめなのは在宅ワークです。

家にいながら自由に働く。

まさに現代の最高な働き方ではないでしょうか。

 

就活に失敗したからといって悲観する必要は全くありません。

むしろ新しい選択肢に気づけたとポジティブに考えましょう。

あなたの可能性はこれから始まるんですから。

 

また、在宅ワークについてなどご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちら

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です