引きこもりニートは孤独死する?ヒキニートの末路についてお話します

 

引きこもりニートの末路について考えたことはありますか?

今はなんとなく引きこもりニートをしているけど、この生活がいつまでも続くとは限りません。

 

むしろ、何かしらのきっかけで生活が崩壊することは容易に想像できます。

ではどのような未来が引きこもりニートに待っているのか?

 

当記事では厳しい現実ではありますが、引きこもりニートの先に待っている未来についてお話していきます。

また、その未来を回避するための方法も解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

引きこもりニートの果ての末路は孤独死

結論から先に申しますと、引きこもりニートの末路にあるのは孤独死です。

引きこもりニートは両親(あるいは親族)の援助で生活をしているわけですが、その生活がいつまでも続くわけではありません。

 

家族に何かあれば自然と引きこもりニート生活を続けることができなくなります。

そして引きこもりニートは働くこともできず、友人や知人もいないために孤独に苛まれることでしょう。

 

金欠で、孤独。

想像しただけでも恐ろしい事態ですよね。

 

危機感を覚えて、そこから社会復帰を始めればそれはそれで良いのですが、おそらくほとんどの引きこもりニートはその状態になると諦めてしまうのではないでしょうか。

 

働くことを諦め、誰かと会うことも諦め、何もすることなく、少しずつ死に向かっていく…

最終的には1人の部屋で死んでしまう「孤独死」が引きこもりニートに待っている究極的な未来です。

 

恐ろしいことですよね。

できれば孤独死は避けたいものです。

 

引きこもりニートはいつまでも続けられるものではない

引きこもりニートの末路について説明しましたが、引きこもりニートを続けられない理由についても解説していきましょう。

もしも一生引きこもりニートができるなら孤独死することもありませんからね。

 

しかし現実はそう簡単ではなく、何かしらの理由で引きこもりニートをやめなければならないシーンが来るものなのです。

引きこもりを辞めなければならなくなる理由は下記です。

  • 家族は自分よりも先に亡くなることが想定されるから
  • 家族が亡くなるよりも前に愛想をつかされてヒキニートでいられなくなる場合もあるから
  • お金が尽きて働かざるを得なくなることもあるから

 

家族は自分よりも先に亡くなることが想定されるから

まずは家族が先に亡くなるということについてです。

両親は当然、引きこもりニートよりも年上です。

 

普通に生活していても引きこもりニートより先に両親は亡くなるでしょう。

両親の経済力で生活している引きこもりニートは、両親が亡くなったら収入源がなくなり、生活することができなくなります。

 

しかし、両親がいなくなったからといっていきなり働けるのかといいますと、そこまで世の中は甘くありません。

少なくとも、引きこもりニートがなんの準備もなく、就活を始めても雇ってくれるところは皆無でしょう。

 

肝心なのは追い詰められてから行動を起こすのではなく、余裕を持って行動するべきということ。

両親が健在な時から、少しずつ社会復帰の準備を進めていくことが大切です。

 

家族が亡くなるよりも前に愛想をつかされてヒキニートでいられなくなる場合もあるから

次は両親が生きていても愛想をつかされるという場合。

両親の対応によっては家を追い出されることもあるでしょう。

 

そうなると、もう引きこもりニートを続けることはできなくなります。

しかし先ほども説明しましたが、いきなり働くことは土台無理な話です。

 

今まで自宅で娯楽の消費だけしかしてこなかった人がいきなり生産をするのは難しいのが現状でしょう。

少しずつ時間をかけて働く準備をしておかなければなりません。

 

アルバイトでも期間工でも、面接にこぎつけるまで色々な準備が必要ですから。

引きこもりニートには期間工がおすすめ?期間工とはどんな仕事なのか解説!

2019.07.15

引きこもりニートがアルバイト面接に準備する事柄!

2018.06.16

 

お金が尽きて働かざるを得なくなることもあるから

両親が健在でもお金が尽きてしまうことで引きこもりニートを続けられなくなるシーンも考えられます。

両親も高齢になれば、年金生活になることでしょう。

 

しかし年金もそこまで大金をもらえるわけではありません。

少なくとも引きこもりニートを養うほどのお金はもらえないのが現状です。

 

つまり、両親が年金生活になるまでがタイムリミットということ。

リミットまでに社会復帰をしなければ、お金が尽き、生活に困窮することが予想されます。

 

そうなると今まで通りの悠々自適な生活は終わりを迎えるのです。

欲しいものは当然買えない、場合によってはネット回線も解約するなんてこともあるでしょう。

 

引きこもりニートにとっては致命的な出来事といえますよね、

つまり両親が年金生活になるまでに手を打つことが重要なのです。

 

引きこもりニートは早めの対応が肝心

引きこもりニートの末路は孤独死、両親が年金生活になるまでに対処することが重要と説明してきました。

そこで考えうる対処法をここからは説明していきます。

 

タイムリミットまでに下記の対応をして早めに引きこもりニートから脱出しましょう。

  • アルバイトを探す
  • 派遣に登録する
  • 在宅ワークを始める

 

アルバイトを探す

まずはアルバイトについてです。

アルバイトは社会復帰の足がかりになるおすすめの手法。

 

なぜなら、職歴が白紙でも採用されることが大いにあるから。

アルバイトは引きこもりニートでも問題なく採用されることがほとんどです。

 

しっかりと面接までに準備をしておけば問題ありません。

引きこもりニートからフリーター、その後、正社員とステップアップすることをおすすめします。

 

引きこもりが面接に臨むまでに準備しておくべき事柄、応募するべきアルバイトについては下記の記事をご覧ください。

引きこもりニートが安心して働けるオススメアルバイト6選!働きやすい職場でコミュ障でもOK!

2018.06.16

引きこもりニートがアルバイト面接に準備する事柄!

2018.06.16

 

派遣に登録する

次におすすめするのは派遣です。

派遣はアルバイトよりも時給がいいのが特徴。

 

またスキルもアルバイトに比べれば磨くことができるので、潰しがききます。

引きこもりニートから派遣になれば、時給もよく、生活が一気に楽になるでしょう。

 

ただし派遣も良い会社を選ばなければきついだけになってしまいます。

おすすめの派遣先を下記記事で紹介していますので、そちらも参考にしてください。

引きこもりが派遣ってできるの?オススメ派遣先4選!

2018.07.18

 

在宅ワークを始める

最後に紹介するのは在宅ワークです。

在宅ワークは家にいながらできる仕事。

 

中でもおすすめなのはライターとブロガーです。

ライターはWebサイトの記事を書く仕事、ブロガーはWebサイトを運営する仕事となっています。

 

どちらも文章を書くのがメインの仕事でして、日本語能力とネットサーフィンができれば可能です。

引きこもりニートの能力と合致するので、特におすすめしたい職業です。

 

在宅ワークには面接も存在しないため、誰でも今すぐ働き出すことができるので、脱ヒキニートには最適な手段だと思います。

ぜひこの機会に在宅ワークを検討してみてくださいね。

Webライターとは?!引きこもりニートはみんなWebライターを目指そう!

2019.04.01

アフィリエイトブログの構築法のまとめ!ワードプレスでブログを始めよう!

2019.03.29

 

孤独死しないために引きこもりニートを脱し、友人や家族を大切にしよう!

引きこもりニートは放置すると「孤独死」することを説明しました。

孤独死はかなり嫌な死に方ですよね。

 

できれば孤独死は避けたいところ…

引きこもりニートが長期化する前の早めの対応が重要です。

 

対応の内容としては

  • アルバイト
  • 派遣
  • 在宅ワーク

がおすすめ。

 

中でも在宅ワークは気軽に始められるお小遣い稼ぎの方法ですので、おさえておいてください。

Webライターとは?!引きこもりニートはみんなWebライターを目指そう!

2019.04.01

アフィリエイトブログの構築法のまとめ!ワードプレスでブログを始めよう!

2019.03.29

 

早めにお金を稼いで、家族や友人・知人を大切にして孤独死しないように気をつけましょう!

 

といったところで今回はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございました。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です