引きこもりニートって結婚式に出席すべき?欠席してもいいシーンをお教えします!

引きこもりニートにもかつては仲のいい友人がいたのではないでしょうか。

今振り返ればあの頃はよかった・・・なんてことも多いはず。

 

しかし恐ろしいのが、結婚式に呼ばれたときです。

自分は引きこもりニートなんかをしているのに、過去の友人が結婚式をするから出席してよ!なんて言われた日には、辛い思いをすることが容易に想像できます。

 

しかし、安易に欠席していいものではないのが結婚式。

結婚式は出席した方がいいシーンも数多く存在します。

 

そこで当記事では引きこもりニートが出席するべき結婚式とそうでない結婚式について解説していきます。

また引きこもりニートが結婚式に出席した際、仕事は何しているの?と聞かれた時の対処法についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

引きこもりニートは結婚式に参加したくない

まずは引きこもりニートが結婚式に参加したくないという気持ちについてその理由について。

 

引きこもりニートは極端に人との関わりを嫌います。

僕も引きこもりニートをしていた頃はそう思っていました。

 

可能であれば誰とも会話したくない。

そんな気分ですよね。

 

自分は仕事もできていないし、外に出ることもできない。

そんな状態で働いてキラキラした友人に会うのは気が引けるなんて気持ちも痛いほどわかります。

 

しかし引きこもりニートでも絶対に会話をしなくてはならないシーンが多少存在します。

それがお盆や年末年始、葬式、結婚式などの行事です。

 

上記のようなシーンでは普段はあまり干渉してこない両親や親族も「顔を見せろ」や「出席しろ」と言ってくることが多々ありますよね。

うざいとは思いつつも対応しないと肩身が狭くなることがあり、渋々外に出ることもあるでしょう。

 

引きこもりニートはできることなら外に出たくないけど出なくてはならないシーンもあることを覚えておいてください。

 

引きこもりニートでも出席すべき結婚式とは?

引きこもりニートでも出席するべき結婚式とは、親戚の結婚式と今も親交のある友人の結婚式です。

 

親族の結婚式は基本的に親族席に案内されます。

ですので、特に親しくない人と話したり、お酒を酌み交わしたりする必要はありません。

 

比較的リラックスして参加することができるでしょう。

一方で欠席した時のデメリットを考えた方がいいかもしれません。

 

欠席すると親族のなかで肩身が狭くなることが予想されます。

今までは親族になんとなく許されていた引きこもりニートも結婚式を欠席したことから、許されなくなることも想定されます。

 

そうならない為にも親族の結婚式には嫌でも出席するべきでしょう。

 

また今でも親交のある友人の結婚式には積極的に参加してください。

特にあなたが引きこもりニートであることを知っている上で結婚式に招待してくれる友人は大切にしましょう。

 

結婚式には同窓会のような要素もあり、あなたとの再開を待ち望んでいる人がいることも多々あるのです。

そこで欠席してしまっては、招待してくれた友人との関係に亀裂が入る可能性もありますし、友人からさらに「あいつは引きこもりニートだから・・・」といったことを言われる場合も。

 

そうならない為にも、親交のある友人の結婚式には出席するようにしてください。

 

引きこもりニートが欠席してもいい結婚式とは?

一方で引きこもりニートが欠席してもいい結婚式についても解説していきましょう。

欠席していい結婚式とは親交が今はない、遠方の結婚式です。

 

なぜ欠席してもいいのかといいますと、引きこもりニートでなくても欠席する人が多いからです。

遠方という時点で仕事の都合上欠席する人はたくさんいるでしょう。

 

また、現在親交がないのであれば、行ってもかつての友人がいることが少ないことが想定されます。

あなたのことを知らない人が集まる会ならあなたが行かなくても、大して影響はありません。

 

ですから、遠方かつ親交のない友人からの招待はお断りしても問題ありません。

結婚式に出席するべきか悩んでいる場合は遠方かどうか、そして親交があるかどうかを指標にすることをおすすめします。

 

引きこもりニートが結婚式に出席する時、仕事について聞かれた時の対処法

引きこもりニートのあなたが結婚式に出席したとして、聞かれて困るのが「仕事は?」という質問です。

この質問は引きこもりニートを一撃でKOする破壊力があります。

 

しかしご安心ください。

おすすめの回避方法が存在します。

 

その方法とは「在宅ワーク」です。

「在宅ワークをしているよ」の一言で破壊力抜群のストレートを回避し、カウンターを決めることが可能。

 

在宅ワークをしていることは外から見ればしていなくてもわかりません。

なぜなら1人で家でする仕事なので、職場もなければ同僚・上司も存在しないので、仮に働いてなくてもバレることはほとんどありません。

 

しかも在宅で仕事をするという行為はサラリーマンからすると羨ましいことですので、「いいな!」と思われるのです。

まさにカウンターパンチ。

 

「仕事何しているの?」と聞かれた時は「在宅ワーク!」と答えましょう。

 

引きこもりニートにおすすめの仕事「在宅ワークとは」

また嘘でも構いませんが、在宅ワークについて最低限の知識をつけておくことをおすすめします。

嘘の裏付けがあった方が強いですからね。

 

在宅ワークとは家にいながらする仕事。

基本的には個人事業主に該当します。

 

また在宅ワークと一言でいっても様々な働き方があります。

イラストレーターやプログラマーなどの職業も在宅ワークです。

 

しかし絵もかけない、プログラムも無理という場合は在宅ワークをしていると言いづらいかもしれません。

そこでおすすめしたいのがライターとブロガーです。

 

ライターはWebサイトの記事を書く仕事、ブロガーはWebサイトを運営する仕事。

どちらも文章を書く仕事ですので、未経験でも素人でも始めることは可能です。

(稼げるかは別問題ですが)

 

引きこもりニートが在宅ワークをしているというならライターかブロガーがおすすめ。

むしろ引きこもりニートにはライターとブロガーをおすすめしたいと僕は思います。

 

文章を書くだけでお金が稼げますからね。

一度試しにライターとブロガーをやってみるのもありではないでしょうか。

 

先ほどは嘘で「在宅ワークをしています」で乗り切ればいいと説明しましたが、実際に在宅ワークをしていても問題はありませんから。

在宅ワークについてのおすすめ記事は下記をご覧ください。

Webライターとは?!引きこもりニートはみんなWebライターを目指そう!

2019.04.01

アフィリエイトブログの構築法のまとめ!ワードプレスでブログを始めよう!

2019.03.29

 

引きこもりニートは出席する結婚式を見極めよう!

引きこもりニートは結婚式に参加するべき?という内容でした。

 

結論をおさらいすると、親族と親交のある友人の結婚式は出席するべきで、親交のない遠方の友人の結婚式は欠席しても問題ないということです。

出席する式は見極めることが重要ということです。

 

また出席したはいいけど、「仕事は?」という質問をされた時、「在宅ワーク(ライターorブロガー)」という受け答えをすることで回避することが可能なのは覚えておいてください。

 

実際ライターとブロガーをやってみることをおすすめします。

引きこもりニートがはじめて、お小遣い稼ぎくらいにはなりますからね。

Webライターとは?!引きこもりニートはみんなWebライターを目指そう!

2019.04.01

アフィリエイトブログの構築法のまとめ!ワードプレスでブログを始めよう!

2019.03.29

 

また引きこもりニートが結婚式に出席するのであれば身だしなみをきちんとしておくことをおすすめします。

ボサボサの髪やヨレヨレのスーツでは見栄えがよくありませんからね。

引きこもりが美容院に通った方がいい理由5つをご紹介!

2018.11.20

 

きちんとした身なりで、結婚式に出席しましょう。

結婚式に出ることで刺激をもらい脱ニートなんて可能性もありますよ。

 

といったところで今回はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございました。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です