引きこもりニートは英語を勉強するより在宅ワークで手っ取り早く稼ごう!

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

 

引きこもりに関するブログを書いているとたまに

「英語を勉強した方がいいでしょうか?」

という質問をいただきます。

 

当記事ではそんな質問に対する私なりのアンサーを提示したいと思い、執筆しております。

 

結論を先に申しますと、

「英語を勉強するくらいなら在宅ワークでサクッと稼ぐ方がおすすめだよ」

という内容です。

 

なぜ私が「英語より在宅ワーク!」と思うのか、その根拠も含めて解説していきますので、ぜひこのまま読み進めていただければと思います。

 

引きこもりニートが英語を勉強するメリット・デメリット

まずは引きこもりニートが英語を勉強するメリット・デメリットについて説明していきましょう。

 

引きこもりニートが英語を勉強するメリット

引きこもりニートが英語を勉強することで得られるメリットは

  • 就職に有利
  • 勉強が生きがいになる

上記の2点が挙げられます。

 

1つずつ解説していきましょう。

 

就職に有利

まずは就職に有利になるという点。

国際社会になっている日本では英語を話せる、読み書きができるという能力は非常に有益です。

 

TOEICでハイスコアを出しているとそれだけで就職で有利になることが想定されます。

実際、ある程度のスコアがなければエントリーできない企業なんかもあるのが現状。

 

英語はできて損はしないスキルということですね。

 

勉強が生きがいになる

また引きこもりニートには生きがいがないことがほとんどです。

 

自宅でアニメを見て、ゲームをして・・・

そういった消費活動しかしていない引きこもりニートは生きがいに飢えています。

 

何らかの勉強や作業をすればそれが生きがいになるのです。

そこで英語や資格といった勉強は引きこもりニートの欲求とマッチするため、生きがいになりやすいということ。

 

引きこもりニートでも英語を勉強しているということから満足感を得られるんですよね。

またニートは「勉強もしていない人」という定義ですから、勉強をしていればニートですらなくなります。

 

上記の「就職に有利」「生きがいになる」の2点においては英語を勉強するメリットといえるでしょう。

 

引きこもりニートが英語を勉強するデメリット

一方でデメリットもあります。

 

デメリットは下記です。

  • 英語を勉強したからといってすぐに就職できるわけではない
  • そもそも英語ができることより引きこもりニートの経歴の方がダメージが大きい
  • 時間を大きく食いつぶしてしまう

 

順を追って説明しましょう。

 

英語を勉強したからといってすぐに就職できるわけではない

英語ができるようになったからいきなり就職できるということはありません。

英語は就職における武器ではありますが、決め手になることはないのです。

 

つまり英語ができるようになったからといっていきなり就職できるということではないのが現状。

もちろん英語以外の資格でも同様です。

 

資格があるから就職できるほど現在の就活戦争は甘くはありません。

英語・資格はあくまで武器の1つであることを覚えておいてください。

 

そもそも英語ができることより引きこもりニートの経歴の方がダメージが大きい

そして英語ができるようになったとしても、引きこもりニートをしていたという経歴の方が就活に臨む上でダメージが大きいのです。

英語が使えない新卒の若者の方が、英語ができる引きこもりニートよりも優先されるのが現実。

 

もちろん職種によって評価は変わりますが、それでも引きこもりニートという経歴は大きな問題となるのです。

つまり英語を勉強するよりも、できる仕事をして職歴を埋める方が社会復帰にはおすすめということ。

 

上記だけの事柄ですと英語を勉強するデメリットとしては弱いというか、別に勉強してもいいじゃんと思われるかもしれません。

しかし、実際には英語を勉強するという行為が結構危険なデメリットを孕むこともあるのです。

 

時間を大きく食いつぶしてしまう

英語を勉強するデメリットとして最も大きいのは「時間を食いつぶしてしまう」ことが挙げられます。

引きこもりニートは英語を勉強すると意外にもハマってしまうことが多々あるのですが、これが結構危険。

 

英語の勉強に時間と意識を持って行かれ、就活をしなくなるという状況が考えられるのです。

この状況になると英語の勉強はするけど、仕事はないという最悪の状況に。

 

結果として本来就活をするべき時間に英語の勉強をしてしまうという事態になることもあります。

勉強に時間を割くことで引きこもり期間が伸びてしまい、結果就職がより難しくなるということ。

 

英語を勉強したら就職が遠のくのでは本末転倒ですよね。

 

引きこもりなのに英語を勉強しないのはもったいない!という声もあるが…

確かに世間の声では引きこもり状態で英語を勉強しないのはもったいないという意見もあります。

しかし、実際のところ引きこもりが有り余る時間を利用して英語を勉強したところで社会の即戦力になるほどの英語力が身に付くでしょうか。

 

引きこもりは外に出ませんし、会話もほとんどしませんよね。

その状態ではせいぜいTOEICのスコアがよくなる程度でしょう。

 

間違っても英会話ができるようにはなりません。

英会話のスキルがなければ、就活の時に多少TOEICのスコアが良いというアピール程度にしかなりません。

 

そのアピールのために有限な時間を投入するのは逆にもったいないと僕は思います。

個人的には有限な時間だからこそ、いきなりお金を稼いだ方が良いと僕は思うんですよね。

 

どうせ勉強はするんですよ。

英語にせよビジネスにせよ。

で、どうせ勉強するなら、お金稼ぎに近いところから勉強するべきだと僕は思います。

 

そうして考えると、英会話をしない英語の勉強はあくまで就活のツールとしてしか作用しませんので、あまり意味がありませんよね。

一方でビジネスのスキル(後述するWebライティングやブログの知識)は勉強すればそのまま収入に直結します。

 

これほどわかりやすいものはないと思います。

英語を自室でコツコツ勉強するよりは、ビジネスの勉強を実践しながら実施した方が近道ではないでしょうか。

引きこもりニートがするべきはスキルを磨くことよりもお金を稼ぐこと

上記の点を踏まえて、引きこもりニートにとってスキルを磨くことは魅力的に思えるかもしれませんが、本来するべきことではありません。

なぜならスキルを磨くことは仕事をしながらでもできるからです。

 

では引きこもりニートがするべきことは何か?と聞かれたら簡単で、「お金を稼ぐこと」だけです。

つまりは仕事を見つけることが最優先事項ということ。

 

「でもスキルがないと仕事ができないんじゃないの?」

と、思うかもしれませんが、実際そんなことありません。

 

スキルをあまり必要とせず、引きこもりニートでもできる仕事が存在します。

引きこもりにおすすめしたいのは「在宅ワーク」です。

 

在宅ワークとは家にいながらする仕事で、引きこもりでも簡単に仕事をとることが可能。

普通の仕事では引きこもりニートの「引きこもり」も「ニート」も解消しなければなりませんが、在宅ワークの場合は「ニート」の部分だけ改善すればいいのです。

 

これだけでハードルが低いことがわかりますよね。

在宅ワークでお金を稼ぐ感覚を身につけてから就職するでも構いません。

 

まずは在宅ワークから全てを始めてみましょう。

 

引きこもりニートには手っ取り早く稼げるおすすめの在宅ワークとは?

おすすめの在宅ワークをご紹介します。

おすすめは「Webライター」と「ブロガー」です。

 

WebライターはWebサイトの記事を書く仕事で、日本語の能力があれば何とかなることがほとんど。

もちろん、作文能力が高ければもっと効率よく仕事をすることも可能です。

Webライターとは?!引きこもりニートはみんなWebライターを目指そう!

2019.04.01

 

一方ブロガーは日々の記録をネット上にアップし、そこで商品やサービスを紹介することで広告収入を得る仕事です。

月収数十万円以上を狙うこともできるため、人気が高まっています。

アフィリエイトブログの構築法のまとめ!ワードプレスでブログを始めよう!

2019.03.29

 

上記の2つの在宅ワークは僕がおすすめするものです。

2つはどちらも文章を書くという仕事ですので、親和性が高く、両立することも可能。

 

僕自身、ライティングとブログを仕事としています。

僕自身の経験からも、今収入のない引きこもりニートの方におすすめしたいものです。

 

引きこもりニートは英語を勉強するよりも在宅ワークで稼ごう!

以上、引きこもりニートには英語の勉強をする必要はない!という内容でした。

 

引きこもりニートはどうしても勉強をしがちなのですが、英語を勉強すると時間を膨大に食いつぶしてしまうことが想定されます。

しかも英語を勉強したからといっていきなり就職することはできないという始末。

 

そんな時間の使い方をするくらいなら、いっそのこと在宅ワークでさっさとお金を稼いだ方がいいということです。

在宅ワークでお金を稼ぐことができれば脱ニートに成功しますし、その経験は必ずあなたの力になることでしょう。

 

もし英語を勉強しようとお考えでしたらどうか在宅ワークの勉強を始めてみてください。

ライターとブロガーを始めるなら下記の記事を合わせてご覧いただければと思います。

Webライターとは?!引きこもりニートはみんなWebライターを目指そう!

2019.04.01

アフィリエイトブログの構築法のまとめ!ワードプレスでブログを始めよう!

2019.03.29

 

ただしどうしても在宅ワークではなく正社員就職をしたいんだ!という場合は転職エージェントを利用して就活することをおすすめします。下記のエージェントが親身になって対応してくれますので、おすすめです。

大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo

 

といったところで今回はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございました。

それではまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です