引きこもりニートには警備員が最適?警備員で脱ニート

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

 

引きこもりニートでお困りのそこのあなた。

今回は引きこもりニートでも働きやすい警備員のお仕事のご紹介です。

 

「警備員がなぜ引きこもりニートにおすすめなのか」「そもそも警備員がどういた仕事なのか」「警備員のなり方は」といった事柄について解説していきます。

ぜひ参考にしていただいて脱ニートをしてくださいね。

 

なぜ引きこもりニートに警備員がおすすめなのか?

さて結論からお話しをしていきますと、引きこもりニートが脱ニートをするのに警備員はおすすめです。

 

なぜなら下記のようなメリットが警備員にあるから。

  • ストレスが少ない
  • 人と会うことが少ない
  • 誰でもできる

上記のメリットがあるため、引きこもりニートが脱ニートするのにはおすすめといえるのです。

 

警備員の仕事は体力を使う仕事ではないため、体力が落ちているニートでもすることができます。

もちろん体力があるに越したことはありませんので、お暇と興味がございましたら下記記事を参考にどうぞ。

引きこもりがウォーキング?社会復帰を目指して歩こう!

2018.09.28

 

理想的な流れはウォーキングやランニングをして体力をつけ、その後警備員になるというもの。

また施設警備の場合は自分の時間を取ることも可能ですので、その時間を使って資格の勉強をするというのもありです。

 

勉強ができるかどうかは職場によって変わってきますので、事前チェックが必要。

 

そもそも警備員とはどういう仕事か?

警備員の仕事には施設警備や身辺警備などがあります。

おすすめなのは施設警備。

 

基本的には待機状態で数時間おきに巡回をする程度の業務内容となっています。

ニート生活を自室でするか、外でするかくらいの違いしかありません。

 

それで月収20万円を超えるのですから、ニートは今すぐ警備員になった方がいいと思います。

施設警備以外の仕事は結構大変ですので、あまりおすすめできません。

ニートが警備員を目指すなら施設警備一択でしょう。

 

引きこもりニートが警備員になる方法とは?

ニートが警備員になる方法はハローワークや転職サイトを利用するのが最短です。

まずは応募をし、その後面接、書類の提出。

 

書類提出まで完了したら研修をし、晴れて警備員デビューです。

基本的に人材が不足していることが多いため、面接もあっさり合格をもらえることがほとんど。

安心して面接に臨みましょう。

 

あまり深く考える必要はありません。

ただし必要な書類は数多く存在し、集めるのが大変です。

最初だけの苦労ですので、頑張って書類を集めましょう。

 

引きこもりニートには警備員が最適?警備員で脱ニート

以上、引きこもりニートにおすすめの職業「警備員」についてのお話でした。

警備員はストレスの少ない環境で働くことができますので、メンタルの弱い引きこもりニートでも難なく働けます。

 

非常に魅力的でしょう。

ぜひ警備員を検討してみてくださいね。

 

ただしどうしても外に出たくない人もいるかと思います。

そういった場合は警備員の仕事は向いていません。

 

そこでおすすめしたい職業がWebライターです。

Webライターはネット上の記事を書く仕事。

 

完全在宅で仕事をすることが可能です。

興味をお持ちでしたらぜひ下記記事をご覧ください。

Webライターとは?!引きこもりニートはみんなWebライターを目指そう!

2019.04.01

 

きっとあなたの力になるはずです。

といったところで今回はここまで。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です