優秀な引きこもりニート?!優秀な人がヒキニートになってしまう理由とは?

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

今回は引きこもりニートって「優秀な人多くない?」ってことに関するお話です。

 

「高学歴だけど引きこもり」「元大企業のサラリーマン引きこもり」などなどの方って結構多いんじゃないでしょうか。

そこで当記事ではそんな「優秀な引きこもりニート」について詳細に解説していきます。

 

それではまずは「優秀な人がなぜ引きこもりニートになってしまうのか?」という観点からお話していきましょう。

 

優秀な人が引きこもりニートになってしまう理由とは?

優秀な人が引きこもりニートになってしまう原因とは、ズバリ「優秀だからこそ引きこもりニートという選択をしてしまう」ことでしょう。

どういうことかといいますと、優秀な人ほど世の中の欠陥に気付きやすいということです。

 

例えば、サラリーマンの社会の歪さ(サービス残業や休日出勤、年功序列など)に嫌気がさしてしまう人の多くは社会で働くのが嫌になって仕事を辞めてしまいます。

そしてその事柄に気づけるということは、視野が広く、優秀であるということの裏返しともいえます。

 

一般的な人は辛いことを我慢して仕事を続けますが、辞めるという選択肢を取る事はまずありません。

仕事を辞めるのには覚悟がいりますが、引きこもりニートはその覚悟があったということです。

 

上記の点でも引きこもりニートは優秀さが垣間見えるのではないでしょうか。

ただし引きこもりニートはあくまで引きこもりニートです。

 

いくら優秀だろうが、社会貢献をしていないのではサラリーマンをバカにしたり、卑下したりすることはできません。

そこで優秀な引きこもりニートが打つべき手段について次章ではお話していきます。

 

優秀な引きこもりニートが打つべき手段とは?

優秀な引きこもりニートが打つべき手段とは「事業を立てる」ことです。

どれだけスモールなビジネスでも構いませんから。自分で事業を立てましょう。

 

例えば僕がおすすめしている「Webライター」や「ブロガー」でも構いません。

初期投資が少なくて済むビジネスを立てて、そこで実力を発揮しましょう。

 

優秀な人がヒキニートになってしまったのは多くが社会の歪さに馴染めなかったからだと思います。

そこで思い切って自分で事業を立ててしまえば。窮屈な思いをせずに済むというわけです。

 

魅力的ではないでしょうか。

自分で事業を立てた場合、個人事業主あるいは社長という肩書きを手に入れることができるのも、自尊心を満たす一因になるかと。

 

優秀な引きこもりニートはプライドが高いと思いますが、そのプライドの高さを利用して事業を立ててみてください。

きっとうまくいくはずです。

プライドの高い引きこもり!?プライドが高くてもできるお仕事お教えします!

2019.03.07

 

優秀な引きこもりニートがすべきは自分で事業を立てること

さて、事業を立てろと申しましたが、具体的にはどんなビジネスがおすすめなのかというお話をしておきましょう。

結論からいうと、資金のいらない「スモールビジネス」を行いましょう。

 

最初から数百万円の投資が必要なビジネスでは失敗した時のダメージは測りきれません。

最初にかかるお金が数万円~十数万円で済むビジネスモデルがおすすめです。

 

例えば僕自身が行なっているWebライターやブロガーがおすすめ。

これらのビジネスは初期投資が数万円程度で始められるため、失敗してもほとんど痛くありません。

 

その割に稼げる金額が安定しており、収益も大きくなる可能性を秘めています。

Webライターとブロガーに関する詳細な記事は下記記事を参考にしてください。

Webライターとは?!引きこもりニートはみんなWebライターを目指そう!

2019.04.01

アフィリエイトブログの構築法のまとめ!ワードプレスでブログを始めよう!

2019.03.29

 

優秀な引きこもりニート?!優秀な人がヒキニートになってしまう理由とは?のまとめ

以上、優秀な引きこもりニートに関するお話でした。

 

結論をおさらいすると

“おさらい”
優秀な引きこもりは事業を自分で立てよう

という内容でした。

 

優秀だからこそ引きこもりになってしまったそこのあなた。

引きこもりニートのまま人生終わりたくないですよね。

 

ぜひ自分で事業を立てて、胸を張れる人生にしましょう。

もしわからないことがあればご相談に乗りますので、下記フォームからお問い合わせくださいね。

お問い合わせフォーム

 

それではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です