引きこもりは外出すべき?できるだけ外に出るようにしよう!

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

今回は「引きこもりは外出すべきか否か」という内容についてお話していきます。

 

引きこもり生活が長くなってくると、ちょっとした外出でも恐ろしく感じてしまいますよね。

ぜひ当記事を参考に引きこもりでも少しずつ外出に慣れていってくださいね!

 

そうすれば社会復帰をすることの第一歩になるでしょうから。

 

引きこもりは外出すべきか?

まず「引きこもりはそもそも外出する必要があるのか?」という疑問からお答えしていきましょう。

この問いに対する僕の答えは「いつでも外出する準備を整えておくべき」というもので、外出は強制ではありません。

 

というのも引きこもりはなんらかの理由で引きこもってしまっているのであって、そう簡単に外に出られる状態ではないですよね。

 

そこを無理に外に出ろ!といったところでなかなか話が進まないと思うのです。

だから僕の意見は「外出する準備を整えておこう」というものになったわけです。

 

ここでいう外出する準備とは以下のようなもの。

  • 見た目の準備
  • 筋力の準備
  • 精神的な準備

1つずつ解説していきましょう。

 

見た目の準備

まずは見た目の準備です。

引きこもり生活をしているとついつい見栄えをないがしろにしてしまいがちですよね。

 

しかしそれでは引きこもり生活が長期化してしまいます。

その理由は「外に出る格好をしていないから」→「外に出なくてもいい」という心理作用が働いてしまうから。

 

普段から外に出るための準備を行っておけば、いざという時すぐに外に出ることができますので、外出する心理的ハードルが一気に低くなるのです。

ここでいう外出のための準備とは洗顔や髪の毛のセット、お化粧などです。

 

引きこもりだと適当にしがちな身だしなみを整えることが重要ということ。

引きこもりは臭い?引きこもりでも清潔な状態でいよう!

2019.02.25

 

筋力の準備

次に僕がやっておいて欲しい準備は筋力の準備についてです。

自宅に引きこもっていると運動不足になりがちで筋力が低下してしまいます。

 

そうなるとどうなるか、いざ外に出ようとした時に体が思うように動かないという現象にぶつかってしまうのです。

ですから、引きこもりでも普段から体を動かすトレーニング(筋トレ)を最低限しておくことをおすすめします。

 

自宅でできる運動・筋トレについての詳細は別の記事にまとめていますのでそちらを参考にどうぞ。

引きこもりの筋力低下はマジでやばい!動けなくなる前にトレーニング!

2018.11.11

 

精神的な準備

最後に紹介するのは精神的な準備です。

いくら見栄えや筋力に気を使っていたとしても、精神的準備ができていないなら外に出るのは難しいでしょう。

 

そうならないためにも普段から外に出ることを習慣化して、精神的な準備を整えておくことが重要なのです。

詳細な対策は後述しますので、このまま読み進めていただければ幸いです。

 

ここまでの3つの準備(見た目・筋力・精神)を行っておけば外出を楽にすることができるのでぜひ挑戦してみてください!

 

引きこもりが外出を怖いと思う理由

さて、引きこもりが外に出るべきかどうか、また出るための準備についてお話してきましたが、そもそもなぜ引きこもりは外に出ることが怖いのでしょうか。

 

その原因はシンプルで「外に慣れていないから」です。

引きこもりになる前は当たり前に出ていた外も一度引きこもりになってしまったら怖いと感じるようになりますよね。

 

もちろん引きこもりになる原因は様々で「精神疾患」や「トラウマ」などが原因で外に出られず引きこもりになってしまっている場合が多いとは思います。

しかし、外に出られない原因は突き詰めると慣れていないから。

 

つまり慣れてしまえば外に出ることは可能なのです。

 

もちろん段階を踏んで少しずつリハビリをしなければなりませんよ。

精神疾患なら病院での治療が必要ですし、その他の原因があるなら原因の克服を行うのが大前提です。

 

そして根本的な引きこもりの理由を克服した後、徐々に外に慣れていくことで「外が怖い」という気持ちが少しずつ緩やかになっていくでしょう。

 

引きこもりはどうやって外出すべきか?

引きこもりが外出するトーレニングについてお話ししていきましょう。

基本となるのは先ほど述べた3つの準備(見た目、筋力、精神面)の3つです。

1つずつ紹介していきましょう。

 

見た目の準備

まずは見た目を普段から整えるようにしてください。

 

お風呂に毎日入って清潔にし、髪の毛を整えておきましょう。

女性ならお化粧も忘れずに。

男性なら髭剃りでしょうか。

 

とにかくいつでも外にでることができる状態に身だしなみを整えておくことが重要なのです。

見た目の準備を常にしておくことで、気分も向上して外に出てみようかな?とわずかでも思えるはずです。

 

筋力の準備

次は筋力の準備です。

毎日少しでも構いませんので筋力トレーニングをするようにしましょう。

 

僕がおすすめするトレーニングは自室でできる自重トレーニングと散歩です。

最初は散歩も怖いと感じるかもしれませんので、自重トレーニングからで構いません。

 

簡単なスクワットや腕立て伏せ、腹筋などを自室でコツコツやっていきましょう。

特にスクワットは有効で、足腰が弱りがちな引きこもりにはぴったりです。

 

ある程度筋力がついたら外出の予行演習として短い距離の散歩をしてみてはいかがでしょうか。

散歩は筋力のトレーニングとして非常に有効ですが、なにより「外になれる」ことのトレーニングになりますので、ぜひ実践してみてくださいね!

 

精神面の準備

最後にご紹介するのは精神面の準備についてです。

僕がおすすめするのは長距離の散歩とお買い物です。

 

まず散歩ですが、長距離(数キロメートル)を歩くことで体力の回復と同時に外になれることができます。

特に朝に外出することで日光を浴びて元気になることも可能です。

 

そしてお買い物はコンビニや外食でかまいません。

店員さんと業務的な会話をするところから始めてみましょう。

 

ファミチキください!でもラーメンお願いします!でも大丈夫です。

とにかく一言でもいいので、他人と会話する癖をつけましょう。

 

この癖をつけることで、いざ社会復帰しようとしたとき、面接や面談で他人と話すことができるようになります。

小さな一歩かもしれませんが、間違いなく引きこもり状態から脱出する足がかりになりますので、ぜひご参考にしていただければと思います。

 

引きこもりは外出すべき?できるだけ外に出るようにしよう!のまとめ

以上、引きこもりが外出すべきか?という内容からどうやったら外出できるようになるか?という所までお話してきました。

結論としては「見た目、筋力、精神面」の3つの要素を抑えることが重要ということでした。

 

最初は外に出るのがどうしても怖いと感じるでしょうが、少しずつ外に慣れていって、外出ができるようになれば、社会復帰はもうそこまできています。

ぜひ、この記事を参考に外出してみてくださいね。

 

きっと外には自室にはない喜びや発見があるでしょうから。

また、今回は外出に関する内容でしたが、引きこもりの原因が仕事を失ったことの場合、根本的な問題は職かもしれませんね。

 

その際に僕がおすすめするのはWebライターという仕事です。

僕自身がしている仕事でもありますが、自宅でできる仕事ですので、引きこもりの精神的負荷が少ないのが特徴です。

 

もし興味がおありでしたら、以下の記事に目を通していただけると幸いです。

関連記事:Webライター

 

きっとあなたのお力になると思いますので!

 

といった所で今回はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございました。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です