引きこもりは詰む?いやいやWebライターで一発逆転!

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

引きこもりってイメージでは「詰んでいる」と思われがちですよね。

 

しかし現代はそんなことありません。

引きこもりでもしっかりと仕事をすることが可能なのです。

 

今回はそんな「引きこもりでも詰んでいない」ということをお伝えしようと思います。

ぜひ今回の記事を参考に引きこもり生活をより充実したものにしてください。

 

引きこもりって詰む?社会的に詰んでいると勘違いされている

これまで引きこもりは社会的に詰んでいると思われていました。

その理由は引きこもり=無職というイメージがあったから。

 

まぁ、無理もない発想なんですよね。

過去、インターネットが発達していない頃は働くこと=外に出ることでしたから、自宅に引きこもっていることは無職を意味していました。

 

そういったイメージからいまだに「引きこもり=無職=詰んでいる」と認識されるのです。

しかし、現代はそういったイメージは過去のもの。

 

現代日本では在宅で仕事する環境が整っていますので、引きこもり=無職の方程式は成り立たないのです。

実際、僕自身、引きこもりながらライターとして働いていますので、引きこもりでありつつ無職ではないのです。

 

引きこもりで詰んでしまったと思っているそこのあなた。

希望はまだまだありますよ。

次章で具体的な対処法について解説していきます。

 

引きこもりは詰んでない!Webライターで一発逆転!

僕がおすすめする引きこもりの仕事は「Webライター」です。

Webライターとはネット上の記事を書く仕事。

 

よく見かけるのは「夏におすすめのデートスポット○選」などの情報まとめ記事でしょうか。

これらの記事は基本的な日本語能力とネットサーフィンする能力があればできる仕事ですので、誰にでもできる仕事です。

 

もちろん、仕事を継続していけば単価は向上し、収入も増えていきますので安心して取り組んでください。

Webライターは完全に引きこもっていても成立する仕事ですので、引きこもりにうってつけのビジネスモデルなのです。

 

引きこもりで詰んでいると思っている方でもすぐに脱ニートできるので、ぜひ検討してみてください。

 

引きこもりがWebライターになる方法

それでは具体的に引きこもりがWebライターになる方法について解説していきましょう。

まずWebライターになるためにはクラウドソーシングサイトに登録する必要があります。

 

詳細は以下の記事を参考にどうぞ。

引きこもりはクラウドワークスに登録しよう!引きこもりながら脱ニート!

2018.11.05

 

まずは大手クラウドワークスに登録し、プロフィールをできるだけ充実させましょう。

というのもプロフィールの充実具合で仕事の受注率が大きく変わってくるから。

 

全力で空欄を埋めてください!

プロフィール作成が完了したらいよいよ仕事に応募していきましょう。

 

このときコツがあり、素人はライティングスキルがない場合がほとんどなので、まずは修行パートです。

文字単価コンマ何円の底単価案件で10記事くらい書いてライティングスキルを磨きましょう。

 

最初はお金にほとんどなりませんが、記事を書く感覚が身につくと、その後のライター生活が大きく変化します。

ある程度修行が完了したら、文字単価一円以上の案件に挑戦してみましょう。

 

文字単価一円以上の案件はテストも過酷で通過することがかなり難しいかもしれませんが、修行をしっかりとこなしていれば合格することは容易です。

文字単価一円の仕事であれば1日3000文字書いて、3000円、毎日執筆すれば9万円を獲得することができます。

 

引きこもりニートがいきなり9万円を獲得できるのは結構すごいことじゃないでしょうか。

ぜひこの境地までたどり着いてください。

 

しかも一度単価一円の仕事を獲得できれば仕事の量を増やすことや、単価交渉で単価アップを狙うこともできますので、収益アップも望めます。

そうすることで、ライターだけで生活していくことも十分可能なのです。

 

Webライターは夢のある仕事なのでぜひ「詰んでしまっている」と感じている引きこもりにはWebライターをおすすめいたします。

 

引きこもりは詰む?いやいやWebライターで一発逆転!のまとめ

以上、引きこもりは詰んでいないという記事でした。

 

おさらいすると、

  • 過去は引きこもり=無職だった
  • 現代はネットの発達とともに在宅ワークが充実している
  • おすすめ在宅ワークはWebライター
  • クラウドワークスに登録しましょう
  • 最初は底単価で修行、その後高単価に挑戦しよう

という内容でした。

 

引きこもりでも仕事ができる時代です。

引きこもりになって詰んでしまったと悲観せず、前を向いて、ライターとして飛躍してみてください。

ぜひあなたのご活躍をお祈りいたします。

 

またWebライターについて詳細を知りたいという場合は以下のリンクに記事をまとめていますのでぜひ参考にどうぞ

Webライターとは?!引きこもりニートはみんなWebライターを目指そう!

2019.04.01

 

といったところで今回はここまで。

最後までご覧くださりありがとうございました。

それではまた!

 

また、ライターでもブログ構築でもなく、手堅く就職したいという場合はおすすめの転職エージェントがありますので、下記リンクを参考にしてみてください。
大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です