引きこもりの対人恐怖症!仕事は人と会わずともできますよ!

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

今回は「対人恐怖症と引きこもりの関係について」お話していきます。

 

対人恐怖症を抱えた方が社会復帰するにはどうしたらいいか、僕なりのアドバイスを述べていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

それではまずは「対人恐怖症とはなんぞや」という点からお話していきましょう。

 

対人恐怖症とは?

大勢の人の前で話したり、初対面の人と会うのを恐れる気持ちは、だれもが抱えるもの。でもそれによって仕事に行くのも苦痛だったり、体の緊張や震えで日常生活もままならない場合には、「対人恐怖症」の可能性があります。じつは、10人に1、2人がかかるといわれるほどポピュラーな病気です

引用:http://www.fuanclinic.com/byouki/body4_4.htm

 

上記のように人と接することを恐ろしく感じてしまう心の病の一種です。

そして、とても多くの人がかかる病でもあり、あなたにも縁のないとは言い切れないもの。

 

もしかしたら、あなた自身やあなたの友人が対人恐怖症になっているかもしれません。

対人恐怖症になってしまうと、人と関わりたくないために、内向的になり最終的には引きこもりになってしまうケースが多々あります。

 

対人恐怖症の末、引きこもりになってしまう

対人恐怖症が重症化すると自宅から出ることが恐ろしく、引きこもりになってしまうでしょう。

そうなると社会復帰は一層難しくなります。

引きこもりの社会復帰の方法とは?おすすめはWebライター!

2018.11.07

 

というのも、社会に出ると人と接しなければならない→人と接するのが怖い→引きこもる→社会復帰を目指すも他人との関係形成が怖いと負のループに入ってしまうからです。

そうなってしまうと引きこもりも重症化してしまいますので、なんとか対策を講じるべきでしょう。

 

そこで僕が提案するのは、在宅ワークです。

 

対人恐怖症の引きこもりでもできる仕事「在宅ワーク」

在宅ワークとは自宅でできる仕事のことです。

昔の在宅ワークといえば内職でしたが、現代はネットの発達と共に在宅ワークのあり方も様変わりしました。

 

現代では多種多様な在宅ワークの種類があり、きっとあなたにもできる仕事があるはずです。

で、なぜ在宅ワークを勧めているかといいますと単純に人と会わずにお金を稼ぐことができるから。

 

対人恐怖症の人はいきなり就活やアルバイトを行うのは結構な勇気がいりますよね。

ですから、まずは人と会わずに仕事をしてお金を稼ぐ感覚を身につけるのがポイントなんじゃないかな?と僕は思うわけです。

 

そんな時におすすめなのが在宅ワーク、もっと詳細に言えばクラウドソーシングです。

クラウドソーシングとは仕事の受発注をネット上で行う仕組みのこと。

 

クラウドワークスが大手でおすすめです。

引きこもりはクラウドワークスに登録しよう!引きこもりながら脱ニート!

2018.11.05

まずはクラウドワークスに登録してみて、在宅ワークに一歩踏み出してみましょう。

 

在宅ワークの中でもおすすめの働き方「Webライター」

在宅ワークがおすすめですよ、と申しましたが、具体的にはなんの仕事をすればいいの?と疑問に思うかもしれませんね。

僕がおすすめしたい働き方はWebライターです。

 

Webライターとはネット上の記事を書く仕事。

基本的な日本語の能力とネットサーフィンができれば最低限の仕事ができます。

 

詳細は以下の記事を参考にどうぞ。

引きこもりでもできるビジネス?Webライター一択です!

2018.10.28

 

対人恐怖症の引きこもりはまずは自宅で稼ぐ感覚を掴みながら、社会復帰の足がかりにしてみるのがおすすめです。

自宅である程度お金を稼げるようになると、そのうち自信が湧いてきて対人恐怖症もある程度緩和されるかもしれません。

ぜひライター業に挑戦してみてくださいな!

 

対人恐怖症の引きこもりがWebライターになる方法とは?

対人恐怖症の引きこもりがWebライターになる方法について説明していきましょう。

まずはクラウドワークスに登録してください。

 

下記リンクからクラウドワークスへの登録手続きを進めましょう。

 

メールアドレスを登録し、クラウドワークスからメールを受け取りましょう。

 

メールを受け取ったら、メール内のリンクから会員登録をさらに進めていってください。

次は個人情報の登録です。

 

以下の画像のようにフォームが表示されますので、一つずつ設定していきましょう。

設定が完了したら登録を完了させてください。

 

以上で会員登録が完了になります。

また、会員登録が完了したら、プロフィールの充実も行いましょう。

 

と言うのもプロフィールの充実が仕事の受注率に影響が強く出るので、プロフィール欄に空欄のないようにしてください。

プロフィールの設定が完了したら、いよいよライターの仕事に応募していきましょう。

 

まずは文字単価コンマ何円の低単価案件から修行するのがセオリーです。

最初は安くても我慢しながらライターとして技術を磨きましょう。

 

引きこもりの対人恐怖症!仕事は人と会わずともできますよ!のまとめ

以上、対人恐怖症の引きこもりに関するお話でした。

結論、「Webライターになって、自宅で仕事をしたらどうでしょうか?」という内容でした。

 

何も無理して他人とコミュニケーションとらないといけない仕事をする必要はないんです。

現代のネットを利用した在宅ワークでしっかり稼ぎつつ、ゆっくりと対人恐怖症を乗り越えましょう。

 

Webライターについて詳細を知りたい場合は、以下のリンクに記事をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事;Webライター

 

といったところで今回はここまで。

最後までご覧くださりありがとうございました。

それではまた。

2 件のコメント

  • ブログでは初めてですね。
    会いに行きますよ~∩(・×・*)∩

    九州行った際に。
    来年になりますが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です