引きこもりが理解されないのはなぜか?理解されるには在宅ワークをしよう!

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

今回は「引きこもりが理解されない問題」について切り込んでいきます。

 

引きこもりって理解されないんですよね。

現代では引きこもりでも仕事ができるし、社会的信用を得ることも可能です。

 

ですから理解されるべきなのになかなかまだ信用されていないのは僕は残念に思います。

そこで今回は「引きこもりが理解されない」という点について、その理由と解決策について紹介してきます。

 

引きこもりが理解されないのはなぜか?

収入がないから

まず、考えられる理解されない理由は収入がないから。

引きこもりは基本的には無職であることが多いので、引きこもりは働いておらず、収入がないと思われがちです。

 

そのため、引きこもりであることは理解されにくいのです。

逆を言えば引きこもりでも収入さえあれば、理解されやすくなるということにもなりますよね。

その点については後述します。

 

社会的信用がないから

次は社会的信用がないから理解されにくいと考えられます。

サラリーマンは会社に属することで社会的信用を獲得できます。

 

しかし、引きこもりは会社に属していないため社会的信用がありません。

そのため、ローンを組んだりクレジットカードの審査に通りづらいことが問題としてあげられます。

 

これは引きこもりが働いていないことによる影響です。

しかし、この対処法についても後述しますのでご安心ください。

 

引きこもりが理解されるためには何をすべきか?

在宅ワークで独立をしよう

引きこもりが理解されない理由は「収入がないから」「社会的信用がないから」の二点です。

逆を言えば、収入があって社会的信用がある引きこもりなら理解されやすくなるということ。

 

そこで僕が提案するのは在宅ワークです。

在宅ワークとは文字通り、自宅でする仕事のこと。

 

近年、クラウドソーシングというネットを介した仕事の受発注が盛んになり、簡単に在宅ワークを行うことができるようになりました。

特にオススメのクラウドソーシングサイトはクラウドワークスです。

 

クラウドワークスは業界大手のサイトで、多くの仕事が発注されていることから初心者でも仕事を取りやすいことがポイント。

引きこもりで理解されたいなら、クラウドワークスに登録することから始めましょう。

 

引きこもりが理解されるための具体的なステップ

さて、引きこもりが理解されるために必要なことは在宅ワークをすることと説明しましたが、具体的にはどういったステップを踏んで行けばいいのか紹介していきます。

 

以下の四つのステップを踏んで理解されるようになりましょう。

  1. クラウドワークスに登録する
  2. Webライターとして仕事をする
  3. 収入を得る
  4. 社会的信用を得る

一つずつ順をおって解説していきます。

 

クラウドワークスに登録する

まずはクラウドワークスに登録することから始めましょう。

登録はもちろん無料でできます。

 

以下のリンクから登録しましょう。

 

クラウドワークスについての詳細は以下の記事を参考にしてください。

引きこもりはクラウドワークスに登録しよう!引きこもりながら脱ニート!

2018.11.05

 

クラウドワークスへの登録が完了しましたら、次のステップに進みましょう。

 

Webライターとして仕事をする

クラウドワークスに登録したら、仕事を受注します。

この時おすすめの働き方はWebライターです。

 

Webライターとはネット上の記事を書く仕事。

ネットサーフィンのスキルと日本語のスキルがある程度あれば簡単な仕事を受注することができます。

 

基本的には誰でもできる仕事が多いので、安心して挑戦しましょう。

クラウドワークスに登録した後はWebライターとして仕事に応募していくようにしてください。

 

最初は低単価の仕事からの修行パートですが、徐々に単価が上がっていきますので、頑張ってみましょう。

引きこもりでもできるビジネス?Webライター一択です!

2018.10.28

 

収入を得る

Webライターとして仕事をとることができれば安定した収入を得ることができます。

これまで無収入だった引きこもりが少しでも収入を得ることができるというのは、かなり大きな進歩じゃないでしょうか。

 

自分で稼いだお金があれば、好きなものを購入することができるようになりますので幸福度も高くなります。

そして、周囲からの視線も気にならなくなるはずです。

 

なぜなら仕事をちゃんとしているから。

ただ自宅で仕事をしているだけなので、白い目でみられることもなくなるでしょう。

 

社会的信用を得る

そしてあある程度稼げるようになったら独立しましょう。

開業届を出して、ライターとして独り立ちすることをお勧めします。

 

個人事業主として独立することで社会的な信用を得ることができます。

もちろん最初の頃は難しいかもしれませんが、しばらく仕事を続けていれば、住宅ローンやクレジットカードの審査にも通りやすくなるでしょう。

 

社会的信用も手にいれることができれば、もう引きこもりとして後ろめたさを感じる必要はありませんよね。

胸を張って生活することができますし、ここまできたら、周囲の人々も理解してくれるでしょう。

 

引きこもりが理解されないのはなぜか?理解されるには在宅ワークをしよう!のまとめ

以上、引きこもりが理解されない理由とその対策方法について解説してきました。

おさらいすると、

 

引きこもりが理解されないのは

  • 収入がないから
  • 社会的信用がないから

 

引きこもりが理解されるためには

  1. クラウドワークスに登録する
  2. Webライターとして働く
  3. 収入を得る
  4. 社会的信用を得る

 

・・・といった内容でした。

 

引きこもりでも仕事をして、収入と社会的信用を獲得すれば社会から理解されることができます。

ぜひ引きこもりで社会から理解されないと嘆いている状況にあなたがあるなら、今回のお話を参考にしてみてください。

 

きっとより良い引きこもり生活がまっていますから。

またWebライターについての詳細は以下のリンクに記事をまとめていますので、参考にどうぞ!

関連記事:Webライター

 

それでは今回のお話はここまで。

最後までご覧くださりありがとうございました。

それではまた!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です