引きこもりが絶望しなくてい理由を教えます!

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

今回は「引きこもりは絶望しなくていいよ」というお話。

 

結論から申しますと引きこもりでもできる仕事が現代ではあるために、外にでれず働けない人も絶望する必要なないってこと。

 

そんなお話をしていきます。

あなたが引きこもり、またはあなたの家族が引きこもりなら参考にしてみてください。

 

引きこもりが絶望しなくていい理由

在宅でもお金を稼げるようになったから

申し上げたように、現代では在宅でもお金を稼ぐ「在宅ワーク」が発達してきました。

そのおかげで、今までは引きこもり=無職と思われていたのですが、現代では引きこもりは無職とは限りません。

 

在宅ワークさえしていれば、引きこもりでも仕事をしてお金を稼ぐことができるのです。

ですから、引きこもりでも絶望する必要はないということ。

 

在宅でお金を稼ぎ、日本経済に貢献することが可能なのです。

ではどんな仕事ができるのか不安になりますよね。

ご安心ください。

 

引きこもりニートの方でも今すぐできる挑戦できる仕事があるので今回はそのお仕事をご紹介しようと思います。

 

Webライターという仕事がオススメ

そのオススメの仕事とは「Webライター」です。

Webライターとはネット上のWebサイトの記事を書く仕事。

 

一文字〇〇円といった報酬制度で働くのが基本です。

この仕事は基本的なネットサーフィンと日本語能力があればできる仕事ですので、引きこもりニートでも仕事を行うことができます。

 

詳細について知りたいなら以下の関連記事を読んでみてください。

関連記事:Webライター

とにかく引きこもりニートで絶望しているのであればWebライターに挑戦してみましょう。

 

引きこもりを絶望から救う働き方「クラウドソーシング」とは

Webライターがオススメ!といきなり言われてもどこから、何から始めればいいかわかりませんよね。

しかし不安になる必要はありません。

クラウドソーシングというサービスを利用することで簡単に仕事を取ることができます。

 

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは、ネットを介して仕事を受発注する仕組みのこと。

仕事を発注したいクライアントと仕事をしたいワーカーの仲介をしてくれるものと考えて問題ないでしょう。

 

このクラウドソーシングサイトを利用することで素人でも仕事を簡単に受注することが可能です。

引きこもりニートに絶望している方はクラウドソーシングサイトに登録して、脱ニートをしましょう!

 

クラウドワークスとは

クラウドソーシングサイトはたくさんありますが、中でもおすすめはクラウドワークスです。

業界大手で仕事の発注数も多く、初心者にも優しいサポートの内容がおすすめの理由。

 

クライアントとのやりとりはほとんどがチャットで解決するものですので、コミュ障でも問題なく使用できます。

仲介手数料をいくらか取られますが、初心者でも簡単に仕事ができますからぜひライターの仕事をする際はクラウドワークスを利用しましょう!

 

クラウドワークスへの登録方法

さて、ここまでクラウドワークスについて説明してきましたが具体的な登録方法をご紹介しましょう

まずは下記リンクからクラウドワークスへの登録手続きを進めましょう。

 

メールアドレスを登録し、クラウドワークスからメールが送られてきます。

メールを受け取ったら、メール内のリンクから会員登録をさらに進めていってください。

 

次は個人情報の登録です。

以下の画像のようにフォームが表示されますので、一つずつ設定していきましょう。

 

設定が完了したら登録を完了させてください。

以上で会員登録が完了になります。

 

また、会員登録が完了したら、プロフィールの充実も行いましょう。

と言うのもプロフィールの充実が仕事の受注率に影響が強く出るので、プロフィール欄に空欄の内容にしてください。

 

プロフィールを充実させたらいよいよ仕事への応募を行なっていくのがベスト。

最初は簡単で単価の安い仕事から応募するのをお勧めいたします。

だんだん慣れてきたら高単価の仕事に挑戦するようにしましょう。

 

引きこもりが絶望しなくていい理由を教えます!のまとめ

以上、引きこもりが絶望しなくていい理由について解説してきました。

 

おさらいすると、

  • 現代は在宅ワークができる
  • 特にWebライターがおすすめ
  • Webライターやるならクラウドワークスで

という内容でした。

 

以上の事柄をすれば引きこもったまま脱ニートに成功します。

引きこもりながらライターをしてお金を稼いじゃいましょう。

 

またWebライターに興味があるなら以下の記事達を参考にしてみてください。

関連記事:Webライター

 

ぜひライターとしてデビューしてみてくださいね。

 

もし不安なことがありましたら、以下のリンクからお問い合わせください。

ご相談に乗らせていただきますので。

お問い合わせはこちらから

 

といったところで今回はここまで。

最後までご覧くださりありがとうございました。

それではまた!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です