引きこもりは惨め?そんなことねぇぞ!

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

今回は「引きこもりは惨めなのか?」ということについて掘り下げていきます!

 

結論から先に申しますと「場合によっては惨めじゃない」という結論になるのですが、順を追って説明していきますね。

それでは早速「惨めな引きこもりと惨めじゃない引きこもり」についてお話しししてきましょう。

 

惨めな引きこもりと惨めじゃない引きこもり

まず、引きこもりには二種類いることを確認しましょう。

それは「働いていない引きこもり」と「働いている引きこもり」です。

 

この二者には大きな違いがありまして、前者は経済的自由がないのに対して、後者は経済的自由があります。

経済的自由がある、自立しているということは、惨めな気持ちにならずに済むのではないでしょうか。

 

このことから「働いていない引きこもり」は惨めな引きこもり、「働いている引きこもり」は惨めじゃない引きこもりと定義できます。

 

もしもあなたが引きこもりで惨めに感じているということは「働いていない引きこもり」であると考察が可能なんじゃないでしょうか?

 

そこで惨めじゃない状態になりたいのであれば「働く(稼ぐ)」ことが重要になってくるのです。

しかし、そう簡単には稼ぐことは難しいわけで、引きこもりがいきなり就活を始めてみても難しいのは自明。

 

そこで僕が提案するのは「惨めじゃない引きこもり」、すなわち経済的自由を持った引きこもりになることをおすすめします。

 

惨めじゃない引きこもりになるためにはどうすればいいか?

では具体的に惨めじゃない引きこもりになる方法ですが、以下の2ステップに分けられます。

  • クラウドワークスに登録する
  • ウェブライターになる

一つずつ紹介していきましょう。

 

クラウドワークスに登録する

まずはクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」に登録しましょう。

登録の方法は以下の記事をご参考ください。

引きこもりはクラウドワークスに登録しよう!引きこもりながら脱ニート!

2018.11.05

 

クラウドワークスは仕事の受発注を簡単にネットを介して行えるというサービスを提供しているウェブサイトです。

 

仲介手数料を取られるものの、自宅にいたままで仕事を獲得し、そのまま自宅で仕事ができるというのがクラウドワークスのメリット。

引きこもりが惨めな状態から脱出するためにはもってこいなウェブサイトなのです。

 

でも「どんな仕事をすればいいかわかんない」と不安になることもあるでしょう。

 

しかしご安心ください。

次に紹介するWebライターの働き方なら、今すぐあなたでも働くことが可能です。

ぜひ参考にしてみてください。

 

ウェブライターになる

さて、クラウドワークスに登録した後、するべきことはWebライターの仕事を行うことです。

Webライターとはネット上の記事を執筆する仕事で未経験の初心者でも行える仕事の一つ。

 

もちろん経験者になれば高い単価や、高報酬の仕事を受注することができるので、収入も継続していけば上がっていくという理想的な仕事と言えるでしょう。

Webライターのなり方について詳細は以下の記事をご参考にしてください。

引きこもりの貧乏はどうやったら解決できるか?「Webライター」一択でしょ!

2018.11.04

 

何はともあれ、Webライターになれば惨めな引きこもり状態から解放されますので、安心して引きこもりライフを満喫することができます。

かくいう僕も引きこもりライターとしてWebライターの仕事をしているわけですが、悠々自適な引きこもり生活を送っています。

 

引きこもっていることに関してなんの惨めさも感じません。

それはひとえに収入があるからです。

 

あなたも惨めだと現状を憂いているなら、Webライターになって惨めさを取り払いましょう。

またWebライターのテクニックや考え方などは以下のリンクにまとめておきますので、ご参考にしてみてください。

関連記事:Webライター

 

引きこもりは惨め?そんなことねぇぞ!のまとめ

以上、引きこもりは惨めか?そんなことねぇぞ!というお話しでした。

おさらいすると「働いている引きこもりは惨めじゃない」というのが結論です。

そのためには①クラウドワークスに登録し、②Webライターになることで問題は解決します。

 

非常に簡単ですよね。

ぜひ、惨めな思いをしているのであれば、その問題を解決し、悠々自適な引きこもり生活を行いましょう!

 

また、今回の参考資料として、Webライターについてのまとめリンクをいかに記載しておきますので、ぜひ参考にしてみてくださいませ。

関連記事:Webライター

 

それでは今回のお話しはここまでです。

また次回の記事でお会いしましょう!ではまた!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です