引きこもりの貧乏はどうやったら解決できるか?「Webライター」一択でしょ!

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

引きこもりってお金がなくなって貧乏になってしまいますよね。

 

貧乏になる、余計に引きこもる、貧乏になるの負の螺旋に入るとどうしようもなくなってしまいます。

そこで今回は引きこもりの貧乏についてのお話です。

 

引きこもりが貧乏を解決する方法まで解説いたしますので、どうぞ楽しみながら読み進めていただければと思います。

 

引きこもりはなぜ貧乏になるのか?

外に出て働けないから

引きこもりになる理由はいくつもあるでしょうが、共通する事柄として「外に出たくない」と言う思いがありますよね。

引きこもりの外に出たくないという欲求はとても強いものです。

 

僕も基本的に引きこもりの生活を送っていますが、外にはできるだけ出たくないですし、外に出ない生活を送っています。

 

しかし、「仕事」をする際に外に出ないことは大きなハンディキャップとなります。

職場に行けないわけですからね。

 

働ける職種は限られてきてしまいます。

そのため引きこもりは外に出ることができない=仕事がないという状況に陥り、貧乏になってしまうのです。

 

他人とのコミュニケーションをとりたくないから

また、その他の理由として「他人とのコミュニケーションをとるのが嫌い」という理由も考えられます。

というのも外には出てもいいけど、他人と話しをしたり、接したりすることが嫌いなタイプの人もいることでしょう。

 

そういった人々は、職場や同僚、上司という人間関係を嫌う傾向にあるため、仕事ができないのです。

こういった人々は職場や上司、同僚に縛られない生活・仕事を選択するのが良いでしょう。

つまりはフリーランスを目指すべきということです。

 

引きこもりが貧乏から脱出するための手段「ウェブライター」

というわけで引きこもりにはフリーランスがおすすめということをお伝えしました。

では具体的にどういった職種を選択すればいいのでしょうか。

 

僕が提唱している引きこもりにおすすめの働き方、仕事は「Webライター」です。

ウェブライターとは、ネット上のウェブサイトの記事を書く仕事。

 

1記事〇〇円や、1文字xx円などで契約を行い記事を執筆する仕事です。

 

この仕事には特に必要な資格がないので「誰でも」なることができるのがWebライター。

もちろん引きこもりでもなることができます。

 

Webライターは他人とのコミュニケーションを最小限にできる

さて、Webライターがおすすめということをお話ししましたが、なぜおすすめなのか。

その理由の一つとして「他人とのコミュニケーションを最小限にすることができる」ってことが挙げられます。

 

基本的にWebライターはやり取りをチャットで行います。

チャットなので直接電話したり、対面したりすることはまずありません。

 

他人と会話するのが苦手な人でもできる仕事なのです。

故に他人と会話するのが苦手な引きこもりには、Webライターが特におすすめの仕事と言えるんじゃないでしょうか。

 

Webライターになるためにクラウドソーシングサイトに登録する

ではWebライターになる方法について説明していきます。まずはクラウドワークスをはじめとしたクラウドソーシングサイトに登録するところから始まります。

 

クラウドワークスに登録したらプロフィール項目を埋めていきましょう。

プロフィールに空欄がないほど仕事の受注をしやすくなるからです。

プロフィールを埋め終わったら、いよいよ仕事に応募していきましょう。

 

ここでうまく仕事を受注することが出来ましたら、仕事の始まりです。

クラウドソーシングサイトがお金のやり取りや、コミュニケーション、契約の仲介をしてくれますので、簡単に働くことができます。

 

一度登録が完了してしまえばあとは「仕事に応募→仕事をする→報酬をもらう」を繰り返していくのが一連の流れです。

まずはクラウドワークスに登録するところから始めましょう。

 

登録は以下のリンクからできますので、無料登録をとりあえずおすすめします。




 

登録だけして、仕事の内容や雰囲気を見るのもおすすめなので、まずは登録してしまいましょう。

 

引きこもりの貧乏はどうやったら解決できるか?「Webライター一択でしょ!」のまとめ

以上、引きこもりが貧乏になる原因と、その対処法「Webライター」について紹介してきました。

 

引きこもりが貧乏から脱出するためには仕事をするしかありません。

しかし、他人とのコミュニケーションを最小限にするためにはクラウドソーシングを利用するのが一番効率的です。

引きこもりのまま仕事ができるWebライターを選択しましょう。

 

・・・といった内容でした。

 

Webライターの仕事は本当に誰でも簡単にできる仕事ですので、ぜひ挑戦してみてください。

無料登録でWebライターになれますので以下のリンクから登録してみましょう!



 

また、Webライターに関する記事をいかにまとめていますので、ぜひこちらも参考にどうぞ。

関連記事:Webライター

 

それではまた、次回の記事でお会いしましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です