引きこもりは無能?そんなことねぇぞ!

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

 

引きこもりになってしまったとき「自分は無能だ・・・」なんて思ってしまいますよね。

その気持ち、元引きこもりニートの自分はすごく共感できます。

 

しかし安心してください。

引きこもりは決して無能ではありません。

 

むしろ引きこもりを利用してできる仕事すらある時代です。

今回の記事を参考にすればあなたも引きこもりながら仕事をすることが可能でしょう。

 

引きこもりは無能じゃない

まず結論から申しますと引きこもりは無能ではありません。

「無能」というのはなんの能力もないことを意味しますよね。

 

しかし引きこもりは家から出ないだけで高いポテンシャルを持っている可能性だってあるんですよ。

ですから諦める必要は皆無。

 

あなたやあなたの家族が引きこもりになってしまっても決して悲観しないでください。

繰り返しになりますが、引きこもりは決して「無能」ではありません。

 

社会との相性が悪いだけ

単純に社会との相性が悪いだけなのです。

会社や学校に馴染めない、空気が読めないなどの理由で引きこもりになる人が多いですが、それでいいんです。

 

何十億人もいれば社会に馴染めない人がいるのも当然といえば当然のことでしょう。

ですから一切、引きこもりを気にする必要はありません。

 

在宅ワークという手段

現在の日本では家から一切外に出ずにお金を稼ぐ方法があります。

それが在宅ワーク。

 

引きこもりでも在宅ワークができれば「無能」ではありませんよね。

働く能力があるということですから。

 

特に引きこもりは自宅で多くの暇を持て余していますよね。

その暇を利用して仕事をしてしまえば良いのです。

そういう意味では引きこもりの方が在宅ワークに向いているとまで言えます。

 

ただ「家で働くのなんて難しそう・・・」そう思いましたか?

全然そんなことありません。

 

現在はクラウドソーシングと呼ばれる形態で簡単に在宅ワークをすることができます。

 

引きこもりがするべきはクラウドソーシング

クラウドソーシングについて少し解説しておきましょう。

クラウドソーシングとはインターネットを介して仕事の受発注を行う仕組み・サービスのことです。

 

簡単に言えば内職のネット版です。

ただ、内職と違う点は働き方が千差万別であり、あらゆる働き方があること。

 

特に僕がおすすめしているのはWebライターです。

Webライターとはネット上の記事を書く仕事。

 

文才がなくても調べ物ができれば誰でもできる仕事ですので、引きこもりでも十分仕事ができます。

Webライターなら引きこもりでも十分働くことが可能です。

 

Webライターになって「無能」のレッテルを取り去りましょう。

 

実際にクラウドソーシングで仕事を受注する方法

「Webライターがいいのはわかったけど、どうすればいいの?」そう思いますよね。

けれど安心してください。

Webライターになるのは簡単です。

 

  • サイト登録
  • プロフィール作成
  • 仕事への応募
  • 契約

 

以上の流れがWebライターの仕事の一連の流れです。

一つずつ解説していきましょう。

 

サイト登録

まずはCrowdWorksを始めとしたクラウドソーシングサイトに登録しましょう。

登録の方法は各サイトごとに異なるのですが、基本は無料で登録できますので、安心して登録しましょう。

 

プロフィール作成

登録が完了したら、プロフィールの作成です。

このときプロフィールに空欄ができないように項目を埋めていきましょう。

 

空欄がないほど、信頼性が高まり、仕事を受注しやすくなります。

何が何でもプロフィールは全て埋めるようにしましょう。

 

仕事への応募

プロフィール作成が完了したら、仕事に応募していきましょう。

最初はなかなか仕事が決まらないかもしれませんし、単価の安い仕事しかもらえません。

 

しかし、仕事を繰り返すうちに信用が積み重なり、実力もついてきます。

そうなると高単価の仕事も受注できるようになりますので、諦めずコツコツエントリーしていきましょう。

 

契約

仕事の応募がうまくいき、契約までこぎつければあとは仕事をするだけです。

発注者(クライアント)からのオーダーに従って記事を作成しましょう。

 

仕事でわからないことがあればその都度クライアントに確認をしましょう。

その方がクライアントとしても仕事がしやすいですからね。

 

ここまでくればもう無能なんて言われません。

立派なライターです。

胸を張って「ライターやってます」と言えるようになるので、ぜひ目指してみてください。

 

引きこもりは無能じゃない!引きこもりだからできることもある!のまとめ

以上、「引きこもりは無能なの?」という疑問にお答えする内容でした。

結論から言えば「無能ではありません」というのが僕の回答。

 

引きこもっていてもWebライターの仕事は可能です。

ライティングの仕事ができる人間を「無能」とは言いませんよね。

 

ですから、引きこもりで悩んでいる人はぜひWebライターを目指してみてください。

なり方はCrowdWorksに登録するだけです。

 

また、「もっとWebライターについて知りたい」という人はWebライターに関連した記事があるので以下のリンクからどうぞ。

関連記事:Webライター

 

引きこもりが「決して無能ではないこと」をWebライターになって証明してやりましょう!

それではまたの記事で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です