病むから引きこもりになるのか?あるいは逆か?改善方法も解説!

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

「引きこもり=病んでいる」という図式はあくまで間違っていないというのが僕の見解です。

 

しかし、引きこもりの中には病んでしまっている人がいるのも事実。

そこで今回は病みと引きこもりの関係について掘り下げていこうと思います。

精神的に参っているそこのあなた!ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

病んだから引きこもりになるパターン

まずは多いのが病気(精神病)が原因で病んでしまうというパターンです。

こんな記事を書いている僕も統合失調症で引きこもりになってしまったので、この気持ちはすごくわかります。

 

精神的に病んだからこそ、外に出られない、対人関係が怖いと思うものなのです。

この場合は対処法は精神病を治すしかありません。

適切に心療内科や精神科に通って薬を処方してもらいましょう。

 

引きこもりになってから病むパターン

もう一つは引きこもりになってから病むパターンです。

このパターンは元エリートの引きこもりや真面目な引きこもりに多いケースです。

 

もともとプライドの高い人が何らかの挫折に遭遇し、心が折れ、引きこもってしまう。

そして長い引きこもり生活の間に精神を病んでしまうということ。

 

このパターンについては別記事で詳細に紹介していますので、ぜひご覧ください。

真面目な引きこもりニートって?真面目な引きこもりから対策方法を解説!

2018.09.26

引きこもりになって病むとどうなるか

引きこもりになって病んでしまうと、引きこもりが長期化する傾向にあります。

引きこもりが先か、病が先かによらず、引きこもりが心を病むと、長期的な引きこもりになってしまいます。

 

というのも、ただ単に世の中に不満がある引きこもりなら何らかのきっかけでアルバイトを始めたり、就活をしたりするでしょう

引きこもりニートが安心して働けるオススメのアルバイト6選

2018.06.16

 

しかし、病んでしまった場合は治療が必要不可欠です。

しかも精神病の治療は難しく、寛解することが非常に難しいものと言われています。

職業訓練などでサポートすることもできるのですが、病んだ引きこもりを社会復帰させるのは非常に難しいのです。

 

そのため、何かしらの策を講じる必要がありますよね。

次章ではその対策方法について解説いたします!

 

病んだ引きこもりをどう解決するか

まずは病院に通いましょう。

精神科・心療内科に通うことで、薬を処方してもらえます。

 

この薬が絶大な効果を発揮するのです。

もちろん、服薬してすぐに効果が現れるとは限りませんが、今までの精神の不安定さが嘘のようになります(実体験)。

 

ですから病んでしまった場合は速攻で病院への受診をおすすめします。

そして病院に通いつつ少しずつ現状を変えていきましょう。

 

まず、精神病を抱えたまま正社員就職・雇用は難しいので、まずはアルバイトから始めてみてはいかがでしょうか?

引きこもりニートが安心して働けるオススメのアルバイト6選

2018.06.16

アルバイトで社会の流れになれることも重要な社会復帰の一歩です。

 

また、僕がおすすめしているライフスタイルとしてはWEBライターです。

引きこもりニートにとってWEBライターは天職!その理由を解説!

2018.06.15

ライターはネット上の記事を書く仕事で、誰でもなることができます。

たとえ精神疾患を抱えていても、人と顔を合わせず、チャットだけで仕事が完結しますので、心配ご無用です。

 

WEBライターになるためにはクラウドソーシングサイト(クラウドワークス、ランサーズなど)に登録するだけです。

非常に簡単ですので、ぜひ登録してみてください。

ちなみに引きこもりニートにWEBライターがおすすめだよって記事も過去に書いていますのでご参考にどうぞ。

参考記事;WEBライター

病んだから引きこもりになるのか?あるいは逆か?改善方法も解説!のまとめ

以上、引きこもりが病んでしまった場合の対処法についての記事でした。

引きこもりが病んでしまった場合、病院にすぐいきましょう。

 

それだけで現状は大きく変わるはずですから。

そしてオススメの働き方はWEBライターです。

 

自宅にいながら仕事ができますので、精神疾患を抱えていてもやりやすい仕事です。

ぜひ下記記事たちを参考に、WEBライターを志してみてくださいね!

参考記事:WEBライター

 

また、当記事についてのご質問等ございましたら、下記コメントフォームよりお気軽にご相談くださいませ。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です