引きこもりがウォーキング?社会復帰を目指して歩こう!

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

引きこもりって外に出ないから足腰が弱ってしまうものですよね。

 

意外にもこの足腰が弱ってしまう現象って危険だったり、致命的だったりするのです。

そこで今回は引きこもりがウォーキングをするメリットやしなかった場合のデメリットについて、また効果的なウォーキングの方法について紹介していきます。

 

ぜひこの記事を参考に、引きこもりでもウォーキングをしてみましょう!

 

引きこもりがウォーキングしないとどうなるか

まずは「引きこもりがウォーキングをしないとどうなるか」からお話ししていきましょう。

 

以下のような現象に引きこもりは見舞われます。

  • 足が思うように動かなくなる
  • ちょっとしたことで息切れする
  • 体力のなさから体調を崩しやすくなる

一つずつ紹介していきましょう。

 

足が思うように動かなくなる

これは僕自身も経験したことなのですが、長い引きこもり生活の末に足の筋肉が衰えてしまい、うまく足が動かなくなってしまうのです。

その結果、歩こうと思っても足に力が入らず、思ったように動くことができなくなります。

 

このことにより起こる障害はたまに外に出た時に異常に疲労してしまうということ。

コンビニにでもいこうものなら、疲労で動けなくなってしまうものです。

 

ちょっとしたことで息切れしてしまう。

疲労してしまうと説明しましたが、息切れもとんでもないことになってしまいます。

軽く数十メートル歩くだけでも疲労してしまい、息切れを起こしてしまうのです。

 

しかも外に出歩いた時だけでなく、家のなかですら階段の登りおりで息切れしてしまいます。

このような状態では脱引きこもりどころか生活にも支障が出てしまいます。

 

体力のなさから体調を崩しやすくなる

また、体力が落ちているため風邪やインフルエンザといった病気になりやすくなってしまいます。

しかも体力が落ちている分、回復にも時間がかかり重症化しやすいのも引きこもりのあるあるです。

 

外に出ない、ウォーキングをしないと、体調を崩す危険もあるため、できるなら、外に出ることを習慣化するようにしましょう。

 

引きこもりがウォーキングすることで得られるメリット

引きこもりがウォーキングしないと生じるデメリットについて紹介しましたが、逆にウォーキングをすると以下のようなメリットが挙げられます

  • 体力がつき、疲れにくくなる
  • 外に出ることに慣れ、社会復帰が容易になる
  • 体力がつくことにより病気になりにくくなる

一つずつ紹介していきましょう。

 

体力がつき、疲れにくくなる

まずは体力がつくことです。

息切れすることもなくなり、軽い運動程度はできるようになるでしょう。

 

ウォーキングを習慣化することで、一定以上の体力を維持することが可能です。

また、体力をつけることで次に紹介する社会復帰へのきっかけにもなり得るので、ウォーキングはメリットだらけです。

 

外に出ることに慣れ、社会復帰が容易になる

社会復帰は引きこもりの最終命題とも言える問題ですが、ウォーキングはこの手助けになります。

というのも、社会に出るためには体力とコミュニケーション能力(コミュ力)の二種類の力が必要になってきます。

 

その時、前者の体力についてはもちろんウォーキングで鍛えることが可能です。

さらに、コミュ力についてもウォーキングで鍛えることができます。

 

どういうことかと言いますと、ウォーキングする時に人とすれ違うこともあるでしょう。

その際に軽く挨拶をしたり、会釈をしたりするように心がけてみてください。

 

また、コンビニに行ったり、ファストフード店に足を運んで、店員と話をすることもあるでしょう。

ウォーキングで外に出ることで、体力とコミュ力の二点を鍛えることができます。

そして体力とコミュ力を鍛えることで社会復帰のきっかけになり得るのです。

 

体力がつくことにより病気になりにくくなる

これも重要なポイントです。

風邪やインフルエンザといった病気は体力が落ちていると罹りやすくなるのです。

 

そこでウォーキングを行うことで、体力が回復し、病気になりにくくなります。

やはり病気にはなりたくないですよね。

そういった面でもウォーキングのメリットは重要と言えるでしょう。

 

引きこもりがウォーキングするにはどうしたらいい?

引きこもりがウォーキングする際に気を遣うことはやはり人と会うことでしょう。

先ほどは人とすれちがった時に挨拶したり~なんて話をしましたが、まずは人と合わない時間帯にウォーキングした方が精神的に楽だと思います。

 

すなわち深夜か明け方のウォーキングをおすすめします。

この時間帯は人通りも少ないのでストレスを少なくすることができます。

 

そしてウォーキングに慣れてきたら、少しずつ歩く時間を昼間や夕方にシフトしていきましょう。

そうやって少しずつ人と接する時間を増やしていくことで、体力とコミュ力を回復することができます。

 

引きこもりが行うべき具体的なウォーキングの仕方

具体的なウォーキングの方法について紹介していきましょう。

まず用意すべきはランニングシューズです。

 

シューズ

ウォーキングするなら靴にはこだわりましょう。

サンダルや普通のスニーカーでも構いませんが、長距離を歩くつもりなら、しっかりとしたシューズを選択することをおすすめします。

 

シューズに関してはいいものを使うことでクッション性を確保することができ、膝へのダメージが少なくなるのです。

長期の引きこもりは体力が落ちているので足腰も弱っている状態。

 

そんな状態で半端な靴を使ってウォーキングをすると膝をはじめとして色々なところに支障をきたしてしまうのです。

ですから靴に関しては本格的なランニングシューズを使用するようにしましょう。

 

おすすめのシューズは以下のシューズです。

軽さと耐久性、クッション性に優れており、安心してウォーキング・ジョギングすることができます。

 

リフレクター

シューズを準備したら、今度は安全性を確保するためのリフレクターを購入しましょう。

リフレクターとは車のライトを反射するものです。

 

深夜や明け方のウォーキングをオススメしていますが、この時間帯は車にひかれやすいので、リフレクターが必須といえます。

安全のためにリフレクターを必ず着用するようにしましょう。

オススメのリフレクターは以下です。

 

シューズとリフレクターの二点を準備したら、いよいよウォーキングが開始できます。

 

いよいよウォーキング

まずは1km ~2km程度の距離から始めましょう。

少しずつ距離を伸ばしていくのが重要です。

 

最初は1kmでもきついと思いますので、ゆっくりしていきましょう。

少しずつ距離を伸ばして行って、最終的に10km以上歩けるようになれば体力的に十分と言えます。

 

おそらく1ヶ月程度ウォーキングを続ければ、10km程度は歩けるようになるでしょう。

この段階に来ればウォーキングをしっかりと行える状態になっています。

 

10km歩けるようになれば、体力的には十分なので少しずつ歩く時間を昼か夕方に変更していきましょう。

 

ここからコミュ力のトレーニングに入っていきましょう。

すれ違う人に挨拶をしたり、コンビニやファストフード店に行って、店員と話しをしみてください。

 

ただこの時雑談みたいなことをする必要はありません。

単に「ファミチキください」とか「ビッグマックセット、コーラとポテトでお願いします」など、業務的な会話で構いません。

 

少しでも他人と会話することになれるのが重要です。

この段階を突破することができれば、ある程度の体力とコミュ力を回復することができますので、アルバイトをしたり、就活をしたりと社会復帰が可能になってきます。

 

ちなみにおすすめのアルバイトや面接に対応するための記事もありますので、合わせて読んでみてください。

引きこもりニートが安心して働けるオススメのアルバイト6選

2018.06.16

引きこもりニートがアルバイト面接に準備する事柄!

2018.06.16

 

引きこもりがウォーキング?社会復帰を目指して歩こう!のまとめ

以上、「引きこもりがウォーキングをすることをオススメします」という内容でした。

 

おさらいすると、引きこもりは体力が不足していますので、病弱・虚弱です。

そこでウォーキングをすることで体力とコミュ力を鍛えることが可能。

そこまでできれば社会復帰もできるようになります・・・といったお話でした。

 

また、ウォーキングする際はシューズとリフレクターにはこだわるようにしましょう。

安全と健康が第一ですからね。

 

また、まず引きこもりが社会復帰するにはアルバイトがおすすめです。

おすすめアルバイトについてまとめた記事は以下ですので興味があればこちらもご覧ください。

引きこもりニートが安心して働けるオススメのアルバイト6選

2018.06.16

 

さらに別の社会復帰の方法として、「在宅ワーク」「WEBライター」という選択肢もあります。

この選択肢についても別の記事で紹介しておりますので、よければ参考にしてみてください。

引きこもりニートにとってWEBライターは天職!その理由を解説!

2018.06.15

 

それではしっかりと準備をして、正しく安全にウォーキングするようにしましょう。

その先に健康と社会復帰が待っていますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です