引きこもりニートは辛い!?その理由と解決法を紹介!

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

引きこもりニートのそこのあなた、今の状態を辛いと感じていませんか?

 

引きこもりニートは世間からは甘えだの、怠惰だの言われていますが、本人にしかわからない辛さがあるものです。

そこで今回はそんな引きこもりニートの辛さにフォーカスして辛い状態を改善する方法について紹介していきます。

 

ぜひこの記事を参考に、引きこもりニートの辛い状態を解決しましょう!

 

引きこもりニートはなぜ辛いのか、それは無職だから

引きこもりニートがなぜ辛いのか。

その理由はひとえに収入がないからでしょう。

もしも引きこもりだとして、収入があったらそこまで辛くないはずです。

 

例えば不動産収入のある引きこもりは好きで引きこもっていて買いたいものは自由に買えるし、外に出たい時は自由に外に出ることができます。

これは単にニートではないから辛くないってことなんです。

 

やはり、引きこもりが辛いのではなく、引きこもり”ニート”が辛いのです。

ですから引きこもりニートの辛さを解決するにはニートの部分をなんとかする必要があるってことになります。

 

引きこもりニートはバイトするのも辛い

しかし、引きこもりニートはアルバイトも辛いんですよね。

今まで引きこもっていた人がいきなり社会に出て、働くのは無理があります。

 

コミュ障で、社会経験がない人間が働くのは相当なストレスになりますからね。

「脱ニートにはアルバイト」なんて言われがちですが、正直オススメはできません。

 

下手に社会に放り出されても十分に仕事を全うできず、余計に辛い思いをしますからね。

僕も引きこもりニートだった頃に無理にアルバイトをして痛い目を見ましたから。

引きこもりが統合失調症を発症し、バイトを辞めた話

2018.07.10

 

やはり引きこもりニートがいきなりアルバイトをするのはオススメできません。

脱ニートにはもっとオススメの方法がありますが、その方法については後述します。

 

引きこもりニートの息子を持つ家族も辛い

また、引きこもりニートは家族も辛い思いをします。

引きこもりニートを抱えた家庭は健全とは言えません。

 

労働をしない人間が身内にいると、いろいろと肩身がせまい思いをすることもあるでしょう。

年末年始やお盆など親族が集まる状況で引きこもりニートが身内にいると何かと気まずくなるものですよね。

 

どうにかして引きこもりニートを脱出させてあげたいけど、どうしたらいいかわからない。

そういった気持ちになることも多いはずです。

 

しかし、家族も気を遣って「働け」ということも言い辛いのも現実。

やはり引きこもりニート自身が何らかのアクションを起こさなければならないのです。

 

クラウドソーシングで脱ニート!

ここまで引きこもりニートとその家族の辛さについて紹介してきましたが、その辛さを解決する方法があるんです。

 

その方法とはクラウドソーシングを利用した脱ニート方法。

僕がオススメしているのはWebライターです。

 

いきなり「クラウドソーシング」とか「Webライター」とか言われてもイメージしにくいと思いますので、簡単に解説しますね。

 

クラウドソーシングはネットを介した仕事の外注サービスのこと。

昔でいうところの内職のネット版です。

 

そしてWebライターとはクラウドソーシングの働き方の一種で、Webサイトのコンテンツを執筆する仕事。

執筆というと難しそうに感じるかもしれませんが、初めてしまえば意外と素人でもできてしまうものです。

 

現に僕もニートから最初の2週間で5万円をWebライターで稼ぐことに成功しました。

ニートがいきなり5万円は結構すごいんじゃないでしょうか。

 

ニートが辛い、けどバイトで人間関係を構築するのも辛い。

そんな人にネットで全てが完結するWebライターはオススメです。

参考カテゴリ「WEBライター」

 

Webライターを志すならクラウドワークスやランサーズに登録するだけで、あとは仕事に応募していきましょう。

割と簡単に仕事をとることができますよ。

引きこもりニートにとってWEBライターは天職!その理由を解説!

2018.06.15

引きこもりニートは辛い!?その理由と解決法を紹介!のまとめ

以上、引きこもりニートがなぜ辛いのか、その理由と対処法について解説してきました。

基本的に引きこもりがいきなりアルバイトをするのは辛いことです。

 

まずはWebライターから始めてお金を稼ぐ感覚を身につけましょう。

Webライターとしてある程度稼げるようになればそれなりの文章力とコミュニケーション能力が手に入りますので、アルバイトしたり就職したりもできるでしょう。

 

また、僕のようにライターとして独立するのも手です。

また、ライターの仕事をすれば、家族も安心してあなたのことを見ることができます。

 

家族のため、あなたのためWebライターのお仕事を始めてみませんか?

クラウドワークスやランサーズに登録するところから始めてみましょう!

 

もしライターとして悩みや不安があればご相談に乗りますので、下記リンクからご相談ください。

お問い合わせはこちら

 

いつでもあなたの相談をお待ちしておりますので。

それでは今回の記事はここまでにしておきます。

 

また、引きこもりにはWebライターが天職じゃん!って記事もありますので合わせてどうぞ。

引きこもりニートにとってWEBライターは天職!その理由を解説!

2018.06.15

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です