引きこもりが稼ぐ方法とは?外出or在宅での稼ぎ方4選!

引きこもり生活の利点といえば外に出ていやいや働かなくてもいいというところなのですが、それゆえにお金の悩みと不安に苦しめられている人もいます。

そこで今回は、引きこもりでもお金を稼げるのか、そして、引きこもりが稼ぐ方法にはどんなものがあるのかについて説明します。

引きこもりが稼ぐことは可能か?

引きこもりというと、それだけで非生産的であるとの烙印を押されかねません。

それは、一般的に「引きこもり=お金を稼がない」という図式がイメージとして定着しているせいだと思われます。

お金がなければ生きてはいけない

とはいえ、実際のところ引きこもりもお金と無縁ではいられません。

生きるためには、どうしてもお金が必要だからです。

ほとんどの人が、いつまでも金銭面で家族に頼り続けるわけにはいかないはずです。

引きこもりでもお金を稼ぐことができる

でも、ご安心ください。

今引きこもりのあなたも、その気にさえなれば、必ずお金を稼ぐことができます。

世のなかには、引きこもりの人にも取り組みやすい、手頃なお仕事がいろいろとあるのです。

引きこもりが外に出て稼ぐ方法4選

引きこもりで社会復帰を目指す人に特にオススメしたいのが、おうちの外に出てお金を稼ぐことです。

そこで、外でお金を稼ぎたい引きこもりにオススメのお仕事をご紹介します。

①アルバイトその1 コンビニ店員

コンビニバイトはあまりにもメジャーすぎることもあってか引きこもりには敬遠されがちですが、実はさまざまな職業で求められる基本的な能力をまんべんなく身につけることができる仕事です。

コンビニには、学生、育児中のお母さん、受験生、元ニート、リストラされた人、定年退職後の高年齢者、外国人など、さまざまな境遇に生きる人が働きに来ていますので、引きこもりの人でも溶け込みやすいといえます。

②アルバイトその2 ネットカフェ店員・マンガ喫茶店員

ネットカフェやマンガ喫茶は、コンビニに比べればいくらか穏やかな環境で働くことができますし、PCやマンガに詳しい人でしたら業務上でその方面の知識を役立てるチャンスもあります。

③正社員その1 介護職員

介護職は大変な割に待遇が良くないとされ、離職率も高めです。

その分長期間引きこもっていた人でも正社員として採用される可能性があります。

決して楽な仕事ではありませんが、人の晩年の人生を支えるという体験は、引きこもりにとって新鮮な刺激であると同時に貴重な経験となるでしょう。

あらかじめ介護職員初任者研修の修了資格を取得しておくと就職がスムーズになります。

無資格のまま応募するのであれば、資格の取得を支援してくれるような職場を選ぶことをオススメします。

④正社員その2 農業関係

近年引きこもりの社会復帰の方法として注目されているのが農業関係のお仕事です。

農業は、農作物の生産という命のおおもとを育む神聖な仕事であり、また、大地に直接触れることで人間の心身によい影響が及ぼされることが知られています。

そういうわけで、農業は引きこもりの社会復帰とお金の獲得を同時に実現できるすぐれた方法でもあるのです。

農業人口の縮小により新規就農者は全国で歓迎されますから、社員として就職し農業に関する知識と経験を積むことはもちろん、独立して農業経営者になる道も開かれるかもしれません。

引きこもりがネットで稼ぐ方法4選

お金を稼ぐためには外に出なければならないものと考えがちですが、在宅で稼ぐ方法もあります。

政府も、職場へ出向くことなく自宅や好きな場所で仕事をする「リモートワーク」を推進しはじめました。

まさに今、働き方の常識が大きく変わりつつあるというわけです。

そこで、引きこもりの人にオススメしたいネットのお仕事をご紹介します。

①ウェブライター業務

PCが得意、ネット検索が得意、文章を書くことが好き、そんな人にオススメしたいのがウェブライターのお仕事です。

ウェブライターとは、注文主のオーダーにしたがって文章を執筆する仕事です。

特定のテーマについてネット検索や書籍などの資料を調査しながら文章をまとめていくという案件が多く、決められた納期を守りながら数をこなしていくことでライティングスキルとライターとしての信用が向上し、収入の額も大きくなっていきます。

②イラストレーター業務

PCなどを使って絵を描くことが得意な方は、イラストレーターとしてのお仕事を受注してみてはいかがでしょうか。

ウェブサイト向けのイラスト素材や名刺・パンフレットといった事業用途のイラストデザインなど、案件はさまざまです。

Adobe社のIllustratorのような特定のアプリケーション用データでの納品を求められる案件もありますので、契約の際は条件をしっかりと確認しましょう。

③ウェブデザイナーやプログラマーなどのウェブ作成関連業務

ウェブデザインやウェブサイトのコード作成に関する知識のある人は、ぜひウェブ作成関係の業務を引き受けてみましょう。

わたしたちの世界はすでにインターネットとウェブサイトがなければ成り立たないところまできています。

未経験だけれども関心があるという人は、引きこもっている今こそ、ウェブ作成の基礎を学ぶチャンスかもしれません。

④アフィリエイト・ブロガーになる

アフィリエイトとは、自分のブログサイトなどを使って企業の宣伝や広告活動を行い、売上や集客などの成果に応じた報酬を受け取ることをいいます。

ひとつのブログで100記事を公開したあたりから収益が発生しはじめるというのがアフィリエイト業界の定説ですから、ブログ記事が検索サイトの上位にランキングされる日をめざして良質な記事をコツコツと執筆し続けることが重要になってきます。

良質な記事を集めたブログは検索エンジンからも高く評価されて読者が増えるので、広告収入も増えていくというわけです。

アフィリエイトを始める前に、ウェブライターとしての経験を積んで基本的なライティングスキルを身につけることも大切です。

まとめ

生きるためにはお金を稼がねばなりません。

お金を稼ぐためにはなんらかの仕事をしなければなりません。

社会復帰をめざすのであれば外での仕事に就くことも大切ですが、急激な環境の変化がアダとなって再び引きこもるのでは意味がありません。

この点、ネットを使った在宅のお仕事は、業務上のやりとりをとおして人と社会をつなぐ画期的な仕組みであり、自分の環境や作業ペースにあわせて取り組めるというメリットがあります。

ここで紹介したウェブライターなどの仕事は、クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサービス上で日々実際に募集されているものです。

より良く生きていくために、ネットをうまく活用してしっかりとお金を稼ぎましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です