引きこもりとお金について!お金を稼ぐ方法から貯める方法についても解説!

お金の悩みがある引きこもりは多いでしょう。
多くの場合引きこもりは収入がないからです。

今は何とか暮らせていても、いつかお金がなくなってしまうときが来ます。
そうなってしまってから何とかしようと思うかもしれません。
でもそれでは遅いということがほとんどです。

例えば、今親に養ってもらっている人は、親が急に病気になり働けなくなったらどうするのでしょうか。

心を入れ替えて、その日から引きこもりをやめて普通の人のように一家を支えられるでしょうか。

現実問題としてそれは難しいでしょう。
ですから、今は困っていなくてもお金のことは今から考えておく必要があるのです。

今回は、引きこもりはお金についてどのように考えればよいのか、また引きこもりがお金を稼ぐ方法などについてご紹介します。

引きこもりがお金を稼ぐ方法とは?

現在パソコンを使って在宅でできる仕事がたくさんあります。
実際に在宅で働いている人たちは増えており、その中には引きこもりの人たちも含まれているのです。

では、引きこもったまま稼いでいるという人は、どのような仕事をしているのでしょうか。

Webデザイナー

引きこもりの人は一日中インターネットをしている人が多いです。
そのためサイト構築などの知識が自然に身に付いていることも多いでしょう。
その知識を利用して仕事にするのはどうでしょうか。

「クラウドワークス」や「ランサーズ」など、在宅ワーカーのためのサイトでは常にWebデザイナーの募集があり、人気の求人になっています。

仕事を受けるには、ポートフォリオ(作品集)として過去に手がけたサイトや自分のサイトのURLを提出することが求められます。

もし今までWebデザイナーとして経歴がなくても、自分のサイトを評価してもらえれば仕事に繋げることができるのです。

引きこもりで就労経験がなくても、Webデザインに自信があればまずは応募してみてはいかがでしょうか。

Webライター

Webライターも在宅ワークで人気の職業の一つです。
Webライターの場合も、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などで常に募集があります。

Webライティングでは、インターネットで調べたことをまとめて文章にする力が求められます。
日頃インターネットをする機会が多い人にとっては適している仕事だと言えるでしょう。

美容、メイク、ファッション、自動車、株、仮想通貨などさまざまなテーマで募集があるため、必ず自分が書けるテーマが見つかるはずです。

お金持ちの引きこもりの生活とは?

引きこもりが全員お金に困っているわけではありません
引きこもりの中にもお金持ちの人はいます。

ではお金持ちの引きこもりはなぜお金を持っているのでしょうか。
またどのような生活を送っているのでしょうか。

不動産を持っていて、不労所得で生活している引きこもり

もともと親が資産家で親から不動産を引き継ぎ家賃収入があるという人の中には、不労所得だけで生活できるために働かない人がいます。

そのような人の中には、一度も働いたことがなく人付き合いも苦手なために一生引きこもって不労所得で生活しようと思う人もいます。

また、以前は働いていたけれども働くことに疲れてしまい、不労所得があるのだからもう働きたくないと思い引きこもりになる人もいるでしょう。

そのような人たちの生活というものはだいたいが一般的な引きこもりと同じく単調です。
起きたいときに起き、寝たいときに寝ています。

ただ、彼らが普通の引きこもりと違うのはお金の心配をしなくてよい点です。
将来への不安がないので精神的には健康で、特に深刻な悩みもありません。

投資家をしている引きこもり

株やFXで成功している人の中にも引きこもりはいます。

その場合、株やFXで成功したから引きこもりになったというより、引きこもりになりたいから株やFXに手を出して、結果的に投資家になれたという人が多いでしょう。

株やFXをしていると人と一切接することがないため、コミュニケーションが苦手で引きこもりになるような性格の人には投資家という職業は魅力的です。

そして、引きこもりの投資家がどのような生活をしているかというと、いたって地味な生活をしています。

引きこもりなのでお金の使い道がないということや、引きこもりなので基本的に無気力になっていることが理由として考えられます。

お金がなくなったら引きこもりはどうすればいい?

多くの場合、引きこもりは親と同居し親の収入で暮らしています。
また、一人暮らしの引きこもりは貯金を切り崩したり、親から仕送りをもらったりして暮らしています。

つまり自分の力でお金を得ているわけではないですし、いつかはお金がなくなるときが来るのです。
お金がなくなってしまったら引きこもりはどうすればよいのでしょうか。

当然働くしかありませんが、今まで引きこもっていたため社会に出て人と接する勇気が出ず、借金をしてまで引きこもり続けている人もいます。

また、引きこもり生活によってすっかり自信を失っている人もいます。
そのような人は生活保護を申請するべき状態になっても「自分のような人に税金を使うべきではない」と思い込んで生活保護を申請しません。

また最近では、お金がなくなったら死ぬしかないと覚悟している引きこもりもいます。
いずれにしても、お金がなくなってから動こうとしても精神状態の悪化などが足かせになり手遅れになっていることが多いのです。

お金がなくなったらどうすればいいかではなく、今のうちからお金の問題はクリアしておくに越したことはありません。

引きこもりはお金を使わないべき?

投資が成功していたり資産がたくさんあったりしてお金が余っているという人を除いて、引きこもりはなるべくお金を使わない方がよいでしょう。

しかし、引きこもりである上になるべくお金を使わない生活をするとなると何もできなくなります。
刺激がなくなり、ますます無気力になっていき引きこもりが悪化するかもしれません・

また、引きこもりであるということだけでも精神的なストレスが生じます。
それに節約が加わればますます精神的に追い込まれるでしょう。

できれば生活に支障が出ない範囲で少し贅沢をする日を作るのが理想です。
ただ、無収入で貯金を切り崩しているという人であれば、お金を使えば使うほど不安は増えていくでしょう。

引きこもりでお金を貯める方法とは?

引きこもり生活でなるべくお金を使わないように節約したとしても、多くの引きこもりには収入がないので支出の方が多いことには変わりはありません。

つまり、節約ではお金を貯めることはできないので、お金を貯めるためには働くしかないのです。

ただ、引きこもりが外で働こうとしても難しいですし、さらに人並みの生活ができる額を安定して稼げるようになるまで時間がかかります。

引きこもりを直して働くこともよいのですが、より現実的で早くお金を貯める方法として引きこもりのままお金を稼げる方法を考えてもよいのではないでしょうか。

最後に

引きこもりは必ずしも直さなくてはいけないことではありません。
人と接することなく家で一人ゆっくり過ごしていたいというのも一つの生き方です。

しかし、今回ご紹介したとおり引きこもりはお金を稼げないために困ることが多々あるのです。

言い換えれば、お金を稼ぎさえすれば引きこもりでも健康的に暮らすことができるでしょう。

そのために、引きこもりでもお金を稼ぐことができる在宅ワークに挑戦してみることをおすすめします。

在宅ワークでお金を稼ぐことにより、引きこもっている間に失っていた自信を取り戻すことができ、これからの人生がよりよいものになっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です