引きこもりの貧困問題!詳細から改善策までご紹介!

どうも引きこもりライターのTAMAIYAです。

引きこもりの貧困って結構重大な問題ですよね。
働きたくても働けない(病気が理由で)もたくさんいることでしょう。

そこで今回は引きこもりの貧困についてその実態と解決策をご紹介します!
引きこもりで貧困になってしまっている方、要チェックです!

なぜ引きこもりで貧困になってしまうのか?

引きこもりで貧困になってしまう原因は「仕事ができないから」です。
外に出て働けない引きこもりは収入源がなくて貧困になってしまいがちです。

過去は在宅ワークが発達しておらず、引きこもり=無職の考え方が一般的でした。
そのため引きこもるとそのまま貯金を使い果たして貧困状態になってしまうという話。

引きこもりが貧困になってしまう状況・実態

実際の引きこもりの貧困はどのような問題なのでしょうか。

内閣府の調査によると現在、50万人以上の引きこもりが存在していると言われています。
そのほとんどが労働をしていない引きこもりニートであり、収入が無い状態であると考えられます。

この収入が無い状態では親や家族に依存して生きていくしかありません。

その依存も永遠に続くものではなく、親が亡くなったり、家から追い出されたりすると一気に無収入状態に放り出されてしまうのが引きこもりの恐ろしいところです。

生活保護も保護を受ける原因がなければ受けることはできません。

精神的・身体的病気で引きこもっている以外では保護申請が通らないことがほとんどです。

そのため、引きこもりの貧困問題は根が深く、解決するには難しい問題なのです。

貧困引きこもり状態から抜け出す方法

そんな根の深い引きこもりの貧困問題ですが、実は昨今簡単に解決することができるようになってきました。

というのもインターネットが発達した現在、「在宅ワーク」という働き方が一般的になりつつあるから。
在宅ワークならクラウドソーシングがオススメです。

特に引きこもりニートにオススメの働き方は「Webライター」です。

引きこもりニートにとってWEBライターは天職!その理由を解説!

2018.06.15

Webライターとはネット上の記事を書く仕事。

例えば「夏にオススメの音楽○選!」みたいな記事を書きます。

このWebライターの仕事はネットサーフィンができれば十分お金を稼ぐことができるので、引きこもりニートでもその日から仕事することが可能です。

僕も引きこもりニートだった頃、二週間で5万円いきなり稼ぐことができました。
(詳細は僕の自己紹介に書いています)

引きこもりニートがいきなり5万円稼げれば上等だと僕は思うんですよね。

もしあなたが、またはあなたの家族が引きこもりの貧困で悩んでいるのでしたら、一度Webライターを検討してみてはいかがでしょうか?

Webライターになる方法はクラウドワークスランサーズに登録し、仕事に応募するだけです。

あとは仕事をこなしていって無収入状態から脱出し、貧困からも脱出しましょう。

引きこもりの貧困問題!詳細から改善策までご紹介!のまとめ

以上、引きこもりの貧困についてのお話でした。
引きこもりの貧困はかつて難しい問題だと考えられていました。

しかし、クラウドソーシングによる在宅ワークの発達により、今では簡単に貧困の問題を解決することができます。
Webライターになれば家から一歩も出ずに仕事をすることができ、数万円以上の収入を得ることが可能。

引きこもりの貧困でお困りの場合は是非、Webライターを検討してみてくださいね。

また、過去に僕が書いた「引きこもりこそWebライターが天職である」という記事にも目を通してみてください。

引きこもりニートにとってWEBライターは天職!その理由を解説!

2018.06.15

きっと現状打破のきっかけになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です