引きこもりにおすすめな仕事ランキング!コミュ障ニートでも”できる”仕事とは?

引きこもりニートでもできる仕事ってないんだろうか。

そんな疑問に当記事はお答えします。

 

世の中にはたくさんの仕事があります。

特にネットの発達によって生まれた仕事は自宅でできるものが多く、引きこもりでも簡単に始められるようになってきました。

ただし仕事の数が多くて、なかなか仕事選びが大変なのが現状ですよね。

 

そこで元引きこもりニートの僕が厳選する『引きこもりニートにおすすめの仕事ランキング』を当記事ではご紹介します!

また、おすすめの仕事についてはその始め方まで徹底的に解説していきますので、参考にしていただければ幸いです。

 

Contents

引きこもりニートが仕事を選ぶポイントとは?

具体的な『おすすめの仕事ランキング』をご紹介する前に、仕事を選ぶポイントを解説していきましょう。

仕事は適当に選んではいけません。

 

もしも適当に選んでしまった場合、「イメージと違った」とか「思ってたよりキツイ」などといった不満が後から生まれてしまいますからね。

しっかり仕事は選ぶことから始めましょう。

 

仕事を選ぶ上で重要な事柄は下記です。

  • 働く日数が少ない(週2〜3回)の仕事から選ぶ
  • 在宅でできる(引きこもったまま働ける)仕事を選ぶ
  • なるべく人と関わらずに済む仕事を選ぶ
  • 未経験者が歓迎される仕事を選ぶ
  • 自分で事業を始める

 

1つずつ説明していきましょう。

 

働く日数が少ない(週2~3回)仕事を選ぶ

まずは引きこもりニートが脱ニートをする上で重要なことが最初から飛ばしすぎないということ。

いきなりフルタイムの仕事を選択してしまうと体力が持たず、息切れしてしまいます。

体力が付いてきてからフルタイムの仕事は選択するようにしましょう。

引きこもりの運動不足解消法とは?!ニートの体力低下問題を完全解決!

2019.02.06

 

つまりは脱ニートをしたいと考えた場合はシフト制のアルバイトから始めることをおすすめするということ。

または自分で仕事量を調節できる個人事業がおすすめ。

 

最初から無理して仕事を始める必要はありませんので、ゆっくり仕事を進めるようにしましょう。

 

在宅でできる(引きこもったまま働ける)仕事を選ぶ

次に重要なポイントは「在宅でできるかどうか」です。

引きこもりニートの多くは自宅から出ることにかなりの抵抗がありますよね。

 

自宅から出たくないのであれば、その気持ちを大切にしてください。

無理に家から外に出て働く必要はありません。

家から出たくないと思う気持ちは甘えでもなんでもないので安心してください。

「引きこもりニートは甘え!」という人に反論したい|在宅ワークという選択肢で見返そう!

2018.06.17

 

自宅でできる仕事なら引きこもりニートにも簡単に始められそうですよね。

ネットが発達した現代では在宅で働ける仕事は山のようにあるので安心してください。

 

なるべく人と関わらずに済む仕事を選ぶ

人と関わらずに済む仕事を選ぶのも重要です。

例えば接客業などは引きこもりニートが仕事を始めるにあたってハードルが高いでしょう。

 

一方で黙々とパソコンのキーボードを叩く仕事などは引きこもりニートの方でも気持ちが楽なはず。

仕事を選ぶ時は他人と関わらなければならない仕事なのか、そうでないのか?を検討してみてください。

 

未経験者が歓迎される仕事を選ぶ

またスキルを必要とされない仕事を選ぶことをおすすめします。

というのもいきなり医師や弁護士にはなれませんよね。

 

スキルが必要な仕事は学校に通ったり、時間をかけてスキルを磨いたりする必要があるので、そう簡単には就くことができません。

一方、アルバイトなどは比較的簡単に採用してもらえますので、脱ニートにはおすすめです。

 

まずはアルバイトを始めて、金銭的・精神的に余裕ができてきたらキャリアアップを検討する、でも遅くはありませんよ。

引きこもりが派遣ってできるの?ひきこもりでも出来る派遣先をご紹介!

2018.07.18

引きこもりニートが安心して働けるオススメアルバイト6選!働きやすい職場でコミュ障でもOK!

2018.06.16

 

自分で事業を始める

最後の手段は自分で事業を始めるということ。

他人と関わりたくない、自分1人で仕事をしたい、収入も自分でコントロールしたいとなると自分で事業を立ち上げるのが一番手っ取り早いです。

 

事業を起こすと聞くと難しそうに思えるかもしれませんが、意外と難しくなかったりします。

特に後ほど紹介するブロガーやWebライターなどは比較的簡単に事業を起こすことが可能です。

ご検討してみてくださいね。

 

引きこもりニートの人におすすめな仕事ランキング!

前置きが長くなって申し訳ありませんが、本題の『引きこもりニートの人におすすめの仕事ランキング』をご紹介していきます。

 

結論から述べるとランキングは下記です。

  • 第1位:ブロガー
  • 第2位:Webライター
  • 第3位:Webデザイナー
  • 第4位:データ入力
  • 第5位:転売
  • 第6位:警備員
  • 第7位:配達員
  • 第8位:清掃員

 

1つずつみていきましょう。

 

第1位:ブロガー

第1位はブロガーです。

ブロガーはどんな仕事かと言いますと、ブログにて日々使ったサービスや商品を紹介して、広告収入を得るというもの。

 

ブロガーは完全在宅で、労働時間も選ばず、非常に柔軟な仕事の仕方を選択できます。

メリットは上記の点だけではありません。収入の面でも非常に魅力的なのがブロガー。

ブロガーは成功させることができれば月収数十万円〜100万円以上を狙うことも可能です。

 

ただし、成果が出るまで数ヶ月かかったり、収入を安定させるのは難しかったりするため、基本的にはブロガーは副業で進めるのがおすすめです。

最初は副業でブログを運営していき、最終的にブログで独立する…という流れが最も安定しています。

 

ブログの始め方は下記の記事をご覧ください。

アフィリエイトブログの構築法のまとめ!ワードプレスでブログを始めよう!

2019.03.29

 

第2位:Webライター

第2位はWebライター。

ブロガーは副業で始めるのがおすすめと言いましたが、本命は第2位のWebライターです。

 

WebライターはWebサイトの文章を書く仕事。

文章を書くことができれば誰でも仕事を始めることが可能ですので、非常にハードルが低いのが魅力です。

 

一方で収入を増やすのが難しいのがWebライターの欠点。

月数万円〜十数万円は比較的楽に稼げるのですが、それ以上は結構大変なのです。

 

そこでおすすめなのはWebライターを本業として、コツコツとブログを運営していくという手法。

ブログで売り上げが上がらない初期の頃はWebライターでお金を稼ぎ、ブログが軌道に乗ってきたら少しずつブログの方に重心を乗せていくといった流れが効率的です。

 

Webライターとブログを組み合わせたスタイルが最も効率よく稼ぐことができますし、何より完全在宅で自由な時間帯に働ける柔軟さが魅力。

引きこもりニートがこれから事業を始めよう、仕事をしようと思うのであれば、Webライターとブロガーを目指してみてください。

 

ちなみにWebライターについての詳細は下記の記事をご覧ください。

Webライターとは?!引きこもりニートはみんなWebライターを目指そう!

2019.04.01

 

第3位:Webデザイナー

第3位はWebデザイナー。

WebライターがWebサイトのコンテンツ(文章)を作成するのに対し、Webデザイナーはデザイン周りの仕事をします。

 

Webライターに比べ、スキルを求められることからハードルは高くなります。

その代わり、報酬はWebライターよりも高いことがほとんど。

デザインスキルを持っている状態で引きこもりニートになった場合はWebデザイナーに転職するのもおすすめです。

 

またWebデザイナーとブロガーの相性も抜群です。

特に自分のブログデザインを実績として営業をかけていくことも可能なので、Webデザイナーを志す場合もブログは並行して行ってみてください。

 

第4位:データ入力

第4位はデータ入力です。

データ入力とは企業が用意したデータをスプレッドシートなどに入力する仕事です。

 

WebライターやWebデザイナーに比べてスキルをほとんど必要としないため、本当に誰でも始めることができる在宅ワークの1つ。

ただし報酬は少なく、月収数万円程度が限界です。

 

少しでも稼いで脱ニートをしたいという場合にはおすすめですが、本格的に稼ぎたい場合は力不足でしょう。

データ入力はWebライターと並行して副業とするなどの利用方法がおすすめです。

 

第5位:転売

第5位は転売。

転売とは安く商品を仕入れ、高く販売するといったビジネスモデル。

せどりとも言われますね。

 

最近の流行は中国から商品を輸入して転売する「中国輸入転売」です。

中国は商品を安く仕入れることができるため、日本で販売すると高値がつきやすい傾向にあります。

 

ただし、仕入れに少なからず資金が必要になり、売れなかった場合不良在庫を抱えてしまうリスクもあることから、引きこもりニートにはあまりおすすめはできません。

上記の理由から第5位にランクインしました。

 

第6位:警備員

第6位は警備員です。

Web系の仕事は上記の5種類でしたが、Webと関係しない仕事の場合、警備員はおすすめです。

 

特に人と関わることのあまりない仕事で、コミュ障の引きこもりニートでも簡単に業務をこなすことが可能。

ただ有事の時には体を使わないといけないため、体力をつけておく必要はあります。

 

警備員についての詳細や体力トレーニングについては下記の記事を合わせてご覧ください。

引きこもりニートには警備員が最適?警備員で脱ニート

2019.05.08

引きこもりの運動不足解消法とは?!ニートの体力低下問題を完全解決!

2019.02.06

 

第7位:配達員

第7位は配達員です。

配達員もあまりコミュニケーションを取らずに済む仕事です。

 

商品の受け渡しの時に少しだけコミュニケーションを取る必要がありますが、それもほんの少しだけ。

警備員に比べると体力的にもコミュニケーション的にも少しだけハードルが高いため第7位のランクインとなりました。

 

第8位:清掃員

第8位は清掃員です。

黙々と清掃するのがメインの業務なので、綺麗好きな人にはおすすめできる仕事でしょう。

 

特に引きこもりニートでも自室は綺麗に保ちたいとお思いの方は掃除スキルを多少持っていることが想定されますので、現場で活躍できるはず。

ただし結構な重労働なので、体力をつけてからでないと務まらない可能性もあります。

 

散歩やウォーキングから始めて体力をつけることをおすすめします。

引きこもりがウォーキング?社会復帰を目指して歩こう!

2018.09.28

 

引きこもりニートにおすすめの仕事探しの方法

さておすすめの仕事をご紹介しましたが、あなたにぴったりな仕事は見つかりましたか?

ここからは仕事がいまいちしっくり来ない方に向けて「仕事の選び方」をご紹介していきます。

 

やりたいこと、得意なことを明確にする

まずはやりたいこと、得意なことを明確にしましょう。

この時、文章を書くのが好き・得意ならWebライターやブロガーになれますし、デザインが好きならデザイナー、掃除が好きなら清掃員を選択すれば良いです。

 

このように好きなこと、得意なことが明確になっている場合は簡単に仕事を選ぶことが可能です。

一方で、やりたいことや得意なことがない場合については次章で説明していきます。

 

やりたくないこと、苦手なことを明確にする

やりたいこと、得意なことがない場合はどうすればいいのでしょうか。

その答えは「やりたくないこと、苦手なことを明確にする」ことです。

 

まずはどうしてもやりたくないことを挙げていきましょう。

するとあなたがどうしても就きたくない仕事が明確になってきます。

 

どうしてもやりたくない仕事を除外していき、消去法で仕事を選択するということ。

案外仕事は始めてみたら自分に合っていたと思えることも多いので、消去法も1つの手ですよ。

 

自分にもできそうな仕事を選択する

そして3つ目の仕事の選び方は自分にもできそうな仕事を選択するということ。

やりたいことややりたくないことが思い浮かばない場合は、スキルをベースに仕事を選択しましょう。

 

例えば普通に喋ることができるなら文章を書くブロガーやWebライターができるでしょうし、いつも自室を掃除しているなら清掃員は務まるはず。

そうしてあなたの持っているスキルと仕事を照らし合わせて、あなたにもできそうな仕事を選択することが重要です。

 

職に就くための方法を調べる

なりたい仕事を選択したら今度は職に就くための方法を調べましょう。

ただゼロから検索するのは面倒だと思いますので、当記事でヒントになる情報を共有いたします。

 

正社員なら転職エージェントを利用する

まず正社員としての就職を狙うなら転職エージェントの利用をおすすめします。

ゼロから就活をするとなるとなかなか情報が多くて難しいでしょうが、エージェントを利用すればあなたに最適な情報を適切に伝えてくれます。

 

エージェント無しに就活は難しいので、正社員としての就職を目指すなら転職エージェントの利用が重要です。

ちなみに僕がおすすめする転職エージェントは下記です。ぜひ参考にしてみてください。

大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo

 

アルバイト・派遣ならそれぞれ申し込みをする

アルバイトや派遣を始めたい場合は早速申し込みをしましょう。

おすすめのアルバイトや派遣先についての記事は下記です。

引きこもりが派遣ってできるの?ひきこもりでも出来る派遣先をご紹介!

2018.07.18

引きこもりニートが安心して働けるオススメアルバイト6選!働きやすい職場でコミュ障でもOK!

2018.06.16

 

この時、履歴書や面接で不安がございましたら、下記の記事をご覧ください。

引きこもりニートの履歴書の書き方!空白期間などの心配ごとを解決!

2018.10.12

引きこもりニートでもアルバイト面接は大丈夫!受かる方法を徹底解説!

2018.06.16

 

Web系の事業ならスキルを磨く

Web系の事業(Webライターやブロガー)の場合はスキルを磨きましょう。

というのも開業届を出しさえすればWeb系事業は起こすことが可能だから。

 

完全在宅で柔軟な仕事ができるWeb系事業を僕は一押ししたいです。

Webライターやブロガーについての詳細は下記をご覧ください。

Webライターとは?!引きこもりニートはみんなWebライターを目指そう!

2019.04.01

アフィリエイトブログの構築法のまとめ!ワードプレスでブログを始めよう!

2019.03.29

 

仕事選びの注意点

さて仕事選びのコツについても解説してきましたが、ここからは注意点についてご紹介していきます。

 

仕入れが必要な事業は初心者には向かない

まずは仕入れが必要な事業についてです。

仕入れが必要な事業は基本的におすすめしません。

 

というのも、仕入れが必要な物販ビジネスは在庫の処理を失敗してしまうと、一気に在庫を抱えてしまいます。

在庫をかかえるだけならまだしも借金をしてしまう場合もあるため、ビジネス初心者にはおすすめできないということです。

 

今回紹介したビジネスの中では転売がこの仕入れが必要なビジネスに該当するので、もし転売をしたい場合は在庫の管理に注意するようにしましょう。

どうしても転売をしたい場合はしょうがありませんが、可能ならWebライターやブロガーといった在庫を抱えないビジネスをおすすめします。

 

初期投資が必要な事業はやめておいた方がいい

初期投資が必要なビジネスもおすすめできません。

例えばFXや株、不動産投資などです。

 

ビジネスの初心者は失敗するのが前提です。

なぜなら経験や知識が圧倒的に不足しているから。

 

最初から成功できることなんてほとんどありません。

そのため初心者は失敗することを前提にビジネスを選択した方が良いということなのです。

 

例えばブログは初期投資が数千円程度で始められますので、失敗しても数千円を失うだけですみます。

一方、FXでは手持ちの数十万円を一気に溶かしてしまう可能性もあるのです。

 

どちらが安全かは言わずもがなですよね。

これからビジネスを始める場合はリスクの小さいビジネスから始めることをおすすめします。

 

引きこもりニートにおすすめな仕事「Webライター・ブロガー」の始め方

引きこもりニートにおすすめな仕事について解説してきました。

ここからは引きこもりニートにおすすめなビジネスである『ブロガー』『Webライター』についての詳細を解説していきましょう。

 

ブロガーの始め方

まずはブロガーの始め方について。

  1. ブログを開設する
  2. ライティングを勉強する
  3. マーケティングを勉強する
  4. 記事を書く
  5. データを確認する
  6. 記事を書きなおす

上記ステップを踏むことでブロガーになることが可能です。

 

ブログを開設する

まずはブログを開設しましょう。

この時、無料と有料のブログを選択できますが、個人的には有料ブログ(ワードプレス)をおすすめします。

 

というのも無料ブログはいきなり削除される可能性があるのです。

せっかく作ったブログを削除されたらやるせ無いですよね。

 

上記のリスクを無くすためにも有料ブログをおすすめします。

有料と言ってもせいぜい月1000円程度で運営できるので、そこまで重い出費ではないでしょう。

ブログ開設の詳細は下記の記事をご覧ください。

アフィリエイトブログの構築法のまとめ!ワードプレスでブログを始めよう!

2019.03.29

 

ライティングを勉強する

ブログを立ち上げることができたらライティングを勉強しましょう。

この時おすすめの書籍は『沈黙のWebライティング』です。

漫画形式でWebライティングのスキルを学べる良著なのでぜひ目を通してみてください!

マーケティングを勉強する

次はマーケティングを勉強しましょう。

マーケティングについてだけでなく、ブログアフィリエイトのこと全般を勉強できる本がありますので、こちらを読んでみてください。

記事を書く

勉強ができたらいよいよ記事を書いていきましょう。

参考書を読みながら手探りで記事を書いていくことをおすすめします。

後から書き直しはいくらでもできますので、どんどん進めていきましょう。

 

データを確認してリライトを行う

記事を書いた後、ページビュー数をはじめとしたデータを確認し、記事の書き直し(リライト)を進めていきましょう。

リライトは非常に重要ですので、しっかり押さえておいてください。

適切にリライトができるようになると収益が一気に伸びていきますので、ぜひ実施していきましょう。

 

Webライターの始め方

ブロガーについては説明してきましたので、第2位のライターについても最後にご紹介していきます。

  1. クラウドソーシングサイトに登録する
  2. プロフィールの設定を行う
  3. 仕事に応募してみる
  4. まずはタスク形式を攻める
  5. 実績が付いてきたらプロジェクトを攻める

 

上記ステップでWebライターになることが可能です。

より詳細なWebライターのなり方は下記をご覧ください。

Webライターとは?!引きこもりニートはみんなWebライターを目指そう!

2019.04.01

 

クラウドソーシングサイトに登録する

まずはクラウドソーシングサイトに登録しましょう。

クラウドソーシングサイトとはネットを介して仕事を受発注するサービスです。

 

大手はクラウドワークス。

個人的にはクラウドワークスをおすすめします。

 

クラウドワークスについての詳細は下記をご覧ください。

引きこもりはクラウドワークスに登録しよう!引きこもりながら脱ニート!

2018.11.05

 

プロフィールの設定を行う

サイトへの登録が完了したら今度はプロフィールの設定を行いましょう。

プロフィールの充実度合いによって仕事の受注率が変わってきますので、プロフィールは重要です。

可能であればスキルや実績をどんどんアピールしていきましょう。

 

仕事に応募してみる

プロフィールの設定が完了したら今度は仕事へ応募していきましょう。

この時仕事にはタスクとプロジェクトの二種類があります。

 

まずはタスク形式を攻める

タスク形式は単発の仕事で、報酬も安い分、審査がありません。

初心者が実績を積み上げるにはおすすめです。

タスクを数十件くらいこなしてから次のステップに進みましょう。

 

実績が付いてきたらプロジェクトを攻める

タスクを消化して実績がついてきたらプロジェクトを攻めましょう。

プロジェクトは審査がある分、報酬が高額に設定されています。

タスクを余裕でこなせるようになればスキルは十分ですのでガンガン仕事を受注していきましょう。

 

またWebライターのスキルについて勉強をしたい場合は下記の書籍がおすすめです。

ぜひ参考にしてみてください。


引きこもりニートにおすすめの仕事のまとめ

以上、引きこもりニートにおすすめの仕事ランキングと仕事の選び方のまとめでした。

 

引きこもりニートは在宅でできる仕事から始めることをおすすめします。

中でもブロガーとWebライターは一押し。

 

ぜひこの機会にWebライターとブロガーになってみてくださいね!

詳細は下記の記事をご覧ください。

Webライターとは?!引きこもりニートはみんなWebライターを目指そう!

2019.04.01

アフィリエイトブログの構築法のまとめ!ワードプレスでブログを始めよう!

2019.03.29

 

またアルバイトや派遣から始めたい場合は下記の記事が参考になるでしょう。

引きこもりが派遣ってできるの?ひきこもりでも出来る派遣先をご紹介!

2018.07.18

引きこもりニートが安心して働けるオススメアルバイト6選!働きやすい職場でコミュ障でもOK!

2018.06.16

 

最後に正社員としての就職を望む場合は下記の転職エージェントをおすすめします。

大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo

 

それでは仕事を見つけて、引きこもりニート生活に終止符を打ちましょう!

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です