「不労所得」とはなんぞや?その獲得方法まで解説!

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

インターネットが発達する前、すなわち今から20年以上前では「不労所得」なんて一般人からすると「夢のまた夢」の存在でした。

「不労所得」=「宝くじ」みたいなもので誰でも手に入れることを夢に見るけれども実際のところ、不労所得は「はるか遠い雲の上の存在」・・・

 

↑「不労所得」をえられるのは「雲の上の人」だけ・・・

 

株式投資や不動産、特許や著作物の収入などなど「不労所得」の存在そのものは知っていても手にれるには「資産」や「才能」が必要不可欠で「選ばれしもの」にしか「不労所得」は得ることが出来ないものだったんです。

 

しかし、現在はそうじゃありません。

インターネットの発達により「過去に存在しなかったビジネス」が次々と編み出されています。そしてそんな「新しいビジネス」には「特別な才能・資本がない一般人」でも「不労所得」を手に入れることが可能な物もあるんです。

 

結論から言うと「特別な才能・資本がない一般人」でも可能な不労所得を得る方法は「ブログアフィリエイト」です。と言っても、

「なぜブログアフィリエイトなのか?」というお話をするために、まずは「不労所得とはそもそもなんなのか?」というところから、説明して行こうと思います。

不労所得とはそもそも何?

不労所得のお話をしていくために「不労所得」について定義しておきましょう。以下、Wikipedia「不労所得」からの引用です。

不労所得(ふろうしょとく、英: unearned income)とは、それを得るために労働する必要がない所得のこと。労働の対価として得る賃金・報酬以外による所得を指し、働かずとも得られる収入または収入源という意味で用いられることが多い。利子、配当、賃料収入など投資による収益を指す場合や、有価証券や不動産等の権利自体を売買しその売買差益を指す場合、あるいはその両方を含める場合もある。

となっていますが、簡単に言えば「あくせく働かなくても入ってくる収入」ということです。

 

不労所得と対照的な働き方として、あくせく働いて得る収入の代表は「アルバイト」です。

アルバイトは「1時間働いたら1000円の給与」といった「労働した時間」に応じて給料が支払われる形態をさしますが、働いた時間が長ければ収入が増えることを意味するので、「あくせく働かないと」収入は増えません。

では不労所得の場合はどういう状況を指すのかと言いますと、

「労働した時間」に応じずに収入が増える形態です。

 

例えば、著作権収入がわかりやすいと思いますが、サザンオールスターズの桑田佳祐さんは楽曲の作詞・作曲を担当していますよね。

『TSUNAMI』とか『いとしのエリー』とか・・・あれらの作詞・作曲の著作者として桑田佳祐さんは「印税収入」を得る権利があります。

CDやダウンロードで音楽が販売された時はもちろんのこと、カラオケで歌われた時、テレビ番組で音楽が使用された時など、桑田佳祐さんが著作権を握っている楽曲が使用された時には「印税収入」が桑田佳祐さんのもとに入ってくるんです。

楽曲を作成したり、レコーディングをしたりと「労働」を「全くしていない」わけではないですが、一度楽曲を世に出してしまえば、あとは楽曲が使用・販売されるたびに収入が入ってきますので、桑田さん自身が働かなくても収入が入るようになっていますよね。

これが「労働時間に応じない収入」を得る方法であり、すなわち「不労所得」と言うわけです。

こういう「労働時間とその収入の関係性」を表すビジネス用語としてレバレッジ」という言葉があります。

レバレッジとは「てこの原理」を意味し、投資業界の用語で「他人の資本を利用して自己資本の利益率を高めること」と難しい本来の意味合いなんですが、転じてビジネス業界全体では「労働時間に対して大きな収入を得ることができるビジネス」という解釈をすることがあります。

すなわち不労所得(労働時間が少ないor全くないのに得られる収入)とは「レバレッジが効いているビジネス」と言えるんです。

と言っても難しくて理解しづらいと思いますので、具体的に「レバレッジ」について説明しましょう。

 

「アルバイト」は「労働時間が1」だとすると、「収入も1」しか得ることが出来ず、レバレッジが効いていないビジネス形態と言えます。

一方で先ほどの「桑田さんの印税収入」に関しては「労働時間(作詞作曲)が1」だとしても、楽曲販売やカラオケ、TVの楽曲使用などで「収入は10にも100にも1000」にもなって行きます。

桑田さんの場合では、「労働時間に対して大きな収入を得ることが出来ていますよね?

ですから「著作権と印税」はレバレッジが効いているビジネスであり、不労所得になり得ると言うわけなんです。

 

以上のことを踏まえると、「不労所得とはなにか?」というこの章の答えとして、「あくせく働かなくても入ってくる収入」と私は冒頭で説明しました、

しかしながら、本来の意味合いとしては不労所得とは、レバレッジが効いていて、少ない労働で大きな収入をあげられることということですね。

 

では不労所得がどういうものか理解していただけたと思いますので、次章では「不労所得が可能にする生活」について解説して行きます。

不労所得が可能にする生活とは?

 

不労所得とはすなわち、「労働時間に対して大きな収入を得ること」と定義しました。

すなわち、1日2時間とか3時間の労働で、日々の生活に困らない収入を得ることができればそれは「不労所得」と言えるでしょう。

不労所得を手に入れた場合、生活がどうなるのかと言いますと、毎日が日曜日」になります。

例えば、

①朝起きて、朝ごはんを食べたら2時間ほど仕事(作業)をする。

②お昼まで少し時間があるので、軽くコーヒーブレイク

③お昼になったら、お気に入りのレストランで食事

④午後は好きな音楽を聴きながらドライブ

⑤夕方になったら友人に声をかけて飲みにいくメンバーを集める

⑥そして夜になれば、美味しいお酒と料理を出してくれるお店に遊びに行く

⑦次の日も、もちろん出勤の義務はないので気がすむまで飲み明かす

なんて生活ができるようになるんですよ。

とくに「大金持ち」の生活というわけではありませんが、このライフスタイルはどうしようもなく「幸福」だと思いませんか?

不労所得の魅力的な点は「収入が多い」という”金銭的”な面以上に、「職場や上司に縛られない」という「身体的・時間的」な自由を手に入れられることなんです。

どんなに高給取りでも、忙しくて職場のストレスがかかりまくる生活は大変ですよね。

 

↑仕事に「忙殺」される人

 

医師なんて特にそうで、年収が高いのは高いんですが、日々を擦り切れるくらい、過酷な労働環境で人のために働き続けています。

もちろん医師は素晴らしい仕事ですが、金銭的には余裕があるのに、身体的・時間的な余裕がないですから「余裕がある生活」とは言えませんよね。

医師の生活に比べ、たとえ収入が医師ほど得られなくても、「不労所得」には「身体的・時間的な自由」があるために、医師よりも余裕のある生活が出来ます。

 

↑余裕のある生活

ですから、幸福度として高い人生を送りやすいのが「不労所得」の魅力なんです。

さらに、不労所得は「労働時間に対して高い収入を得る」ことなのでサラリーマンや主婦など「本業」がある人でも現状から収入を「追加」することができるって魅力もあります。

不労所得で何十万・何百万と手に入れることは大変ですが、「数万円でも今の収入より多ければ・・・」と思ったことが一度や二度は、あなたにもあるんじゃないでしょうか?

サラリーマンや主婦でも「インターネットを使ったレバレッジの効くビジネス」を利用することで、月間数万円の収入を得ることは今現在では「夢物語」ではありません。

もちろん「不労所得」を専業にすることが一番「余裕のある生活」に近づく方法ですが、まずは「副業」として不労所得を得るだけでも人生の豊かさは大きく違うと思います。

例えば月に「3万円」でも副業として「不労所得」があったとすると、

・月に一回、回らない寿司屋に家族を連れて行く

・給料ではなかなか出来ない趣味への投資(ゲームとか音楽とか)

・奥さんに隠れて「夜のお店」にこっそりと遊びに行く

なんてことも毎月できるようになるんですよ。

「不労所得がない時」に比べると、「不労所得がある」だけで随分と生活に「充実感とか幸福感」があるんじゃないでしょうか?

なにも「不労所得」はお金だけをかき集める手段ではなく、「身体的にも時間的にも余裕のある生活」が手に入ると言う意味合いで素晴らしいことだと私は思います。

ここまでで「不労所得」の素晴らしさはご理解いただけたでしょうか?

それでは、「不労所得」についてもっと詳しく、「不労所得にはどんな種類があるのか」について次章で解説して行きましょう。

不労所得の種類とは?

では、不労所得について具体的にどんなものがあるのか説明して行きます。

まず不労所得には以下のようなものがあります。

①株式投資の配当、株取引の差益

②為替取引の差益

③不動産経営

④著作権、印税収入

⑤広告収入

などなど・・・

これら全てが「レバレッジが効く、労働時間に対して高い収入を得られる方法」です。

それでは1つずつ簡単にですが、説明して行きましょう

①株式の配当、株取引の差益

 

一つ目の不労所得の方法は「株式の配当と株取引の差益」です。

これは不労所得のジャンルとしては「投資」に該当します。

株とは、

企業が運営する際に必要なお金を個人(あるいは企業)から提供してもらい、

その見返りとして、株主に企業の利益の一部を「配当」という形で還元するもの

です。

すなわち、お金を使って、企業に資金援助を行うことでその見返りをもらうのが「株式の配当」です。

株式の配当を得る方法は最も理想的な「不労所得」の形態になります。

というのも、あなたが「株式の配当」を得るためにすることは「株を買うこと」だけです。

すなわち、「お金を使う」だけで「お金が自動的に入ってくる」という本当に「労働をしない」不労所得のスタイルなので、できれば最終的に目指したい不労所得の最終形態ですね。

しかし、そう簡単には行きません。

株式の配当だけで生活できるレベルの株を保有するためには数百万円〜数千万円レベルの資産が必要になってきます。

ですから、一般的な人にはなかなか難しいものなんので、なんらかのビジネスで成功した人しか手を出せないんですよ。

しかし、株は配当以外にも「不労所得」を得る方法はあります。

それは「株価」が常に変動していくことを利用して、「株価が買った時よりも高くなった時に売る」ことで利益の差を得る方法でも「不労所得」を得ることができるんです。

一般的に言われている「デイトレード」や「スイングトレード」なんて呼ばれている短期的に株を取引することで利益をあげる方法です。

 

この方法では知識とスキルがあれば、配当をコツコツ得るよりも大きく利益をあげることができることも・・・

しかし、同時にめちゃくちゃなリスクも孕んでいます。

株を取引する際に、必ず「儲けを出せる」保証なんてどこにもありません。

しかも利益をあげるためには数十万円から数百万円を取引にかけて行く必要があるので、失敗した時のダメージがとんでもないんですよ。下手したら樹海に行く羽目にも・・・

ですからなんにせよ、株に関する「不労所得」は資産が多い人が手を出すべきものなので、一般人が軽い気持ちで手を出すべきではないものってことですね。

②為替取引の差益

 

二つ目の方法も投資のジャンルですが、「為替取引の差益」を利用するものです。

最近、流行しているFXなんかがそうですね。

世界各国の通貨の価値は世界情勢によって変動していくので、その変動を読み、為替の取引を正確に行うと、通貨をやりとりするだけで利益をあげることが出来ます。

一見、簡単そうに聞こえますが、世界の通貨の価値の変動を常に監視し、秒単位で取引を行なって行く必要があるので、かなり精神的にしんどいのが現状です。

しかも、一度の取引で本当の意味での「レバレッジ(他人の資本を利用すること」を利用して高額取引を行うことができるんですが、利益も大きい反面、失敗した時のリスクが非常に大きいのが特徴。

こちらも株取引の差益を利用するのと同様で、成功の利益に対して、失敗のリスクが大きすぎて、

安全に取引を行うにはそれなりの資本が必要です。(数百万円〜数千万円程度)

この為替取引の差益を利用するのもやはり一般人が手を出すべきではないと思います。

③不動産経営

 

さて、引き続き投資系のジャンル「不動産経営」ですが、こちらも一般人が手を出すべきではありません。

投資は基本的に資産がある人が行うべきものなので、いくらノウハウとかツールを使ったとしても安全に「不労所得」を得るためには資産がないと手を出すべきではないんです。

一応説明しますと、マンションなどの不動産を所有し、家賃収入などから「不労所得」を得る方法です。

もちろん、マンションを購入しないといけないわけですから、一般的な個人が簡単に手を出せるわけもないですよね(笑)

④著作権、印税収入

 

4つ目の不労所得の方法「著作権、印税収入」

この方法は記事の冒頭でもお話しましたが、作詞・作曲や絵画、小説などの著作権が発生する創作物から生じた「印税収入」を得る方法です。

この方法は投資系の不労所得とは異なり、特別大きな資産がなくても獲得できる可能性があります。

・・・しかし、はっきり言えば投資よりも難しいジャンルと言えるでしょう。

なぜなら、著作物で印税収入を得るためには特別な才能」「並外れた努力」「幸運」が必要になってきます。

ミュージシャンや、小説家、漫画家は星の数ほど存在しますが、印税収入で生活できる人はテレビに出られるような「ごくごく限られた存在」です。

彼らは、もちろん努力を怠ってはいませんが、なによりもその上に「才能」と「幸運」も持ち合わせていました。

いくら歌が上手かったとしても、その辺の一般人が歌を歌ったところで「お金を払いたい」と思う人はほとんどいません。

印税で生活できるレベルの作品を生み出すことはお金持ちになることよりも難しいんじゃないかと思います。

ですから、「不労所得が欲しい」って軽い気持ちで歌を歌ったり、絵を書いたりするのは「現実的ではない」でしょう。

⑤広告収入

 

前置きが長くなりましたが、不労所得を得る方法の⑤として「インターネットでできるレバレッジが効くビジネス」である、「広告収入」について解説していきましょう。

具体的な方法としては

  • 「アドセンス」企業の広告を大勢の人に見てもらうお手伝い=集客代行
  • 「アフィリエイト」企業の商品の販売を代行する=販売代行

以上の2種類が存在しています。

この方法では、ブログや動画サイトの動画は基本的にはインターネット上に残りつづけます。

ですので、一度作成したコンテンツはあなたが寝てても遊んでいてもインターネット上であなたの代わりに働いてくれるわけです。

そのためサイト構築や動画編集といった労働に対して、収益はコンテンツ依存なので「レバレッジ」が効くってことなんですね。

この方法は、特別な資産や特殊な才能がなくてもブログサイト構築をコツコツとやることすなわち「労力」をかけることが重要なので、どんな人でも挑戦が可能な「不労所得」のジャンルなんです。

不労所得を得るために「投資・株」は簡単?

さて、「不労所得」についていくつか解説してきましたが、「投資・株に関しては、資産を持たない一般人が手を出すべきではない」と、結論としては言えるでしょう。

やはり、資産をそれなりに持っている人がリスク管理をしながら少しずつ利益を出すのが、本来の投資の姿と言えます。

一般的な個人が無理に投資に手を出すのはリスクの管理が十分にできないために、ハイリスクなギャンブルと言えるんではないでしょうか?

最近は少額でも挑戦できるFXが流行っていますが、やはり、利益を出すために「ハイレバレッジ」と言い、他人の資本を使い取引をする方法は危険にもほどがあるので、もし、「不労所得」=「投資」と思っていたなら、今すぐにやめたほうが無難かと思います。

不労所得を得るためにはブログが安全かつ確実

↑アフィリエイトブログは安全かつ確実

投資は危険というお話をしましたが、著作権についても不労所得を得る方法としてはオススメできません。

投資は「失敗した時のリスクが大きい」という理由でやめておきましょうと言いましたが、著作物系は、そもそも一生をかけて努力したところで「売れるかどうかがわかんない」ことです。

やはり、芸術の世界は狭き門で、努力だけでなく、「才能」「幸運」が必要になってきますから、成功確率が低すぎるので挑戦に値しないんじゃないかと思います。

そこで、最終的に挑戦すべき「不労所得」を得る方法はブログアフィリエイト」でしょう。

 

ブログアフィリエイトは自身のブログで他者の商品を紹介・販売する方法なので、お金をほとんど使わずにビジネスを続けることができます。

しかも、ブログは記事数とブログの更新日数が多くなればなるほど、検索エンジンから「いいサイト」と評価を得ることができるので、「努力が物を言う」業界なんです。

すなわち、ブログアフィリエイトは投資の業界に比べて失敗時のリスクが少なく、著作物系に比べると「努力でなんとかなる」ことから、一般的な人でも「頑張れば」不労所得を高確率で手に入れられるビジネスということですね。

余談として、前章でインターネット広告収入について「アドセンス」「アフィリエイト」があると説明しましたが、なぜアフィリエイトの方を紹介しているのかと言いますと、アドセンスの性質が「不労所得」向けではないからです。

 

アドセンスは企業の広告に大勢の人を集める「集客代行」であると言いました。クリック単価が数十円単位であるために大勢の人を集め続ける必要があり、不特定多数の人を集めてくる必要があります。

ですから、多くの人が興味を持つような「トレンド」や「最新情報」をブログに”投稿し続ける”必要があるんです

すなわち「アドセンス」を利用する方法では、記事をいつまでも「高頻度で更新し続ける必要がある」ので、「不労所得」とは言えないんじゃないかと思います。

一方でアフィリエイトは、単価が高く(場合によっては1万円とかも・・・)特定の商品に対する「広告や紹介」を行うことで、少ない人でも購入してもらえば十分な収益を上げることができるんです。

ですから、ブログアフィリエイトの場合は記事更新を高頻度で行う必要はあまりなく、高品質な記事を週に1回、月に1回でも十分な利益を維持できることにもなるんですよ。

2chまとめブログは不労所得を得ることができる?

ブログアフィリエイトが「不労所得」を得る方法として最も「安全かつ確実」と前章でお話しましたが、最近よく目にする「2chまとめサイト」でも「不労所得を得られるのか」ということについて触れておこうと思います。

結論から言いますと、2chまとめサイトで「不労所得」を得ることは難しいでしょう。

というのも、「2chまとめサイト」はアドセンスで収益を上げるビジネスです。基本的に面白い2chのスレッドをまとめることで集客し、広告を見てもらうものなので、「記事更新をひたすらする」必要があります。

「労働時間」を短縮することが難しいので最終的にブログアフィリエイトほど「不労所得化」はできないでしょう。

一方で、アフィリエイトは「販売」しないといけないので、コピーライティング(文章を書く)スキルが必要になってきます。

『人を操る禁断の文章術』メンタリズムの虜になる本!

2018.08.03

2chまとめサイトはツールを使えばサクッと作成することが現在ではできるので「とにかく副収入が欲しい」という目的ならば一種ありかもしれません。

不労所得を得るためにやるべきことは

ここまでのお話をまとめますと、「不労所得」があると、金銭的だけでなく、時間的にも身体的にも自由を得ることができます。

しかし、不労所得を手に入れる方法で「投資」と「著作権」に関しては「大資本」と「才能・努力・幸運」がそれぞれ必要なんです。ですから一般的な個人が手をだすには現実的ではないでしょう。

そこで、個人がすべき「不労所得」の得方はインターネット上で広告を取り扱うビジネスです。

その中には「アドセンス」「アフィリエイト」がありますが、「アフィリエイト」を私はオススメします。

アドセンスはひたすらアクセスを集めないといけないビジネスですが、アフィリエイトはある程度のレベルまでブログを構築できればそれなりに放置でも収益を上げることができるので「不労所得」に近いんじゃないかと思います。

さらにアフィリエイトはリスクが少なく、「努力が物を言う」ビジネスですので、「不労所得が欲しい!!」と思っているなら、ブログアフィリエイトを今すぐ始めましょう!

もし、この記事を読んで、

「もっと不労所得について知りたい!」

「ブログアフィリエイトの詳しいやり方は?」

などなど、ご質問やご要望がありましたら

お気軽に、以下のお問い合わせフォームからどうぞ!

お問い合わせフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です