引きこもりのあるある6選!その対策まで解説!

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

今回は引きこもりの「あるある」についてお話ししていきます。
私と同じような引きこもりの方に「あるある!」と共感していただければ幸いです。

引きこもりの方に共感してもらい、その対策までお話ししますので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。
それでは早速、この記事における引きこもりの定義からお話して行きましょう。

引きこもりの定義

まず、この記事における引きこもりとは「無職で家に引きこもっている引きこもりニート」としておきます。

というのも、引きこもりの中にも僕のように在宅ワークをしている人いて、あるあるに合致しないことが結構あるからです。

というわけで今回は「引きこもりニートあるある」と認識してもらって大丈夫です。
さてそろそろ、引きこもりあるある6選についてお話して行きましょう。

引きこもりあるある6選

引きこもりには以下のようなことがありがちです

  • 昼夜が逆転する
  • 声が出なくなる
  • 外に出ると体力が一気になくなる
  • 土日に安心する
  • 風呂に入らなくなる
  • 買い物は全て通販になる

以下、各項目をご紹介して行きましょう。

昼夜が逆転する

まず引きこもりはいつでも寝ることができますから、眠くなったらいつでも寝られます。
これが会社員とかだとそうはいかないんですが、引きこもりは自由の身ですから、昼間から寝放題です。

その結果、引きこもりはしょっちゅう昼夜逆転の生活となってしまいます。
もちろん昼夜逆転の生活が体にいいわけがないので、不健康になるまでがワンセットのあるあるです。

土日に安心する

土曜日と日曜日がなんとなく安心することってありませんか?
世間が休日だからこそ自分が家にいても大丈夫なんて気持ちになるというアレです。

平日の精神的圧迫感に比べると格段に土日は楽ですよね。
しかし、年末年始や盆といった長期休暇は話が別です。

なぜなら親戚が家にやってくることが多いから。
親戚に顔見せろとか言われたら最悪です。

下手すると籠城戦になることもありますよね。
引きこもりには土日くらいの周期的な休日で十分なのです。

できれば休日もそっとしておいてほしですよね。

声が出なくなる

また、引きこもりは人と会話することがなくなりますので、声を出すことが苦手になります。
特に声帯周りの筋肉が弱くなったせいなのか、通る声が出なくなるのです。

そのため、家族などと会話することがあったとしても「え?」と聞き返されることが多いでしょう。
そうなってくるとより会話をしたくなくなりますので、余計に引きこもりが重症化してしまいます。

気持ちはすごくわかります。
僕もヒキニートの時代はそんな感じで声がほとんどでなくなりました。

コンビニでも行こうものなら、店員さんに「ファミチキください」を言えなくなりますからね。

外に出ると体力が一気になくなる

また、コンビニなど、引きこもりでも外に出るシーンは多少はあるかと思います。
しかし、その際異常に体力を消費し、バテることに気付きますよね。

体力が極限まで減った状態での外出は歩くだけでも困難です。
しかも自動販売機ならいいんですが、コンビニやスーパーなどのレジに行くのも一苦労ですよね。

なんせ短いながらも会話しなきゃいけませんからね。
精神的にも身体的にもバテるのが引きこもりです。

風呂に入らなくなる

不衛生になるのも引きこもりのあるあるです。

人と会わないならお風呂や身だしなみに気をつける必要はありませんから、お風呂に入ることも少なくなるでしょう。

特に自分が汚れても文句を言う人も迷惑をかける人がいないなら面倒なお風呂に入る必要なんてないですよね。

そう思い、引きこもりはお風呂に入らない人が多いです。
また、お風呂に入る時家族と会話する必要がある場合もあるので、それが嫌でお風呂に入らないこともあります。

なんにせよ、引きこもりは髪が長くなり、お風呂に入らないので不潔な印象を他人に与えがちです。
とは言っても他人と会う機会なんてほとんどありませんから、別に問題はないんですがね。

買い物は全て通販になる

先ほども言いましたが、買い物するときにレジを利用するのが引きこもりには苦痛です。
そのためどんな些細な買い物もamazonを中心とした通販になるのはしょうがないことでしょう。

お金はお小遣いしか収入源はありませんので大した買い物はできませんが、買い物をする際は通販です。

もし大きな買い物(ゲームハードなど)をしたいときは両親との熾烈な会話合戦を繰り出す必要があるのも引きこもりあるあるですよね。

引きこもりあるあるに対する対策

それでは以上の引きこもりあるあるに対する対策を一つずつ解説して行きましょう。
まずは昼夜逆転に対する対策です。

昼夜が逆転するへの対策

昼夜逆転生活の対策は、在宅ワークをすると改善することができます。

というのも、在宅ワークではクライアント(依頼主)とのコミュニケーションを取る必要がありますので、昼夜逆転生活をしていると、仕事がうまくいかなくなります。

もちろん電話ではなくチャットでのやりとりですから気負う必要はありませんが、時間の感覚は身につくでしょう。

在宅ワークにおすすめなのはクラウドワークスやランサーズです。
これらのサイトに登録し、在宅ワークをすることでお金も稼げて、昼夜逆転も解決できる一石二鳥。

土日に安心するへの対策

土日に安心するの対策も在宅ワークで解決します。
平日は在宅ワークを行なって、休日はお休みを取ればいいのです。

そうすることで、平日家に引きこもっている精神的圧迫感は一切なくなります。
むしろ一般的な生活をしている人よりも余裕を持って仕事ができる分精神的に楽になるでしょう。

声が出なくなるへの対策

声が出なくなるの対策は「一人カラオケ」がベストです。

「いや恥ずかしいし」「歌とか下手だし」と思うかもしれませんがカラオケ店員はそんなこと気にしません。

しかも一人で歌う分には下手でも全く誰にも迷惑をかけませんからね。
好きなアニメの主題歌をオク下で自由に歌うとかでも十分楽しめると思いますよ。

そうやって一人カラオケをすることで、声を出す筋肉が鍛えられて、発声も改善されることでしょう。

外に出ると体力が一気になくなるへの対策

外に出ると体力がなくなる場合は趣味を「深夜のウォーキング、ジョギング」にしてみてはいかがでしょう。

深夜なら人に会うこともありませんし、落ち着いて歩いたり走ったりすることができます。
深夜の散歩、ランニングは夏でも涼しくて気持ちいいですよ!

最初は体力がないから歩くところから始めるのをおすすめします。

風呂に入らなくなるへの対策

お風呂に入らなくなるの対処法は一度趣味を上記のウォーキング、ランニングにしてみることをお勧めします。

というのも人は汗をかけば自然とお風呂に入りたくなるからです。
軽く歩いて汗をかいてシャワーを浴びると気持ちいいですよ!

そうやって毎日「歩く」→「シャワー・お風呂」を繰り返していると自然と清潔な体になって行きますからね。

買い物は全て通販になるへの対策

この通販になるも、在宅ワークをすれば万事解決です。
なぜなら、収入がある以上、買い物は自分のポケットマネーからすればいいのです。

もう親にお願いしてお金を出してもらう必要はありません。

僕がニートから脱出したときは完全な素人から二週間で5万円稼いだので、PS4を買ってお釣りがくるくらいでした。

やっぱり自分で稼ぐのは気持ちよく買い物ができるようになりますよ!

引きこもりあるある6選のまとめ

以上、各引きこもりあるあるとその対策方法でした。

対策方法をまとめると以下のようになります。

  • 在宅ワーク(昼夜逆転、土日に安心、買い物が通販)
  • 一人カラオケ(声が出なくなる)
  • ウォーキング、ランニング(体力低下、お風呂に入らなくなる)

上記の対策を行うことで引きこもりでも精神的にも身体的にも健康な生活が可能です。

また、在宅ワークをするならWebライターの仕事がお勧め。
誰でも簡単に文章を書くだけでお金を稼げるので、引きこもりニートにぜひおすすめしたい働き方です。

「文章力に自信がない」「作文が苦手」そういった場合は以下の本を読んで文章の勉強をしてみてください。

『人を操る禁断の文章術』メンタリズムの虜になる本!

2018.08.03

『新しい文章力の教室』大人の読書感想文【レビュー】

2018.07.18

きっとあなたの力になりますよ。

引きこもりのあるある、心苦しい一面もあるかと思いますが、しっかり対策すれば全て解決する内容です。

一歩一歩前に進んでいきましょう。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です