フィードバックがブログ・ライティングで重要!その理由を解説!

ネットビジネスを行う上で、「ノウハウコレクター」という状況に陥ってしまう人が非常に多いですよね。

 

多くの人が勘違いしてしまっているんですが、「ノウハウさえあればネットビジネスは成功する」というのは大きな間違い。

 

ノウハウはもちろん重要なんですが、そのノウハウの効果を最大限発揮するためには「フィードバックを得られる環境を整えること」こそが、必要不可欠になってくるんですよ。

 

このフィードバックという存在を疎かにしていることがノウハウコレクターの原因といっても過言ではありません。

 

そこで、今回はこの「フィードバック」というものについて解説を行なっていこうと思います。

 

そもそも「フィードバック」とは?

 

「そもそもフィードバックってなんなの??」ってところからまずは解説していきましょう。

 

フィードバックとはなんらかの学習をする際に、「指導・実行・確認・修正」という一連の流れを繰り返すことです。

 

  • 指導とは、メンター(指導者)から作業のやり方を教えてもらうこと
  • 実行とは、実際にあなたがメンターの指示通りに作業を行うこと
  • 確認とは、メンターがあなたの作業を「ちゃんとできているか」確認すること
  • 修正とは、あなたの作業の中で「不十分な部分」をメンターが改善すること

 

それぞれの言葉の意味は以上のようになります。

 

すなわち、何らかの学習を行う際に、「まずはメンターの指示を仰ぎ、実際にやってみて、メンターにできたかどうかを確認してもらいだめだった所は修正してもらう」という流れのことを「フィードバック」というわけですね。

 

「フィードバックがなぜ重要なのか?」

 

ということについてですが、基本として何か新しいことを学習する際、「ノウハウ通り完璧に実施することは一人ではできない」からなんですよ。

 

というのも、ノウハウを初めて実践する人からすると「ノウハウを完璧に実施しているつもり」でも、メンターからすると「全く的外れなことをしている」なんてことがざらにあるからなんですね。

 

メンターをしっかりとつけた上で、ノウハウの実施の仕方があっているかどうかを判断してもらえる環境すなわち「フィードバックの環境」を整えておかないとノウハウの学習効率が著しく低下してしまいます。

 

そのため、ノウハウ手に入れたのに十分な成果が出せずに、「ノウハウが悪かった」なんて的外れな結論にたどり着いてしまい「新しいノウハウを手に入れよう」という発想からノウハウコレクターという深みにはまっていってしまうんですね。

 

そういった意味合いでノウハウが重要なことに変わりはありませんが、それ以上にフィードバックの環境は最優先で整えるべきという話になります。

 

フィードバックの具体例

フィードバックの概要とその重要性について説明しましたが、具体例を出しておかないといまいち理解しづらいと思いますので、身近な例で「フィードバック」について説明しておきます。

 

例として「野球でホームランを打ちたい!」という思いで練習をするとしましょう。

 

フィードバックが無い状態でホームランを打つ

 

この条件で「フィードバック環境がない状態」とは、「ホームランの打ち方!」なんて書籍を購入し一人で黙々とバットを振りつづけるような状態を指します。

 

たった一人だけで練習をしていますので、いくら優良な書籍を持っていたとしても、「本当に正しいフォームでバットが振れているか?」「バットを振るタイミングは正しいのか?」といった事柄を自分一人で判断する必要があるんですよ。

 

こういった状況で勝手な自己判断を続けていると、「やり方・方法はわかるけど、実際にやるとなると上手くいかない」なんて頭でっかちな状態になっていきます。

 

この記事を読んでいるあなたも「ぎくり」としたかもしれませんね。この心理状態こそ「ノウハウコレクター」の考え方・発想なんですよ。

 

「ホームランの打ち方」という書籍を参考に一人だけで作業を進めていくと「フィードバック環境」がないために、自分がやっていることが正しいかどうかを判断してもらえません。

 

そのため、「知識はあるのに、実際はできない」という状況に陥り、いくらバットを振ってもボールは思い通りに飛んでいかないんです。

 

フィードバック環境を整えないことには、「学習効率が非常に悪くなってしまう」

ということがわかるんじゃないでしょうか?

 

フィードバックが有る状態でホームランを打つ

 

では逆に「ホームランを打ちたい!」という思いで練習するとして、フィードバック環境が整っている状態とは「監督・コーチ(メンター)がついて、練習を見てくれている状態」を意味します。

 

あなたが監督から教えてもらったバットの振り方を実践した際に、「正しく実践できているか?」を監督は確認してくれますし、方法が正しくないときは「こうした方がいい」とやり方を修正してくれます。

 

この「監督がいてホームランの打ち方を教えてくれる状態」は、解説した「指導・実行・確認・修正」のプロセス全てが存在していますよね。

 

すなわち「フィードバック環境がちゃんと整っている」と言えるんですよ。

 

実際、「監督がいない野球チーム」はプロ野球の業界には存在しません。

 

それだけ監督がいることによる「フィードバック環境」には重要性があり、

フィードバック環境が無いと効率的な学習ができず、試合に勝つことが出来ないからなんですね。

 

野球を例に挙げて説明してきましたが、スポーツも勉強もビジネスも本質は全て一緒で、新しいことを学習するためには「フィードバック環境を整えた上でノウハウの実践をしていく」ように心がけていきましょう。

 

しっかりとフィードバックの環境を整えることで、ノウハウの学習効率が向上し、1つのノウハウで十分な成果を上げることができるようになります。

 

そうなってくると、新しいノウハウを次々購入する必要がなくなるので、ノウハウコレクターから脱出することができますよね。

 

 

「そうはいってもお金無いからコンサルは無理だよ!」

 

と思われるかもしれませんが、もっとお金をかけずに最低限のフィードバック環境を用意することはできるんです。

 

その方法とは、ツイッターなどのSNSであなたの尊敬する人をフォローすること。ツイッターでガンガンあなたのメンターになり得る人に絡んでいきましょう。

 

そしてその人のテクニックや考え方をがっつり真似していくことで、メンターの役割を果たしてくれます。

これで最低限のフィードバック環境を作ることができます。

 

もしそのメンターが有料コンサルを実施しているならそこに参加するのもありでしょう。

なにはともあれ、あなたのメンターを見つけることが一番重要ですから。

 

最後に

以上、メンター・フィードバックが重要というお話をしてきました。

メンターなくしてネットビジネスの成功はありえません。

 

それはアフィリエイトでもブログでも、ライターでも同様です。

かならずメンターを見つけてちゃんと学びながら勉強をしていきましょう。

 

そうすれば必ず成功が待っていますから。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です