ブログアフィリエイトにおいて「時間」以上の資産は無い!

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

 

アフィリエイトを行うにあたって最も重要なことは「自分のサイト・ブログから商品を販売する」ことですよね。

 

よっぽどニッチなジャンルを選ばない限りは、基本的には似たようなジャンルの「ライバルサイト」が存在しますので、そのライバルサイトに対して十分な差別化をしないと顧客の取り合いに勝てないわけですから収益も上がってきません

 

すなわち「差別化=アフィリエイトの成功」と言っても過言ではないんですよ。

 

ではそもそも、「どうやって差別化していくのか?」というお話を本記事ではしていこうと思います。

 

もし、アフィリエイトをしているけど「なかなか収益が上がらない」という悩みをあなたが抱えていましたら、役立つ記事だと思いますので、じっくりと読み進めていただけたらと幸いです。

 

「時間」をかけることは誰でもできる差別化

 

差別化の方法は多岐に渡りますが、単純なものをあげるとするなら、「時間をかける」「実績」「資格」の3種種類が考えられます。(最も本質的なのは”総合的な実力”なんですが・・・)

 

ただ、これらの差別化方法の中でも「時間をかける」ことに関しては、特殊な技術や経験が必要なく「誰でもできる差別化」の方法です。

 

とにかく時間をかけて

「1記事でも多くサイトのコンテンツを積み上げていく」

といった差別化の方法です。

 

例として、記事のレベルが同じサイトでも、「100記事あるコンテンツの豊富なサイト」と、「2〜3記事しかない小さなサイト」どちらのサイトから商品を買いたいと思いますか?

 

もちろん、情報量が多いサイトの方が信頼できて商品を買いたいと感じますよね。

 

イメージでは品揃えが非常に豊富なAmazonと、あなたの家の近所の個人経営の小さな電気屋さんでは、欲しい商品はAmazonにあることが多い・・・みたいなことです。

 

アフィリエイトでも同じことで「多くの情報を掲載しているサイト」の方が「記事数が少ないサイト」に比べ、実際のところ、読者の役に立つことが多いので収益があがりやすいんですよ。

 

そういった「人の役に立つサイト」をグーグルなどの検索エンジンも高く評価する傾向にあり、「記事数が多く、サイト運営年数が長いサイト」は各検索エンジンで上位表示される傾向にありますよね。

 

我々がなんらかの語句を検索したときに一番上に表示されるサイトはどれも情報量が多く、老舗と呼べるサイトばかりなのはそのせいなんです。

 

ですから、「時間をかけてコンテンツを積み上げる」ことは「差別化」として十分に機能することに加えて、技術や経験を必要としない「誰でもできるも」のなんですよ。

 

「時間」以外の差別化は誰でもはできない

さて、「時間をかけることでコンテンツを充実させる」以外の差別化方法に関してなんですが、先ほど触れた「資格」「実績」でも差別化することはできます。

 

例として、資格とは「医師免許」や「公認会計士」といった国家資格などで、実績とは「過去に株式投資で月収1000万円を超えたことがある」なんてものですね。

 

資格と実績があることで、ライバルサイトと同じくらいの規模でも「専門性」と言う面で差別化を行うことができます。

 

たとえば、あなたが頭痛くて「頭痛薬」を探しているときに、その辺の一般人に「この薬よく効くよ」とオススメされるのと、医師に「この薬はよく効くよ」とオススメされるのではどちらが信用できますか?

 

もちろん「専門家の意見」である後者の意見を信用したくなりますよね。

 

サイト・ブログアフィリエイトどちらでも、商品に関する専門性をアピールすることができれば、同じぐらいのサイト規模でも差別化することは可能なんですよ。

 

もしあなたが「特殊な資格を持っている」とか「実績がある・ある分野で有名人だ」なんてものがあるなら、アフィリエイトの差別化という点で利用しない手はないです。

 

ただし、「資格・実績」は”持っていさえすれば、非常に有用”な差別化の方法ですがほとんどの一般人はそもそも持っていないですよね・・・

 

アフィリエイトで収益をあげるために差別化したい

試しに国家資格とったり、株で成功したりしよう!

 

というのはいささか難しいというか現実的ではないです。

 

アフィリエイトでの差別化で資格や実績を利用するのはすでに所有している人以外では適応できないものです。

 

資格取得に時間と労力を割くくらいなら、初めからサイトのコンテンツ構築に時間をかけていった方が差別化としては早く結果を出すことができるでしょう。

 

ここまでをまとめますと、差別化にはいろんな方法があるんですが、多くの差別化の方法で「特殊な経験や技術・実績」が必要となってくるので、アフィリエイトのためにそれらを取得するのは難しいことなんです。

 

一方で「時間をかける」ことは本当に誰でもできるので、「とにかく時間を作ってコンテンツをひたすら構築していく」ことだけに集中した方がアフィリエイトの成功率は高いと言えます。

 

しかし、そうなってくると「仕事が忙しいから、他人より時間をつかってブログ書くの無理なんだけど」と誰もが思うと思いますよね。

 

実際のとこ、アフィリエイトにおいて最も重要な問題がそこで「どうやってサイト構築に使う時間を捻出するか?」という課題を解決できず、多くの挑戦者がこの業界を去っていきます。

 

そこで、私が実際に実行していた「時間の作り方」を次章では解説していきましょう。

 

時間を生み出す方法

時間の作り方は大まかに2つの方法があります。

 

結論から申しますと、

「目的のない事柄を今すぐに辞める」

「2つの事柄を同時に進めていく

以上の2つを私は実践することで作業時間を生み出していました。

 

この2つを意識して生活を少しずつ変化させていくだけで、1日1〜2時間は平気で確保できるようになっていきます。

 

それでは1つずつ解説していきましょう。

目的のない事柄を今すぐにやめる

↑スマホでの暇つぶしをやめましょう

 

まず、わかりやすいところからいきますと、「アフィリエイトに関係しない事柄に割く時間」をできるだけゼロに近づけていきます。

 

「もともとそんな時間無いよ・・・」

 

と思われるかもしれませんが、案外私たちは時間を”浪費”しているものなんですよ。

 

例えば、

  • 朝起きて何の気なしにスマホを数分間眺めていませんか?
  • 朝ごはんを食べながら朝の情報番組を見ていませんか?
  • 仕事から帰ってきてなんとなくテレビをつけてしまいませんか?

 

意識していないだけで、こういった事柄は1日をトータルで考えると結構な時間になります。

 

別に娯楽をなくせ!とまでは言っていません。「音楽が趣味」とか、「週末はスポーツをしてストレス発散」みたいなことはしていいと思うんです。

 

私が無くした方がいいと言っているのは「何の気なしに過ごす時間」です。言い換えれば「明確な目的の無い時間」とも言えますね。

 

  • 朝起きてスマホを眺める必要は本当にありますか?
  • ご飯を食べながらテレビを見る必要はありますか?
  • 仕事から帰ってきて本当に見たい番組があるんですか?

 

これらの問いに明確な答えが返せないなら、あなたにとってこれらの事柄には「明確な目的が無い」ので、この事柄を削除してもあなたの生活になんら影響を与えません。

 

ただ、浪費している時間なんですよ。

 

こういった「浪費している時間」はアフィリエイトに関する作業時間に変換しても本来の仕事時間や生活を圧迫するものではありませんので、簡単に捻出することができる時間となっています。

 

一つ一つは「たった十分」とかでも1日で「1時間」、1ヶ月で「30時間」、1年で「360時間」ですよ。

 

この浪費している時間を削除していないライバルに比べれば、これだけ多くの時間をアフィリエイトに充てているので、「十分な差別化になっている」と言うことなんです。

2つの事柄を同時に進めていく

↑運転しながらアフィリエイト!

 

さて次の時間の作り方ですが、「2つの事柄を同時に進めていく」です。

 

先ほど紹介したことは、「無駄をなくすこと」がメインでしたが、今回はそこからさらに時間を捻出する方法になります。

 

アフィリエイトの作業は何もカチカチとキーボードを叩いて記事を作成することだけではありませんよね。

 

書く記事のネタ・アイデアを考えたり、文章の構成を練ったりと記事を作るための準備には結構な時間がかかります。

 

そこで、アフィリエイトの作業の中でも、アイデアを考えたり、文章の構成を考えたりすることはパソコンを前にしないとできないわけではなく、やり方を工夫すれば生活の中の作業と平行していくことができるんですよ。

 

生活の中でどうしてもカットできない時間・作業でも、やり方次第ではその作業と平行して「アフィリエイトの準備」を進めていくことができます。

 

私がオススメしているアフィリエイト作業と平行できる時間は「通退勤などの移動時間」です。

 

この時自家用車を利用している方は「運転中にパソコンとか使えないし・・・」なんて思っているかもしれませんが「声を発する」ことはできますよね。

 

具体的な方法としては、運転中にボイスレコーダーを利用して、アイデアを思いつくままに記録していきましょう。文章の構成とかは気にせず思いつくままで構いません。(ボイスレコーダーといってもスマホの録音機能で十分です)

 

録音したデータを仕事から帰って、改めて聞き直し文章にまとめていくだけでも、アイデアを出す時間をカットできていますよね。

 

また、電車などの公共機関を利用する場合は、音声を使えませんが、スマホやタブレットにメモしていくことで代用が可能です。

 

「アイデアを出すことくらい移動時間を使わなくてもいいんじゃ?」

 

と思うかもしれませんが、移動時間も作業をやってる人間はやらない人間と比べると使える時間に圧倒的な差が生じることは事実なんですよ。

 

やるかやらないかの2択が目の前にあった時は「迷わずにやる」ことを選択するようにしていくことが時間を生み出すことに重要な考え方になります。

 

またボイスレコーダーを使って考えをメモする癖をつけると、記事のネタが山のように蓄積していきますので基本として「記事にするネタがない」という悩みが無くなります(笑)

 

そういった意味合いでもこの「音声でメモをしていく」という癖をつけるようにしていきましょう!

本記事のまとめ

アフィリエイトにおいて「時間をかけることの大切さ、そして時間をどうやったら作れるか」というお話をしてきました。

 

時間と労力をかけてコンテンツを構築しないことには、ライバルのサイトとの差別化を行うことができずに、アフィリエイト収益を上げることはできません。

 

しかし、裏を返せば時間さえかけてコンテンツを拡大していけばアフィリエイト収益を出していくことができる証明にもなっていますよね。

 

そこで、私が今回紹介した「時間を作る方法」を実践して「ほんの少しでも多くの時間」を使って作業を進めていくように心がけていきましょう。

 

そうすればきっとアフィリエイトブログの世界で生き残ることができますからね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です