誰かの役に立つ記事を書くことが最高のSEO対策ってこと!

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

 

SEO対策とは「検索エンジン最適化」すなわち、検索結果の上位表示を狙う対策のこと

昨今のSEO対策はグーグルの技術的成長にともなってより複雑で難解なものになりつつあります。

 

ですから昔のようなSEO対策ばかりしていては今後はグーグルに評価してもらえなくなってしまうのです。

これが収益を気にしないメディア運営、ライター業なら別にどうってことないんですが、収益を気にする場合はかなり重要なお話になってきますので、じっくり読み進めていただければと思います。

 

ブラックハットSEOが通用しなくなってきた時代

過去は被リンクや大量の文字数を稼ぐことによる簡単な手法で検索結果の上位表示、すなわちブラックハットSEO対策ができていました。

しかし現代ではそういったスパム的行為による自作自演はグーグルに看破され、ペナルティの対象になってしまいます。

 

ペナルティを受けると検索結果の外側にほっぽり出されてしまうので、結果的に収益が少なくなります。

また、あまりにも悪質な場合はアドセンスの権利剥奪なんてのもありますので、注意が必要ですね。

 

あ、ただ被リンクや文字数が重要なのはいまだに変わってませんよ。

重要なのは自作自演の効果がダメって話ですから。

 

現代でも被リンクが多い、文字数の多いコンテンツは高く評価されますので、そこは勘違いしないようにお気をつけください。

これからのSEO対策はコンテンツでの勝負になる

では今後のSEO対策で重要なことって何?って話なんですが、ずばり「コンテンツ勝負」になってきます。

どれだけキーワード選定に気を使おうともそれは小手先のテクニックにすぎません。

 

見出しにキーワードをいくら盛り込もうと、読むに値しないコンテンツを作成することはSEO対策の観点から見れば役に立たない記事となるのです。

 

ですから、我々ブロガーやライターは読まれる、読むに値する記事を作成する必要があり、それこそ本質的なSEO対策ってこと。

グーグルが提唱しているコンテンツも網羅性と専門性があって人の役に立つコンテンツと定義していますからね。

 

これからは人の役に立つ記事を書くことこそ最も重要なSEO対策ということなのです。

どういったコンテンツを作成すべきか

読者のニーズに応える記事を執筆する必要がある(四つの学習タイプに訴求する)

四つの学習タイプをご存知でしょうか。

 

なぜタイプ

物事の理由やメリットがわかれば行動できるタイプ

営業マンなどが向いているタイプ

 

何タイプ

物事の詳細や根幹がわかれば行動できるタイプ

大学教授や研究者に向いているタイプ

 

どうやってタイプ

物事のやり方がわかれば行動できるタイプ

日本人に最も多いタイプでサラリーマンタイプとも呼ばれます。

 

今すぐタイプ

とにかく行動をすぐに起こすタイプ。

ケーススタディが得意な代わりにマルチタスクで失敗することも多い傾向にあります。

起業家や実業家に多い種類です。

 

以上のような、「なぜ」、「何」、「どうやって」、「今すぐ」の四種類のタイプが人間にはいることが知られています。

記事を書くときはこれらの四つの学習タイプの人々に訴求するように記事を書くことが重要と言われています。

 

まずメリットを示し、なぜタイプに訴求し、次に詳細を示し何タイプに訴求

その後やり方を説明しどうやってタイプに訴求する。

最後に今すぐできる行動やまとめを行い今すぐタイプに訴求。

 

といった具合の順序で記事を作成することで、全ての学習タイプの人に訴求できる記事を書くことができるのです。

ブロガーやライターには是非真似していただきたい記事の執筆方法です。

これらの4タイプに訴求できる記事が書ければおのずとアクセスも伸びるでしょうし、収益も伸びるようになってくるでしょう。

 

誰かの役に立つことが最高のSEO対策ってことのまとめ

以上、現代のSEO対策について四つの学習タイプの紹介を含めて解説してきました。

ちなみにあなたは何タイプの人でしょうか。

 

僕は「なぜタイプ」の人間です(笑)

 

ですからなぜタイプの記事を書きがちなんですが、それではSEO対策の効果が薄いので頑張ってその他のタイプの方にも訴求できる記事の書き方をしているわけです。

(訴求できているかはまた別の話ですが・・・)

 

あなたも自分のタイプを理解し、自分以外のタイプの人間から共感を得られる記事を書くことができるようになればきっとブロガーとして、ライターとして一皮むけるでしょう。

 

・・・と、駆け出しライターの戯言でした。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

それではまた!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です