引きこもりニートがamazarashiを聴くと染みるぞ・・・

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

これまでクラウドソーシングや引きこもりライターについての記事ばかりだったので、ブログらしい記事も書いていこうかなと思い、今回この記事を書くに至りました。

「amazarashi」いいミュージシャンですよねぇ・・・

特に精神病で引きこもりニートになった頃に聴いて感動したのを憶えています。amazarashiのおかげで引きこもりニートから脱出できたと言っても過言ではありません。

というわけで今回は私が好きなamazarashiの楽曲をご紹介していこうと思います。

需要があるかはわかりませんが、私の感想付きです(笑)

ちなみに有名な楽曲ばかり紹介するにわかですので、あしからず。

あと、個人的な意見ですがamazarashiは歌詞というより詩のように僕は感じるので、今後「詩」という表現をしていきます。

「月曜日」

「月曜日」は思春期特有の周りと馴染めない感覚を繊細に表現した楽曲です。

youtubeでの再生数も非常に多いことからその人気も伺えるものでしょう。

引きこもりになってしまい、自分が世界と切り離された感覚に陥ったときにこの楽曲を聴いて非常に感銘を受けました。

音楽聴いて泣いたのはこれが初めてかも。

それくらい熱量のある詩で、今でもよく聴く大好きな楽曲です。

世の中にはたくさんの人がいるけど、それに馴染めず生きるのが難しい人も多いでしょう。

しかし世の中はそれを肯定せず、社会不適合者と罵って来ます。

そんな社会から見たら弱い人間を、優しく寄り添いながら激励してくれるのがこの楽曲の素晴らしいところだと個人的には思います。

「もう一度」

この楽曲はまさに僕が引きこもりニートから引きこもりライターになるきっかけになったものです。

「アルバイトの面接ばっくれて」とか「言い訳を思案する」なんて詩はまさに自分と重なる部分もあって共感しました。

「ラスボスは絶望や挫折じゃなくて弱い自分自身だ」といった意味合いの詩を見て「マジでその通りだなぁ」と思いました。

諦めることが一番恐ろしいことで、今の僕のライター生活もいつ諦めてしまうかわかりません。

それでも、この「もう一度」を聴くことで自分を奮い立たせることができます。

今後くじけそうになったときに必ず聞きたい楽曲だと僕は思います。

「空に歌えば」

これも特にメジャーなタイトルですね。

アニメとのタイアップで書かれた楽曲とのことで色々な批判もあるのは知っています。

でも個人的には今までと変わらず、秋田さんの言いたいことをストレートに伝えた楽曲だと思います。

確かに苦しさや苦悩を訴える楽曲の多いamazarashiですが、秋田さんがいつも苦悩しているわけではありませんよね。

少しずつ成功して夢が叶いつつあるその起死回生の楽曲があってもいいと僕は思います。

「空に歌えば」は爽やかなメロディに強い秋田さんの詩が一つになって新しいジャンルを開拓したんだと僕は思うわけです。

特にMVの後半のライブ映像に切り替わる部分の「夢を叶えた」感はすごく背中を押されるような、励まされる印象をうけました。

秋田さん自身がたくさんの苦悩をしたからこそ書ける爽やかでストレートな楽曲でしょう。

「吐きそうだ」

ここからはあまりメジャーではない曲になって来ます。

「吐きそうだ」は僕の解釈では「生きる意味」を素朴に書いた楽曲だと思います。

「二日酔いで吐きそうだ」なんて思いながらも生きる我々の生きる意味ってなんだろうと素朴に思う優しさが僕の心に響きました。

生きるってなんだろう?って考えると「お金を稼ぐこと」や「美味しいものを食べること」みたいなことが頭に浮かぶのが普通の人かもしれませんが、「吐きそうだ」でそれを表現できるのが秋田さんのらしさだと思います。

引きこもりニートになって生きる意味が薄れて消えてしまいたいと思った時にこの楽曲の素朴さに救われたのを今でも憶えています。

生きることにつかれた人は是非「吐きそうだ」を聴いて見てください。

きっと優しく生きる意味を提示してくれて、自分の存在価値のちっぽけさとその大切さに気づけるでしょう。

「美しき思い出」

この楽曲もメジャーではないですが、僕の心に刻まれた思い出深い楽曲です。

引きこもりになって人生観が一気に変わった時に、過去の自分が眩しくて過去に戻りたいなんて馬鹿げたことを考えたこともあります。

そんな時に思い出を美しく思うことを教えてくれた楽曲です。

忘れたいけど忘れたくない

そんな過去と向き合うことができるようにこの楽曲はしてくれました。

今でも引きこもりをしていますが、過去の思い出は苦く感じる現在です。しかし、この曲を聴きながら過去を思い出すと苦い記憶も悪くはないなと思えるのです。

引きこもりニートがamazarashiを聴くと染みるぞ・・・のまとめ

以上、僕が好きなamazarashiの楽曲を一部ご紹介しました。

にわか選択ですが、やはり名曲揃いですので、引きこもりの方は是非今回ご紹介した楽曲を聴いて見てください。

きっと救われた気持ちになるでしょうから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です