引きこもりニートが羨ましい?ニートのメリットデメリットをご紹介!

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

ニートって羨ましい、仕事辛い」と思っている方は多いんじゃないでしょうか。

もしかしたらあなたもその一人かもしれません。

 

しかし、ニートは周囲が思う以上に辛い状況であるということはニート経験者にしかわかりませんよね。

そこで今回はニート経験者の僕が「ニートっていいものじゃないよ?」ということについてお話させていただこうと思います。

 

これからニートになりたいと思っている方にぜひご一読いただければ幸いです。

そもそも引きこもりニートとは

そもそもあなたが羨ましいと思うニート像とはどんなものでしょうか?

まずはニートの定義から解説していきましょう。

ニートとは

ニート(イギリス英語: Not in Education, Employment or Training, NEET)とは、就学・就労・職業訓練のいずれも行っていないことを意味する用語である。日本では、15~34歳までの非労働力人口のうち通学・家事を行っていない者を指しており、「若年無業者」と呼称している(wikipediaより引用)

つまりは就労も就学おしておらず、家事すらしていない若者ということです。

引きこもりニートの何が羨ましいのか

引きこもりニートを働いている人が見て羨ましく思うのはおそらく出勤しなくて済む、毎日が休日だからでしょう。

特に社畜なんて言葉が昨今使われるなか、ニートは悠々自適に生活しているように見えますからね・・・

 

しかし、ニートはあなたが思うほど楽なものではありません。

というわけで、ニートのメリットとデメリットをニート経験者の私の経験からご紹介していこうと思います。

引きこもりニートのメリット

ニートのメリットは以下のような事柄が挙げられます。

朝起きなくて良い

まず社畜の方がニートを羨ましいと思うのは「朝起きなくて良い」ことじゃないでしょうか。

毎朝早くに起きて会社に行かないといけない立場の人間からすると、何時に起きてもいいニートは羨ましく思いますよね。

実際僕がニートだった頃も昼頃に起きるなんてのはザラでしたから、ニートは朝を気にしなくて良いというメリットは確実にあります。

炊事洗濯掃除も家族がしてくれる

これは家庭にもよるかもしれませんが、定義上家事すらしないのがニートです。

僕はニート時代に多少の家事は行なっていましたが、それでも両親に任せっきりだったこともありました。

家事もしない、仕事もしない、何もすることがないニートは仕事に明け暮れる社畜にとっては恨めしいほど羨ましく思えますよね。

無収入でも食事が摂れる

ニートは両親の収入で生活していますので、収入がなくても食事をとることもできれば、お菓子を食べることだってできます。

会社で働いて自立した人間なら仕事を辞めるとその日の生活も苦しくなりますよね。

そうならないためにも会社で踏ん張って働かなければならないのに、ニートは悠々自適に自宅でのんびり生活しているわけです。

毎日が休日

また、会社勤めされている方は基本的に休日が週に1~2回しかありません。場合によっては週休がない時もあるでしょう。

しかしニートは毎日が休日です。毎日自分のやりたいことに明け暮れて、毎日好きな時間に寝て起きて食事を摂っています。

 

この毎日が休日は学生でも社会人でも憧れるライフスタイルと言えるでしょう。

 

・・・以上、ニートのメリットを抜粋して紹介しましたが、どれも良いものばかりでニートになりたいと思ったかもしれません。しかしながらニートには致命的なデメリットが大量に存在します。

そこで次はニートのデメリットについてご紹介していきましょう。

引きこもりニートのデメリット

引きこもりニートのデメリットは以下のような事柄が挙げられます。

家族の視線が痛い

ニートは悪い言い方をすれば「寄生虫」のようなものです。

親の収入を食いつぶすだけの存在ですから、当然家族からの視線は痛いものになります。

 

特に家事すら手伝わないニートはその視線が冷たいものになっていくでしょう。

病気などの理由で働けないニート以外は家族からの視線が原因でストレスを溜めてしまうことが多々あります。

友人がいなくなる

次のデメリットは友人がいなくなることです。

もともと友人が少ない人でも引きこもりニートになったらいよいよ友達ゼロになってしまいます。

 

友人がいなくても大丈夫なんて思っているかもしれませんが、話し相手がいないことの辛さは経験して見ないとわからないでしょう。

 

一度ニートを経験すると、誰でもいいから話し相手になってほしいと強く願うようになります。

人間、人付き合いがないといきていくのがとても難しいものなのですよ。

収入がないため欲しいものを自由に買えない

最も致命的なニートのデメリットは「無収入」です。

この資本主義の日本では収入がない人間はあらゆる自由を奪われます。

 

ほしいものは買えないし、行きたいところにもいけない。

自由に見えるニートも収入がなければそれは部屋に閉じこもっているだけで、何もやりたいことはできないんですよ。

 

両親からもらうお小遣いでの買い物は自分のお金ではないわけですから、使うにも気が引けますよね(気が引けないニートはすでにアウトです)

この日本で無収入というのは非常に苦しいというわけなんです。

自分の現状に対する不安感に潰される

好き好んでニートをしている人にはない感覚かもしれませんが、まともな感性ならニートはすぐに脱出したい状況です。

以上にあげた「家族の視線が痛い」「友人ができない」「無収入状態」などのデメリットがあるために、ニートは今すぐにでも脱出したい状況です。

しかし、ニート歴が長いとなかなか脱ニートへの行動が移せなくなってきますので注意が必要です。

引きこもりニートになる方法

デメリットを紹介した後でなんですが、ニートになる方法について簡単にご説明しておきます。

ただ、ニート自体オススメできるものではありませんので、あまり参考にしないでくださいね。

仕事を辞める

まずは「仕事を辞める」です。

あまりにも酷い労働環境・ブラック企業で社畜として働かされている現状をなんとかしたい時に仕事を辞めるのも一つの手でしょう。

そして次の仕事を見つけるまでニート生活を行うのも悪いことではありません。

学校を辞める・休学する

また、学生には「休学」という選択肢もあります。

学業に対してやる気がなくなったり、進路に悩んだりした場合、休学して一度ニート状態を経験してみるのも一つの手段です。

ニートをしている間に復学への意識が芽生えたり、新しい道への就活に目が向いたりするので、いい充電期間と捉えるのもありでしょう。

引きこもりニートから脱出する方法

逆に引きこもりニートから脱出する方法についても解説していきましょう。

今現状、引きこもりニートの方は必見です。

アルバイトをする

まず引きこもりニートから脱出する方法としてはアルバイトでしょう。

正社員じゃなくて大丈夫?と思われるかもしれませんが、引きこもりニートがいきなり面接を乗り越えられるでしょうか。

やはりまずはアルバイトから初めて社会経験から積んでいくのをオススメします。

起業する

またもう一つの選択肢としてなんらかの事業を起こすという方法もあります。

ニートが挑戦できる起業は情報起業などネットビジネスに関連するものが多いですが、どれも高いレベルを要求されますので、なかなかうまく行かないことが多いのが現状です。

ですからニートがいきなり企業は辞めといたほうがいいと僕の経験上思います(僕も過去に情報起業で失敗した経験がありますしね・・・)

クラウドソーシングで働く

最後の選択肢としてはクラウドソーシングで働くということです。クラウドソーシングとはネットを介した仕事の斡旋システムのこと。

在宅で仕事をしたい人と仕事を依頼したい企業を結びつけてくれるサービスです。僕もこのクラウドソーシングでWEBライターの仕事をしなら生計を立てています。

引きこもりニートにとってWEBライターは天職!その理由を解説!

2018.06.15

もちろん全くの素人でもできる仕事もたくさんありますので、引きこもりニートから脱出するのにはもってこいな仕事の仕方だと僕は思います。

クラウドソーシングで脱引きこもりニート

以上、ニートは羨ましいものではないぞ!ってお話をしてきました。

ニートに憧れる会社員の方は自分の仕事に誇りをもって仕事を続けていただければ幸いです。

ただ、あまりにもブラックなら辞めるという選択肢もあるかと。そういった場合、ただのニートになるのではなく、在宅WEBライターとしての道を進んでみるのもオススメです。

僕と一緒にクラウドソーシングのWEBライターとして働きましょう!

きっとブラック企業よりも素敵な毎日を送ることができるでしょうから。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です