ニートがいきなり起業は無謀!まずは準備から始めよう!

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

今回はニートが起業したいと思う”儚い願望”についてのお話をしていきます。

まずはなぜニートが起業をしたいと思うのか、考察していきましょう。

ニートは就活を諦めている

ニートは就職活動ができません(というかやるつもりが無い)。

なぜなら学歴と職歴に空白期間があるから。

就職できないならいっそ起業しよう」というアクティブなニートも結構いるんですよね。

 

しかし、実際問題ニートがいきなり企業するのはハードルが高すぎるので、結論から言えば「やめとけ」と言います。

ただ、ニートが企業できないのかといえばそういうわけでもないので、記事を最後まで読み進めてもらえたらと思います。

ニートが起業するならホリエモンを参考にしよう

もし、ニートが起業を考えているならYouTubeのホリエモンチャンネルを見てみるのがおすすめ。

ホリエモンはネットでは色々言われてますけど、実業家としての実力は本物ですからすごく勉強になります。

 

起業に対する考え方やアイデアの出し方などあらゆることを学ぶことができる動画ばかり。

ただ、ホリエモンの動画を見てもマインドセット(考え方)しか得ることはできません。結局最終的に何をするかを決めるのはあなたで、起業に重要なのはアイデアと資金と技術ですから

ニートが起業するならアイデアが命

まず、ニートが起業する上で最も重要なのは「アイデア」です。

例えば、ニートがいきなり芸能プロダクションを起業できるでしょうか?おそらく無理ですよね。

 

ニートには人脈もなければ技術や知識もありません。そういった人間がいきなり会社を起こすのは無謀です。

ですから、アイデアが思いついていない時点で起業の夢は絶たれたと思っても差し支えないでしょう。

ただ、アイデアがあった場合でもネックになってくるのは「資金力」です。

ニートが起業するには資金力に限界がある

ニートは自由に使えるお金がないことの方が多いですよね。

そしてお金がない以上、人を雇うこともオフィスを構えることもできません。

 

大抵の場合、こういった状態の時は銀行での融資を受けたりするものですが、ニートは社会的信用がありませんから借金することもできません。「資金力」が根本的に枯渇しているのです。

この状態では起業をすることもできないのです。ニートにはまずアイデア、資金が不足しているので起業は難しいのです。

ニートが起業に失敗するのは技術の問題

さらに、アイデア・資金が確保できていたとしてもニートには経営の技術はありません。

それどころか労働をしていないので、従業員をどう扱えばいいかもわからないんですよ。

そのせいでいくら会社を作ってもうまく軌道に乗らず、起業には失敗してしまいます。

つまりニートには起業において「技術」も不足しているから、起業はうまくいかないのです。

どうやってニートは起業すればいいのか

じゃあどうやって起業すればいいのかといえば、「アイデア」「資金」「技術」の3つを揃える必要があります。

その方法は「仕事をする」ことです。

アルバイトでも構いませんが、なんでも労働をしなければ社会の流れや動きを理解することはできませんからね。

労働をすることで、色々な人とコミュニケーションをとることで、アイデアも浮かびやすくなりますし、何より起業の資金が貯まっていきます。

もし、ニートが企業したいならまずはアルバイトから始めましょう。ニートから起業はハードルが高いですが、フリーターから起業はハードルが高くありませんので。

ニートが起業で成功する方法

ニートの起業が難しいというおお話をしてきましたが、実はニートでも簡単に起業する方法があったりします。

その方法とはクラウドソーシングを利用することによって「自営業」になる方法です。クラウドソーシングとはインターネットを介して仕事を受発注する仕組みのこと。

 

私も過去はヒキニートでしたが、クラウドソーシングを利用することで、ライターとして独立しました。

アルバイトもやりたくないと思うニートならこのクラウドソーシングはオススメです。なぜなら家から一歩も出ずに仕事ができるから。

私はクラウドソーシングでWEBライターの仕事を始めてから二週間で5万円稼ぐことに成功しました。

ニートが起業するなら、クラウドソーシングを利用した独立が一番現実的ではないかな?と僕は思います。

 

クラウドソーシングでは「技術」「お金」「アイデア」の全てを学ぶことが可能。

つまり起業に必要なものを全て準備することができるのがクラウドソーシングなのです。

ですから、ヒキニートから脱出したい場合はまずはクラウドソーシングを利用してみましょう。

ニートが起業するのは無謀!のまとめ

以上、ニートが起業するのは無謀というお話をしてきました。

金銭的にも技術的にもアイデア的にも不足しているニートがいきなり起業しても成功することはまずありえません。

 

ただ、クラウドソーシングで勉強しながらお金を稼ぐことで、起業の準備が進むことでしょう。

似た境遇の私からできるアドバイスはまずはクラウドソーシングから始めて見てください。

きっとあなたの起業に役立ちますので!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です