ニートに飽きたあなた、WEBライターになってみませんか?

 

どうもTAMIYAです。

ニートって暇ですよね。

僕も経験があるのですが、ニートは暇すぎて筋トレだったりとか楽器の練習とかしだしたりもしますよね。

それだけ暇があれば今時在宅でお金を稼げることをご存知でしょうか?

というわけで今回は在宅でお金を稼げるWEBライターについてお話していきましょう。

ニートにオススメのWEBライターとは?

WEBライターとはインターネット上にある記事を書く仕事です。

書く内容は依頼される企業や個人によって様々ですが、有名なのは「おすすめ〇〇5選」のような記事を書きます。こういった記事を一文字1円とかで書くことで報酬を得ることが可能。

完全に歩合制の仕事ですのでやればやるだけ儲かる仕事です。

僕がライターになりたての頃はハマって一日中記事をかいてました。おかげさまで最初の2週間で素人にもか関わらず5万円くらいかせいでいました。

ニートに5万円って結構な額ですよね。

この「暇をお金に変える」それがWEBライターです。

ニートでもできるWEBライターの仕事内容

具体的に仕事の内容を説明していきましょう。

まずはクラウドソーシングサイトに登録します。

大手のサイトはクラウドワークスランサーズです。

ここで仕事の受注を行います。

仕事をもらい、記事を執筆して依頼主からOKが出たら報酬が支払われるといった流れ。

非常にシンプルだと思いませんか?

 

この「仕事をもらう→記事を納品する→報酬が入ってくる」という一連の流れを繰り返すことで報酬が増えていきます。報酬は文字数や案件によって変わってきますが、だいたい3000文字で1000円~2000円といったところが相場でしょうか。

つまり10回仕事をこなせば1万円から2万円稼ぐことが可能ってこと。1日一個仕事をしていれば一月で3万円は稼げるという計算になります。

 

ちなみに3000文字が多いのかといいますと、慣れれば2時間もあれば書くことができるでしょう。

私はライターになってから一ヶ月で1日2万文字くらいまで書けるようになりました。要は慣れです。

それでも1日3000文字を一件仕上げるのはニートでも楽な作業だと思いますよ!

ニートの生活リズムにWEBライターの仕事を差し込む

前章で紹介したように1日一件の仕事をこなすと仮定した場合、ニートの生活リズムがどう変化するか、僕の昔の生活を例にご紹介して生きます。

僕は朝に強いので朝6時には目が覚めます。朝ごはんを食べて、色々して朝7時に仕事を始めます。

で、だいたい朝の10時には記事を書き終えて納品。それからは自由時間です。寝るなり遊ぶなり好きにしてました。

 

これで1000円から2000円を稼いだことになります。めっちゃ楽だと思いませんか?実際本気でライターを目指すまではこんな感じのゆるい感じでは働いていました。

もちろん一日中記事を書けば1日で10000円以上稼ぐことも全然可能です。

あとはあなたのやる気次第。

とにかくいつ記事を書くかは自由なので気分はすごく楽なんですよ。

ニートがWEBライターになるためには何をすればいいか?

ここまでWEBライターがニートにオススメだよ!というお話をしてきましたが、じゃあ具体的にどうやって働くのかについて説明して生きましょう。

私は基本的にクラウドワークスのみで仕事をしています。まずはクラウドワークスに登録しましょう。

 

登録が終わったら「仕事を探す」でやりたい仕事を調査します。やりたい仕事が見つかったら「応募する」を選択して、挨拶と自己PRを書いて送信。これで応募が完了です。

最初の頃は書類審査といいますか、応募しても採用されないことも多いですが、数打ちゃあたるので、ガンガンお仕事を申し込んで行きましょう。お仕事に採用された場合は報酬の交渉をして、合意が取れたら仕事を開始~納品までをしてしまいます。

依頼主が記事を確認して修正がなければ契約完了ですので報酬が支払われるという流れ。

 

クラウドワークスの仕組みはシンプルでわかりやすいと思います。ニートくらいパソコンに触れていればおそらくなんの苦労もなくここまでこれるでしょう。専業主婦よりよっぽどネットに慣れてますからね(笑)

特技を生かせるWEBライターはぜひニート諸君にオススメです。

まとめ

以上ニートにオススメのWEBライターのお仕事についてのご紹介でした。

ニートはとにかく暇を持て余していますよね。その暇をちょっと仕事に置き換えるだけで数万円を月に稼げるんです。

 

ニートにとって数万円は結構嬉しいはずです。好きなものを親にたのまず自由に買い物ができちゃいますから。それだけで自由を感じられるし、それ以前にお金を稼いだ時点でニートではなくなります。

とにかく暇なニートはWEBライターに挑戦してみましょう。まずはクラウドワークスかランサーズに登録するところから始めてみてください。

 

また、今回のお話に疑問点や要望があれば下記のコメント欄からお気軽にコメントしてくださいね!

それではまた次回の記事をお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です