引きこもりニートが安心して働けるオススメのアルバイト6選

どうも引きこもりライターのTAMIYAです。

引きこもりニートから脱出したいけど、どうしたらいいかわかんない!」と思ってこのページにたどり着いたそこのあなた。

ぜひアルバイトから始めてみてください。家に引きこもってじっとしているよりは働いてお金を稼ぐことで自信も出てくるでしょう。そうすると就職も案外簡単にできたりするものです。

というわけで今回は引きこもりニートにオススメのアルバイトを6つ紹介します!ぜひ参考にしてみてください。

引きこもりニートのバイトの選び方

まずはアルバイトの選び方からお話していきましょう。

引きこもりニートの特徴としては

  • 他人と関わりたくない
  • 辛い肉体労働はしたくない
  • 長期間働くのは嫌

などの意識がありますよね。

ですからこれらの要望をできる限り叶えられるアルバイトを選びました。

引きこもりニートにおすすめ具体的バイト6種類

以下、引きこもりニートにおすすめするアルバイトを6種類ご紹介します!

コンビニの深夜バイト

コンビニのアルバイトはやること・覚えることが非常に多いので大変と思われがちですが、それは働くコンビニの立地条件に左右されます。

特にオフィス街のコンビニの深夜アルバイトはお客さんがほとんど来ず、比較的楽に業務を行えます。

ただし、深夜になるとお客さんが来ない分清掃や陳列といった肉体労働が増えるので、引きこもりニート脱出してすぐは慣れるまで大変かもしれません。

さらに深夜での労働は時給がアップしますから、稼ぎやすくてお得と言えるでしょう。

警備員

警備のバイトも引きこもりニートに向いている仕事と言えます。

働く場所によって立ち仕事が辛く体力的にきつい部分もありますが、基本的には何か事が起こらなければ労働時間に立っておく仕事です。

仕事自体の難度は低いので初めてのアルバイトにもおすすめできます。

この警備の仕事も深夜ですと時給が高くなるので、深夜警備は特にお得です。

清掃員

清掃員も他人との会話の少ない引きこもりニート向けのアルバイトと言えるでしょう。

作業自体もマニュアルを読み込めば難しいこともしないので、初めてのアルバイトでもなんとかなります。

ただし、トイレや水回りの掃除はどうしても潔癖の人は辛いみたいですので、自分が潔癖症と思うなら避けた方がいいバイトです。潔癖でなければ、黙々と清掃を行うので精神的には楽なアルバイト。

スタッフ間のコミュニケーションが多少必要になってきますが、引きこもりニートのリハビリと思えばそれも効果的かもしれません。

平日深夜のカラオケバイト

お客さんが少なく、勤務が楽なバイトとして平日深夜のカラオケバイトもオススメです。

もちろん週末、休日は激務になりますが、平日ならカラオケは働きやすい環境でしょう。
平日の昼間と深夜はカラオケ店にお客さんがあんまり入って来ないのでゆったりと仕事することができます。

ただ、シフトが平日だけになるとは限らないので、土日の激務を覚悟した上で検討してくださいね。

個人経営の喫茶店

個人経営の喫茶店もアルバイトするのも比較的楽ができるアルバイトです。

大手のカフェですとマニュアルがあって、連日大盛況ですが、個人経営の喫茶店は基本的に落ち着いています。
お客さんも常連の方ばかりですので、初対面の他人との会話が苦手な場合でもすぐに慣れることが可能です。

ただ、求人広告を出していない場合があるので、直接お店に問い合わせないといけないことが多いという点ではハードルが高いと言えるでしょう。

それでも一度働き出したら居心地の良い空間で、まったりと働くことができますから今回はオススメとして紹介しました。

単発のイベント設営スタッフ

ミュージシャンのライブなどのイベント設営は、とにかく短期・数日だけのアルバイトです。

肉体的にかなり疲労しますが、数日で確実に仕事を終えられるというのがオススメのポイント。

というのも、引きこもりニートは続けることが苦手ですよね。
適当なとこでバイトを始めて、会わずに辞めてしまうのはお店にも自分にもいいことがありません。

しかし短期バイトなら途中でやめるまでもなく終了するので、達成感を味わいやすいんですよ。

達成感を早く感じたい、少しだけお金が欲しい、そんなニートにオススメのバイトです。

引きこもりニートには在宅ワークがおすすめ

ここまでは外に出るアルバイトについてのお話をしてきましたが、実は現在は家から一歩も出ずに仕事をすることができるんです。

その仕組みこそ「クラウドソーシング」です。

クラウドソーシングを利用することで、自宅で働くいわゆる内職が可能になります。普段パソコンをいじっている引きこもりニートにぴったりの仕事もたくさんあるので、ぜひ検討してみてください。

少なくとも外でアルバイトするよりは精神的に楽ができると思います。

引きこもりニートにオススメのアルバイト6選のまとめ

以上、引きこもりニートにオススメのアルバイト6選とクラウドソーシングについての紹介でした。

外に出ることに抵抗がないなら、6つのアルバイトからあなたの好みのものを選ぶといいでしょう。



もし外に出ることに抵抗がある場合はクラウドソーシングでは働くのも1つの手です。

なんにせよ、引きこもりニートからいつかは脱出しなければなりませんから、とりあえずタウンワークでバイトを探すかクラウドソーシングのサイト(クラウドワークスなど)に登録してみましょう。

何か疑問や要望があれば下記フォームからコメントしてくださいね!

それではまた次回の記事をお楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です